2019年10月11日

常にプレイしたものを「シリーズ最高傑作」だと思うかもしれないゼルダの伝説

先日、ゼルダの伝説 夢をみる島のNintendo Switchリメイク版をクリアしたわけですが、

201909_zeldalinksawaking3.jpg

ゼルダの伝説のシリーズって、プレイし終わると「今回の作品はシリーズ最高傑作だったな」と思ってしまうことが多いような気がしています。
(全部とは言わないですが)

記憶に残っている中では、

  • 神々のトライフォース(SFC)
  • 夢をみる島DX(GBC…と言いたいところですが、3DSのVC版)
  • ムジュラの仮面(N64版はプレイしていないので3DS版)
  • 風のタクト(GC…版をWiiでプレイ)
  • 夢幻の砂時計(DS)
  • トワイライトプリンセス(Wii)
  • スカイウォードソード(Wii)
  • ブレス・オブ・ザ・ワイルド(Switch)

は、「これはシリーズ最高傑作なのでは?」と思ったりします。
とはいえ、ブレス・オブ・ザ・ワイルドをプレイした後に、夢をみる島をプレイしても、「やっぱり夢をみる島はシリーズ最高傑作なのでは」とか思っちゃうので、自分の頭の中でシリーズ最高傑作がコロコロ入れ替わったりしています。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186657321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック