2019年07月05日

最近のWindowsって、ユーザーの意図とは関係なく、とんでもないことをしたりするようになった

新PCを購入し、ちまちまと環境構築中なのですが、旧PCから新PCへファイルコピーしていて、時間がかかりそうなので就寝してしまったら、開いていたはずのエクスプローラがいなくなって、タスクトレイのアイコンがいくつか復活していることに気が付きました。

ファイルのコピー中に、勝手にWindows Updateがかかって再起動したのかもしれません。
どこまでコピーが終わってるんだろ?

ふと見ると、入れていないはずのSkypeが勝手にログインしようとしているし、キャンディークラッシュが勝手に入ってきているし…。

最近のWindowsはどうして余計なことを勝手にするのか。
昔みたいな、バグだらけだけど静かな環境を提供していたWindowsは、どこへ行ってしまったのでしょう?

Windowsの凋落は、こういうところから始まっている気がします。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186219558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック