2020年01月21日

面白いとは聞いていたけど観るチャンスを逃した山崎貴監督「アルキメデスの大戦」は…?

202001_arukime.jpg

「アルキメデスの大戦」の実写映画版。
山崎貴監督が、「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」のあれやこれやあって、結局映画館で観ることはなかった作品。

後々、面白いとは聞いたものの、その時にはすでに上映は終了していたので、レンタル開始を待っていました。
というわけで、先日借りてきて観ることにしました。

うん、面白い。
様々な緩急の使い分けが交錯してる。

海軍という規律の厳しい場所と、飄々とした主人公・櫂の姿。
数学科人間の数学的思考と、上下関係や雰囲気を重視する他の人間の思考。
絶望的な状況と、それを突破する天才的な思考・行動力。
数式で突破する清々しさと、それすら丸め込もうとする会話劇。
美しいもの。

特に、絶望的な状況と、それを突破する流れが随所に現れて、観客はいちいち緩急に巻き込まれることで、物語にのめりこんでいく。

こりゃすげぇ作品でした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187053224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック