2019年11月22日

モーニングファーストショーで「アナ雪2」を観てきました。ああ、トイ・ストーリー4感が。

モーニングファーストショーで、ちょっとリーズナブルに「アナと雪の女王2」(原題:Fronzen 2)を観てきました。

201911_frozen2.jpg

1作目が素晴らしい作品だと、2作目が出てたときにそれ以上の期待をしてしまい、期待外れになる現象って、ありますね。
仕方のないことだし、作り手としても難しいと思うので、まぁ、そういうのがあるから、ちょっと差し引いて見ることにしました。

まぁ、今回は、「1作目でみんながエルサの真似をしてビデオ投稿が増加した」みたいなことは起きなさそうかな。
「その後」を描く作品としては、良かったんじゃないかなと思います。

アナとクリストフがすれ違うシーンが多いのは、なんだかちょっとイライラし始めていましたが、子供向けにはああいうシーンが多くあった方がウケるのかもしれないですね。今日が公開日なので、まだ世間の反応待ちということで、ネット上での反応をゆっくり観てみたいと思います。

ネット上での反応として気になるのが、もしかすると、トイ・ストーリー4と同じ感覚を覚える人がいるんじゃないかな?ということ。ある人にとってはフロンティアな感覚かもしれないし、別の人にとっては激しい喪失感かもしれない。
今後、本作のスピンオフ的ミニ作品を作るとしたら、どういう話にするんだろう?とか。


(以下、少しネタバレ)




元々、エルサはアクティブな少女だったのかもしれません。
それが、与えられた立場(女王)とパワー(魔法)から、行動の抑圧を余儀なくされていて、鬱屈した性格になってしまっていたのかも。冒頭では頭痛が多そうな顔をしていたように見えます。
ある意味、物語の最後に与えられたような、恒久的に解放された状態・立場というのを、本心では望んでいたのかもしれません。

1作目では、物語の途中では解放された状態になったものの、最後には女王の立場に収まったことで、再び抑圧された感があります。
なので、僕としては、2作目のこの物語の最期は、受け入れやすいものでありました。

で、アナが今後どうやってあの立場をやるんだろう?というのは、気になるところなので、今後のスピンオフ的ミニ作品の登場を待ちたいと思います。




ところで、新津ちせさんが出ていたみたいですね。
声優までできちゃうんですね。多才すぎですね。

あと、オラフの声の新しい人、やっぱすげぇな。
(前の人と比べて)違和感がない上に、演技の幅が広い。

まぁ、前の人も演技の幅はすごいんだけどね。

posted by ayacy at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186832483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック