2020年02月16日

「ゼロは英語で何でいうの?」と聞かれて。国産のH2Bロケットの打ち上げカウントダウンは。

昨日はRaspberry Pi Zeroの話を書いたので思い出したのですが、先日、長女(小1)から「ゼロは英語で何でいうの?」と聞かれました。

ゼロは元々英語ですね…。
むしろ、日本語では「零(れい)」と呼ぶわけで。

もうちょっと算数の学習が進んで、小数点を習うころになれば、0.1 (れいてんいち)、0.2(れいてんに)とか自然と呼ぶと思うので、覚えると思いますが、小学一年生では仕方がないか。日常で「零(れい)」と呼ぶことは、これまでなかったかな。

カウントダウンするときも「さん、に、いち、ゼロ!」とか言ったりしますからね。

そういえば、国産ロケットであるH2Bロケット打ち上げのYouTube動画を見ていたら、国産ロケットの打ち上げらしく、カウントダウンの読み上げが「ご、よん、さん、に、いち」と日本語になっていたのですが、0は「ゼロ」と読んでいました。

ダメじゃん…^^;
ダメじゃないけど。

https://www.youtube.com/watch?v=0zgaWSGTdJk




【追記 9:00】
報道機関におけるれい・ゼロの読みわけは、NHKの質問のページを見るとよいと投稿をいただきましたので追記。
「ない」ことを強調したい場合、固有の読み方が決まっている場合は「ゼロ」を用いるそうですね。

市外局番としての東京03は「トーキョー・レイ・サン」と書かれていることで思い出しましたが、固有名詞としての、お笑いトリオの「東京03」は、「トウキョウゼロサン」と読むのが正しいということになるのでしょうね。

もし、芸能人不祥事等があって、NHKのニュース番組でキャスターがお笑いトリオ「東京03」の名前を読むとしたらどうなるのか、というのは、注目しておきたいですね。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187134347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック