2020年08月21日

Raspberry PiをNASにするために使っていたトースター状のHDDアダプタが壊れかけてて

Raspberry Piのうちの1台を、メディア系(写真を除く)バックアップ用ファイルサーバとして運用するために、HDD 2台をトースターのように差し込んでUSB接続する機器を利用していました。

ところが、ON/OFFスイッチ(左右にスライドするタイプ)の部分について、上下に力を"イイ感じ"に加えないとONにならなかったり、途中で突然OFFになったりするとかいう、HDDを運用する上では致命的になりかねない問題が発生しがちになってしまい、買い替えを決意しました。

202008_hddcase1.jpg

2.5インチまたは3.5インチのハードディスクドライブを、トースターのように2台縦に差し込むことができ、PCとUSB接続が可能となる装置です。
僕は「トースター」と呼んでいますが、「ドッキングステーション」と呼んであげるのが正しいみたいですね。
お値段は3000円少々でした。
ここに、3TBのHDDを2台差し込み、手動RAID1(コピーはrsyncコマンドを手動実行)で運用します。
主に、スマホで撮影した写真の第3・第4バックアップとして使います。

ハードディスクドライブを差し込むと、こんな感じでトースター状になります。
202008_hddcase2.jpg

ハードディスク同士をまるっとコピーする機能もあったりするみたいですが、基本的には使わないです。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187802724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック