2020年07月09日

どうしてもエンジニアの視点で見てしまう。「様と名前が逆転したメール」

iPhoneを使っていたり、インターネット上のサービスを利用していたり、ゲームをプレイしていたりしているときも、何か事象が発生すると、どうしても「エンジニア視点」で観てしまうことがあります。

例えば、先日発生したコレ。

202007_samaname_.jpg

上の方にある「宛先:」欄の後ろが「様矢吹拓也」になっていました。
何でこんなことが起きるのだろうか?

このサービスを作った会社のテスターがサボっていたかどうかとかではなく、どうしてこんな現象が生じてしまうのだろうか?というような視点。

以前、マイクロソフトのサイトのアンケートかなんかのページで、「職業」選択欄が「博士」「」「」「」になっていたという事件がありました。これはどうやら、「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」を翻訳(誤訳)したものらしい、とのこと。

となるとこれも、似たような現象かもしれません。つまり、「Mr.矢吹拓也」が「矢吹拓也」になったような感じ。

例えば、次のようなことが考えられます。

  • 海外のパッケージ製品を使っている。
  • そのパッケージ製品では、メールのエンペローブに「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」をつけることができるようになっているが、それを「」と翻訳した。
  • メール本文の方はカスタマイズして「様」を後ろに付けることができたが、エンペローブ部分については、何らかの理由でそのままになっている(なってしまった)。

さらに、これをテスターが見つけられたか否かについても、次のようなことが考えられます。

  • テスターはこの誤りを見つけていたが、この海外パッケージの制限により、「Dr.」「Mr.」「Mrs.」「Miss」の位置を変えることができない or 変えるには多額の投資が必要となってしまい、仕様として放置した。

ありえそう。
全部想像ですが。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187669863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック