2019年02月26日

小さい頃、マリオ3でやってみたかったことを、ようやく試せた話。VCありがとう!

平成最初の年だったか昭和最後の年だったか。
スーパーマリオブラザーズ3の、ワールド5-塔の中盤で、いったん屋外に出てくるエリアがあります。

そこは、右側が壊せそうなブロックになっているし、そのまま右に進めそう。
この先には一体、何があるんだろう?

当時小学3年生くらいだった自分のスキルでは、その右側へ行くことはできませんでした。
当時持っていた攻略本には、その右側に何があるのかは書かれていなかったと記憶しています。
(ワールド5までの完全マップ・コース攻略と、ワールド6,7のコースの写真が載っているということだったので、ワールド5-塔のそのあたりが正しく攻略されていないのは、その攻略本の落ち度と言えるかもしれません)

当時の自分の考えでは、「パタパタのはね」(P羽根)の効力を維持したまま、ワールド5-塔の中盤まで辿り着ければ、あの壊せるブロックの向こう側に何があるか、確かめてみることができるのではないか?と。

そんなことを、30年前に考えていました。
まさに、平成最初の年だったか昭和最後の年だったか。
でも当時は、P羽根の効力を維持したまま、ドッスンの下を潜ることができなかったんです。ここまで辿り付くことが出来なかったんです。

で、今年。平成最後の年。ふと思い出しました。そして思いつきました。
バーチャルコンソール駆使すればイケるんんじゃないか?

mario3_5-tower-00.png

やっと試せました!
ちなみに、土管の下側のブロックはコインになっているので、下側を通過することはできません。
必ず土管の上側を通過しなければなりません。

上を通過すると、開けたエリアがあり、その先に、ぽつんと宙に浮かぶブロックが一つ!
叩いてみると、1UPキノコが!

30年越しに、やっと試せました。



ちなみに、このことをTwitterで書いたところ、ずいぶんと懐かしいと感想をたくさんいただきました。

スーパープレイヤーは、P羽根なんて使わなくても、普通に空を飛んで1UPキノコを回収して戻ってくられるそうなのですが、当時もなかなか、それができる人は少なかったとのこと。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185597551
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック