2020年03月15日

最近の山手線って、走り去るときに絵を見せてくれるみたい

おそらく、電車に詳しい人にとっては当たり前のことなのかもしれないのですが、最近の山手線は、走り去るときに絵を見せてくれる仕様になっているんですね。
需要という意味では、ちょっとよく分かりませんが……、例えば、あれですかね。

電車に乗り遅れたとき。あと1秒だったのに!というときに、ドアが閉まって乗れなかったとき。
クソっ!と駅員にアタりたくなるような感情になった時。
ふと、走り去る電車の後ろに、和やかな絵が表示されていると、心が和んで駅員さんが殴られることがなくなる、とかですかね。

ちなみに最近見たときは、黄色い花が映っていました。

202003_tanpopo.jpg

何だろう。この季節なのにひまわりかな?と思ったら、どうやらタンポポでした。
よく見ると、白い綿毛も映っていますしね。

ちょっと前は、梅か桜みたいな感じでした。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187248031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック