2020年02月21日

今見られる夜空と、数百億年後に見られる夜空と、数十億年前に見られた夜空


1000億年後くらいには、近傍の銀河くらいしか見えなくなるのだそうで。
(局部銀河群=ローカルグループの範囲の外は、宇宙の膨張速度が光の速さを超えるために観ることが不可能になる)
1兆年後には銀河間の距離が離れすぎて、他に銀河があるか分からなくなる。

それから、月が離れすぎて、月が太陽を完全に覆う日食が見られなくなる、という話もありました。

ということは、今のような星空が観察できるのは、今だけ(少なくとも数百億年以内)。
金環日食のような絶妙な日食が見られるのも今だけ。(昔は月が完全に太陽を覆ってばかりだったし、未来では月が太陽を覆えなくなる)

ところで過去に目を向けてみると、この宇宙の膨張速度が減速から加速に転じたのは数十億年前という話もあって、もしかしたら数十億年前に見えていた宇宙の風景って、もっと全然違ったものだったのかもしれません。

もちろん、1.2億年程度後には、太陽系は天の川銀河の反対側に回ってしまうわけだし、数十億年後にはアンドロメダ銀河と天の川銀河は衝突して星の配置がメチャクチャになるから、夜空の星の配置が、今とは全然違ってしまうし、いるんでしょうけど、そういう微々たる変化ではなく、もっと大きい変化で。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187164856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック