2019年06月01日

ゴジラ キング・オブ・モンスターズを観てきました。これ、最高。

6月1日になりました。
2019年になって、もう半年経というのも驚きだし、令和になってからもう1ヶ月経っているというのも驚きだし、ゴールデンウィークがすでに1ヶ月前になっているというのも驚きです。

それは置いておいて。

ハリウッド版の新しいゴジラ「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきました。
2019harigojira.jpg

正直なところ、ハリウッド版ゴジラについては、1998年のやつがちょっとアレだったのと(恋愛+パニック物の米映画としては良かったけど)、2014年版をテレビで観ていたということもあって、今回のを映画館で観ようか、テレビで放送されるのを待とうか、迷いました。

とはいえ、前評判を聞くと、
20分くらいを除き、ほとんどが怪獣同士の戦いに費やされる」という胸熱展開だそうで、そんな映画をテレビやらレンタルDVDで観るのは楽しさが半減するのは目に見えているので、劇場に観に行かないと意味がないのではないか?という思いもありまして。

で、結局、昨日観てきました。

最高

ハリウッドも、日本人の喜ばせ方を、わかってきたなぁ。

ところで、この映画は、2014年のリブート版「ゴジラ」の続編であり、かつ、様々な怪獣映画を同一世界で結ぶ怪獣ユニバース映画群(モンスターバース)の一員ということになるそうです。先日テレビ放送された「キングコング: 髑髏島の巨神」と同一の世界の作品ということになるそうで。

MCUやDCの怪獣版と言った感じですかね。
ただ、キングコングはアメリカの作品だし、ゴジラは元々は日本の作品であることを思えば、このクロスオーバー作品群は国を跨いでいるわけで、ちょっとアツくなります。

ただ、そうなると、ゴジラの強さって、その他の怪獣と比較して格段に強いから、例えばキングコングと共演するとして、この強さの差はどうするんだろ?って気はする。

まぁ、MCUの中のキャプテンマーベルとか、DCの中のスーパーマンとか、ヒーローの中でも明らかな格差のある存在があっても物語として成立しているから、まぁ、なんとかなるのかな、と。

ところでこのゴジラの見所は当然怪獣同士の戦いで、人間ドラマなんて些細な話で、でもなんでこんなところに人間が配置されて、わざわざ助けに行かなければならないんだろうと思えば、そこは怪獣同士の戦いを観客に見せるための絶好のスポットだからという理由を考えれば全部説明がつく。人間は添え物。

でも、渡辺謙の役どころは、今回はよいですね。前回は、なんだかポエムをしゃべっているだけみたいな印象しか残らなかったのに対して、今回は、キーとなるシーンで大活躍だったし。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186078044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック