2020年06月20日

あつまれ どうぶつの森で無人島で永久暮らしを決意した主人公には、何が起きていたんだろう

あつまれ どうぶつの森」で最近、五つ星★★★★★)評価をもらいました。
202006_island_rating_5.jpeg
202006_island_rating_5a.jpeg

無人島から始まって、インフラが整い、島民と意思疎通を図り、島民が増え、島民が誕生日となれば贈り物を届け…とかやっていたわけですね。

ちなみに自分の、あつ森内での肩書は「ローンの会社員」です。
202006_atsumori_pass1.jpg

202005_AnimalCrossing_NewHorizons_IMG_9379.jpg
202006_atsumori_gyoe.jpg

ナマズだって釣り上げるし、生きた化石とも呼ばれる古代魚も釣り上げたりしてます。

このローンの会社員は、どんな気分で、無人島への永久移住を決めたんだろう?
とか思っちゃったりもします。

たぶん、無人島へ行きたいくらいだから、日々の会社員生活やら、人付き合いやらに疲れていたんでしょう。
移住の時に金を持っていなかった(なのでいきなりマイルで借金を背負わされる)ことからすると、突然思い立って、無計画にこの島に来てしまったのかもしれません。
世捨て人みたいな様子を想像します。

それでも、このどうぶつの森シリーズでは、「母」からは定期的に手紙が来るので、家族へは行き先を告げていたのかもしれませんが。
こちらから「母」へ手紙を送る描写はないので、行き先を知った母から一方的に送り付けられているだけでしょうか。
たぶん、「母」は、たぬき探偵事務所(?)かなんかで、突然いなくなった主人公の行き先を調べてもらったんでしょうかね。

でも、このローンの会社員は、皮肉なことに、島での暮らしを不便に感じ、インフラを整え、島民と意思疎通を図り、島民が増え、島民が誕生日となれば贈り物を届け…とかやっていたわけですね。


たぶんこの後、この主人公は、この島から、他の無人島へ移住するんじゃないかと思います。



ここまで書いて、ふと思い出したのですが、「アンダーテール」(Undertale)の主人公が、どうして地下世界に来るに至ったかを考察する話がありました。

最初このゲームをプレイした時は、子どもが誤って山に入り、誤って足を滑らせ地下世界へ迷い込んでしまったということを想像していたのですが、ストーリーの進め方によっては、どうも、わざと来たんじゃないか?とか、世をはかなんで飛び降りたんじゃないかとか、あるいは、かなり悪意を持ってやってきた悪魔のような存在なんじゃないかという感じにもなります。

主人公が「ゲームをプレイしているあなた自身」(※)という設定だったり、あえて「ゲーム開始前」のストーリーを多く語らない作品があったりすると、ちょっとそこら辺を想像するのが楽しかったりもしますね。

(※)ドラゴンクエストシリーズは、主人公は「あなた自身」という設定になっていたりしますが、それでも比較的語られている方だと思いますので、この場合は該当しないかなと思います。むしろファイナルファンタジー3の主人公たちの方が近いか。

主人公が落ちてきた場所には、トリエルがわざわざこの場所に花を植えて、クッションの役割を果たせるようにしてありました。
202006_undertale_start.jpg

様々な考察記事を読まずともわかる話ですが、この場所に落ちてきた人間は1人ではありません。
まず、アズリエルの友達が落ちてきていますし、その後、6人の子供たちが落ちてきています。
道中には、6人の子供たちが使っていたであろう武器・防具が落ちていたりもします。

そのうち何人かくらいは、わざとこの場所を目指した子がいたかもしれません。
彼ら・彼女らにとって、人間社会で生きることそのものが、そんなにハッピーなことではなかったのかもしれません。
アズリエルの友達に至っては…まぁこれ以上書くのはやめておこう。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック