2019年02月17日

石油ファンヒーターが壊れて買換え。忠告された「古い灯油」ってどれくらいのものを指すんだろう

2月中旬。石油ファンヒーターが壊れました。
完全に使えなくなったわけではないのですが、今までは一度も出てくることのなかった換気サインが数十分に一度という高頻度で出てくるようになりました。
さすがに、今年で9年目なので、寿命でしょうかね。

後日書きますが、居間のテレビ(同じく9年目)もおかしな感じなので、時期的に家中の家電が壊れてくる時期なのかもしれません。
お金ないのに…。
だれか、アマゾンギフト券、送ってー。

さて、土日を使って石油ファンヒーターを買いに行きました。
家電量販店では冬物処分セールをやっているのではないかという目論見で、少しは安く買えることを期待していたのですが…。

冬物処分セールをやり終わっていたらしい。

ビックカメラでは売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。こちらのセラミックファンヒーターならあるのですが…」とのこと。

ヨドバシカメラでも売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。」とのこと。
みんな、昨日までは売っていたのか。
まさか、明日行っても、「昨日まで売っていた」と言われるんじゃ無かろうな…。

なお、ヨドバシカメラでは、夏物処分セールで扇風機なども売っていました。

で、結局、帰りがけに寄ったホームセンター ホームズで購入できました。

20190217_stobu.jpg

冬物処分セール価格で1万円を切るこのお値段。まぁ、消費税を加えたら1万円を越えますけどね。

さっそく、買って帰ることにしました。
が、その時、店員さんから、気になることを言われまして。



古い灯油は入れないで下さいね。入れると一発で壊れちゃうことがあるので。

はて、古い灯油って、どれくらいのことを指すのか。
さすがに1年を越える期間放置したような灯油を入れることはないかな。

だいたい、3月に買った灯油を10月に使う事があるか、ないか。くらい。半年前くらいの灯油ってことになるかな。
どれくらい古い灯油のことを「古い灯油」って呼ぶんだろう?
10年モノの灯油とか?

気になって聞いてみたところ、夏になり高い気温に晒されると、灯油は変質してしまうことがあるとのこと。
その変質した灯油を使用すると、石油ファンヒーターは壊れてしまうことがあるとのこと。
というわけで、古い灯油というのは、だいたい「夏を越えた灯油」のことを指すようです。

なので、10月に買った灯油を3月に使う場合は、あまり問題になることはないが、3月に買った灯油を10月に使うのは、避けた方が良いようです。

posted by ayacy at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185572021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック