2020年06月03日

ついにJoy-Con(左)のレバーが逝きかけてるみたい&ついにキレた話

Nintendo Switch購入から3年2ヶ月。‬
‪ついに、YouTubeとかでもよく聞かれる、レバー入りっぱなし問題が生じ始めました。‬

Joy-Con(‪左)のレバー。
稀に、上に入りっぱなしになります。
202006_switchjoyconleft.jpg

ややこしいことに、「常に上に入りっぱなし」になるというわけではなく、「稀に」入りっぱなしになり、レバーを下に入れたタイミングで「治ることがある」、といったところ。

もしこれが、「常に上に入りっぱなし」ならば、本体設定画面から、Joy-Conのレバーの調整をすれば治ることが期待できるんですが、そういうわけでもなく。
(いちおう調整は行いましたが、効果はありませんでした)

‪幸い、4月、Proコンを買ったので、ゲームプレイへの致命的な影響はないんですが、やはりJoy-Conだけ追加購入するのが容易いかなぁ。‬

以前、3DSの電源がおかしくなった時に、任天堂に送って修理をしてもらったことはあって、適切に修理してもらえることは知っているんですが、長女が「マルチプレイができなくなる期間が生じるのは困る」というようなことを言っておりまして。

かといって、よくYouTube動画に上がっているような、自力で特殊工具を購入して自力修理するというのをやるには、ちょっと気力が足りない。
(現在気力が足りなくなっている理由は、そのうち、ブログか「管理人のふたこと」の方に書けるかとは思いますが…)

というわけで、7000円くらい払って追加購入してしまおうかなぁ、と。

そんなことを考えて、一週間くらい経過していました。

で、昨日、「あつまれ どうぶつの森」で遊んでいて、岩叩き(石・鉄鉱石・粘土 または ベルを得るための儀式)をやっていました。
この儀式では、スーパーマリオブラザーズの10コインブロックのように連続叩きが必要であることや、一回叩く毎に微妙なノックバックが発生することから、ノックバックを発生させない工夫と、叩き始める位置と角度の微妙な調整が必要になります。

で、このときは、Proコンは使わずに、携帯モードでプレイしていました。
つまり、壊れたJoy-Con(L)でプレイしていました。

角度を斜めにセットしたはずが、岩叩きの途中でレバーが勝手に下に入り、岩叩きが途中で失敗しました。

ブチ切れました。

新しいJoy-con(L)(R)を買ってきました。
202006_joycon_new.jpg

任天堂の公式通販サイトでは売り切れでしたし、大手家電量販店の通販でも売り切れでしたし、Amazonでは中古で定価の2倍の価格で売られている状態でしたけど、真夜中にお店(某レンタルビデオショップ)に行ったら普通に定価で売ってるのね。色は選べなかったけど。

ひとまずこれで、おすそ分けプレイ用と考えると、Switchのコントローラが5つ手に入ったことになりました。
家族4人でマリオカートができることになりました。何気にすごいぞ、これ。

で、壊れた赤いJoy-Con(L)については、後でゆっくり、任天堂に修理に出すことにしようかな。いつでもいいから、コロナ禍が終わってからでいいか。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187546448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック