2019年04月12日

災害時に備えて…カップ麺は水でも食べられるらしい

警視庁の災害対策課のツイートで、災害時などで、カップ麺を水で食べるテクニックを紹介していたことを、ふと思い出しました。

もちろん、地震が発生したときの井戸水は汚染されている可能性があるので、ペットボトルの水を使うなど、衛生面には十分な注意が必要ですが、水でも15〜20分くらい待てば食べられるんだとか。

要は、麺がふやけるためにかかる時間が、お湯ならば3〜5分程度だが、水でも15〜20分程度待てば食べられる、ということらしい。
ちょっと試してみたい。味の濃いカレーヌードルとかどうだろう?

201904_saigaicup.jpg

水を入れて20分待ち。

201904_saigaicup2.jpg

なんだか、いつもよりも白い気がする。油が溶けずに浮いているのかな?

20分は待ちすぎだったかもしれません。麺がふやけすぎてる。
その点を除けば、普通に、冷めたカレーヌードルとして食べることができました。
味も想定の範囲内。想像していたとおり。

ああ、冷めるまで放置したカレーヌードルなら、これくらい麺がふやけているだろうから、それもまた普通か。

まぁ、当然ながら、熱いお湯を注いだ方がおいしいですね。
災害時のテクニックとして覚えておくことにします。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185823925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック