2019年04月25日

あまりにも評判の悪かった「テラフォーマーズ」実写映画が気になって

実写映画の「テラフォーマーズ」の評判があまりにも低いということが気になりまして、ちょっと観てみたくなりました。

201904_terafo.jpg

過去に「つまらない映画」というと、次の2本を挙げておりました。

  • 観ていてイライラしてきた「ゲド戦記」。原作者も激怒したとか。
  • なぜ版権買ってあんなことになっちゃったのか「ドラゴンボール エボリューション」ホイポイカプセルの映像はすごかったけど。

それと、映画館で映画を観ていて寝てしまった、2011年の「長ぐつをはいたネコ」(吹き替え:竹中直人)ってのもあったけど、まぁ今回はいいや。それから、実写映画の「ひぐらし…」まぁ、それもいいや。あと「ハンコック」…も、いいや。

で、観てみた結果としては、あまりにもつまらないつまらないと言われてしまっていたせいか、まぁまぁ面白かったんじゃないかなとか思えました。特に、花カマキリに変身した小池栄子がかわいらしくてvery good!

まぁ、チョイ役を含め、かなり豪華俳優陣を集めた割に、こんだけ?的なところなかったかと言われれば…まぁ、なかったわけではないですけどね。そんな、言われているほど超つまんねー的な感じではなかったと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185902637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック