2020年09月12日

ああ、夏の大三角って、こんなにハッキリ見えるんだ

先々週のお休みの日、長女が「夕方に出る星空を観たい」と突然言い出したので、庭から見える南側の空を観ることになりました。

この日は、たしか、月齢10日くらいの月がそこそこ大きめに見えていて、その近くに、我々にとっての「一番星」が見えていました。
たぶん、「木星」だと思います。その後、少し離れた位置に「二番星」。おそらくこっちは「土星」ですね。
たしか、少し前に、太陽系の惑星が分かりやすい範囲に並ぶということで話題になっていたのを思い出しました。もし、望遠鏡レベルで目が良ければ、その近くには冥王星も見えたんじゃないかと思います。

それから少し日が沈み、そこそこ暗くなってきたところで、かなり高い位置に明るめの星が3つ、見え始めました。
どうやら、「デネブ」「アルタイル」「ベガ」のようですね。もっと暗く、さらに公害がなければ、天の川が見えたのかもしれません。

長女向けには「織姫」とか「彦星」と説明した方が分かりやすいかと思ったので、その名前も教えました。

そういえば「デネブ」と聞くと、仮面ライダー電王を即座に連想するし、「ベガ」と聞くとストリートファイター2を即座に連想してしまうので、あんまり良くないな。
さらに「デネブ」「アルタイル」「ベガ」が3つ出てくると「♪あれはデネブアルタイルベーガー」と、化物語な歌を即座に連想してしまうので、こちらも良くないなぁ。

もう少し寒い時期になれば、もっとわかりやすい四角形と、その中に3つ星が並んだ「オリオン座」が見えてくる時期になり、目視で天体観測をしていて面白くなってくるかと思います。寒くなるけど、その時にまた長女が星空に興味を持ってくれたらうれしい。

ちなみに最近知ったのですが、三ツ星の少し下にモヤッとしている雲みたいなものは、雲ではなく、地球から約1500光年の距離にある「オリオン大星雲」と呼ばれる天体だったわけですね。大きさは、直径30光年もあるとのこと。これも自慢げに教えてみようかと思います。

とりあえず、それまでの間は、ベテルギウスには爆発しないでおいてもらえたらうれしい。


そういえば、「オリオン大星雲は三ツ星の少し下」とか「オリオン座の右肩(左上)がベテルギウス」って表現は、けっこう自然に使ってしまうのですが、「東京(日本)付近に住んでいて/北半球に住んでいて、南側の空を見上げた時」みたいな前提を置かないと、違う伝わり方になりそうですね。

もっと南に行けば、オリオン座はどんどん頭上に位置するようになり、どっちが上でどっちが下だかわからなくなりそうですし。
南半球の方にどんどん進んでいけば、オリオン座の上下は逆転し、ついにはオリオン座は上らなくなってくるわけで。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187875210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック