2019年11月17日

アラジンのジャファーはソーサラーだそうですが、ジーニーは何だろう?

アラジンの終盤で、ランプの魔人「ジーニー」に命じて、ジャファーが魔法使いに変身するシーンがありました。

こんなセリフです。


ジーニー!私をこの世で最も力のある魔法使いにしろ!


魔法使いって、英語でなんと呼ぶのかな?と思って聞いてみたら、こんな感じのセリフでした。


Genie! I wish to become the most powerful sorcerer there is!


ということで、ソーサラー(sorcerer) らしい。
マインクラフトでは「ウィッチ(witch)」という敵モブがいたので、ウィッチなのかな?とか思っていたのですが、ソーサラーでした。

ちなみにアニメ版では、こんな感じのセリフ。


ジーニーよ!2つ目の願いだ。わしを世界で一番力のある魔法使いにせよ!
I wish to be the most powerful sorcerer in the world.


アニメでもソーサラー(sorcerer)でした。
となると、魔法使いではなく、その上の魔人って、なんて呼んでいるんだろう?
たしか、ジャファーの3つ目の願いで、魔人になるとか言っていた気がするから、聞いてみよう。

実写版:

ジーニー!最後の願いだ。私をこの宇宙で最も強い存在にしろ!貴様よりも強く!
Genie! For my final wish, I wish to become the most powerful being in the universe. More powerful than you!


アニメ版:

第三の願いだ。俺様を変えるのだ。最強のジーニーに!
Slave, I make my third wish. I wish to be an all-powerfull genie.


ダメだ、全然言ってない。「魔人」なんてひとことも言ってなかった。
「魔人」のセリフが登場するのは、物語の序盤。アラジンとジャファーが初めて出会うシーンです。

実写版:

ハズレ!残念でした巨人じゃない。ランプの魔人なんだ。巨人は実在しないんだよ。
No! I am not a giant, I am a genie. There is a difference. Giants are not real.


アニメ版:

ランプの、ジーニーさんでーす!
Genie of the Lamp.


あれ? ジーニー(Genie)としか言ってない。
しかも、実写版のジーニーはは英語では小文字で始まってるし。一般名詞だったのか。

僕はてっきり、ジーニー(Genie)が、アラジンに出てくる魔人という個人を表す固有名詞だと思っていたんですが、どうやら、genieという一般名詞だったみたいですね。

ってことは、genieに個人名、というか、本名みたいなものはあるのかな?


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186787070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック