2019年08月30日

Google検索でヒットしない物は、この世には存在しない物とみなす時代の、制作物の生き残り方

INASOFTでWeb上のヘルプを公開している理由は「Google検索でヒットしない物は、この世には存在しない物とみなす」という人への対応ということは、以前に書いたかと思います。

あるいは、みなしているだけでなく、本当にそうだと信じている人もいるかもしれません。
類似例で、「Twitter上で折鶴を作りますと言っている人を見たことが無いので、折鶴を折る人は想像の存在」と言い切っている人がいましたので。(実際には、折鶴を折るような老人や小学生は、Twitterをやっていない)

ちなみに、10年前のサイトは、Google検索でもヒットしなくなると聞いたことがありますので、10年以上前のサイトも、「この世に存在しない物とみなす」とされてしまうのかもしれないと思うと、ちょっと怖いですね。

まぁ、それくらい前の話になると、ジオシティーズの閉鎖やはてなダイアリーのサービス終了など、様々な古参サービスの終了により、記事そのものがこの世に存在しなくなっているという可能性もありそうです。

かつての「管理人のひとこと」みたいに、半年より前の記事を積極的に消しているケースもありましたし。

前に書いた、各サービスがクローズし、自サイトもクローズした後に、「この世に自分や自分の作成物がが存在していたことの証」みたいな形で残るのは何か?みたいな話もありますが、こっちの場合は、「生きている記事」「生きているソフト」としていつまで有効に存在できるか?という次元の話ということになりますね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186427948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック