2020年05月23日

ver.1.21は、いってんにじゅういち と読むのが正しいらしいな

最近、ソフトウェア制作をしていて、ふと思ったこと。

ver.1.21は、「いってんにじゅういち」と読むのが正しいらしいな。

MS-DOS ver.3.3のころ、「ver.3.3」と「ver.3.30」は同じことを意味しており、いわゆる普通の小数点の表記と同じだったような気がする。

これであれば、さんてんさんれい と読むのが正しいんだと思うんだけど、最近では、さらにその下のマイナーナンバーを示したければ3.3.0と書くようなのが一般的らしいから、1.21はいってんにじゅういちであって、最後の1が1.2のさらにマイナーな(小数点第二位相当の)バージョンアップということを意味したいなら、1.2.1と書くのが一般的っぽい。

所説あるはず。

posted by ayacy at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187520867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック