2019年03月11日

GACKTさんはボケに回ることもできるのか

先日、テレビ番組表を見ていたら、気になる番組がありました。

20190310_tonde2.jpeg

テレビ埼玉/映画「翔んで埼玉」公開記念特番 逆お国自慢日本一決定戦(再放送)

2月末に、MOVIXさいたまへ観に行った、魔夜峰央原作の埼玉ディスり映画「翔んで埼玉」を記念しての特番……の再放送。
放送局は当然、テレビ埼玉
CMは埼玉銘菓、十万石まんじゅう

うまい、うますぎる!


たしか、以前に、オードリーのオールナイトニッポンで、春日さんが「ふざけるわけでもなく、マジメにMCをやった」番組のことを触れており、もしやこれのことか?と。ピンと来まして。
とりあえず、観ることにしました。

20190310_tonde1.jpeg

他の番組(スクール革命とか)を見ている限りでは、オードリーの春日さんが何かを行うと、それはボケとなり、必ずその後に他の誰かがツッコミを入れて、笑いが成立するという形式が取られます。

が、この番組では、ツッコミ役がいません。そのため、オードリーの春日さんは比較的マジメに進行を行うという、極めて異例なスタイルの番組になっています。
とはいえ、「翔んで埼玉」事態が壮大な茶番というか、コメディ作品なので、この番組もお笑いを前提としており、マジメに司会といってもそうでもないんですけどね。

で、この番組でボケ担当だったんじゃないかと思うのが、意外にもGACKTさんでした。
事ある毎に同じ言葉が繰り返し飛び出し、主題の「逆お国自慢」のランキングではノミネート外の県の名前を言いだし、最後に埼玉に対する得点発表ではとんでもないことになって。さすがは一流芸能人。

と、この番組中でも、「一流芸能人」と言われていましたけど、いいんですかね、チャンネル違うけど。
まぁ、映画の中でも「格付け」されていたし、いいか。

もはやこれは、局の垣根を越えた、GACKTさん自身のアビリティなのでしょう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185688657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック