2019年12月05日

原作ファンでもない人間が軽々しく観てはいけない映画「パタリロ!」

翔んで埼玉」が一部地域で大ヒットし、その流れで、加藤諒主演で「パタリロ!」が作られた感じでした。
原作者の魔夜峰央さんとしては、どっちかっていうとパタリロ!の方がメインだったはず。
(実際には、一部出演者の逮捕で上映が延期になっていました)

きっと、うちの最寄りの映画館では、「翔んで埼玉」の上映が終了したら、「パタリロ!」を上映するんだろうなと思っていたら、なぜかそのまま「翔んで埼玉」を上映し続け、県民の日に応援上映までやりだす勢いで、結局上映されないまま、DVDがレンタル開始になりました。

201911_patariro.jpg

とりあえず興味本位で借りてしまったが、原作を知らない…。
観てみますか…。

原作ファンでもない人間が軽々しく観てはいけない映画でした。

ヤバかった…。
ハマる人は、ハマるんでしょうね。

ちなみに、一部シーンではなぜか埼玉県春日部市が舞台になり、サイタマラリアが登場していました。
他の映画だったら、最高にシュールなシーンになったのでしょうけど、この映画はシュールなシーンが多すぎて、なんだか普通のシーンに見えました。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186874674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック