2020年03月23日

「名指しデマ」という現象。こういう時代を生き抜いていかないといけない

昨今の新型コロナウイルス騒動を見ていていると、名指しをしてデマ被害を受ける、みたいなことを聞くようになりました。
あえて「これが」ということは書きませんけど。助長につながるので。

ふと思い出したのですが、2011年、唐突に「名指しデマ」を受けたことがありました。

たしか、Twitter上でいきなり、自分のアカウント名を指定されて「あいつは東京電力の手先だ」みたいな感じのことを言われたんだったと思います。

当時はまだ、東京電力はまだまだ頑張っているという風潮があったころだと思います。
(その後、いろいろ対応のゴタゴタがあって、散々な言われようになっていましたけど)

自分も、2012年の例の事件が発生する前だから、盛んにフリーソフトを公開していた時期でした。
何でいきなり「名指しデマ」のターゲットにされてしまったのか、不明です。

で、おそらく昨今の新型コロナウイルス騒動の「名指しデマ」のターゲットにされる方ってのも、そんな感じの場合が多いじゃないかと思います。

「火のない所に煙は立たぬ」みたいなことを言う方もいますが、その日は付け火かもしれませんからね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187268500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック