2020年04月22日

YouTubeに過去映像や過去映画を公式がアップロードするのがブームになってて、なんかすごい日々

今年公開予定だった映画の延期に対するフォローとか、人々が自宅に留まることへの支援ということで、YouTubeに過去のテレビ作品とか過去の映画作品をアップロードするのがブームになっているみたいで、なんだかすごい日々が来たなぁ、と。


大学に入ってすぐのころ(1999年)、「なぜ君はエヴァンゲリオンを観ていないんだ!」と友人に怒られ、大量のVHSビデオテープを渡されたのが、良い思い出です。あれももう20年以上前なのか…。でもこうして、新劇場版が出て、さらに新作を待っているという時代が続くとは思いもしなかった。

反面、ネットワークの帯域が心配。
自宅に固定回線を引いていない人は、いわゆる「ギガ不足」が深刻なことになり、逆にレンタルDVD屋が繁盛してきたという話も聞こえてきているし。

お笑い芸人の作品の無料公開なんかも結構あって、個人的にはサンドウィッチマンの作品が好き。
作業しながら聞くだけにしたいという場合なんかは、神田伯山ティービィーであるとか、巨大掲示板やWikipediaに書かれている内容をひたすら朗読しているチャンネルもおススメかも。

少し前は、巨大掲示板やWikipediaに書かれている内容を文字にしてスクロールするだけという、変なチャンネルもあって嫌いでしたけど、朗読で流されるというのは、ちょっとした革命だと思います。寝ながらでも聞ける。そのまま寝れる。

音を聞きたいというだけなら、ネットラジオの「温泉」とか、ポッドキャストもいいですね。音だけなら、いわゆる「ギガ不足」も防げそうな気がするし。
ポッドキャストの中だと、「そんない理科の時間」とかが好きかなぁ。まだ続いていれば、宇宙と素粒子の夜を勧めたんですが…。

ひたすら音を垂れ流していたいという場合は、昔からラジオを聞くという手がありますが、ネット環境があるならRadikoが一番のおすすめですかね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187404312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック