2020年10月08日

細かい更新。マウスふるふるPowerShell版の解説追加と改行コード変換Liteの規約変更について

サイト上の細かい更新についてのご報告となります。

■マウスふるふるPowerShell版の解説の追加

マウスふるふるのPowerShell版をサイト上からコピペして利用する場合の保存方法について、文字コードの指定に関する注意を、メモ帳で保存する場合の例として追加しました。

また、PowerShellスクリプトの実行開始時に、実行ポリシーの変更に関する警告が表示される場合の対応として追加しました。


■改行コード変換Liteの規約変更(サブプログラム群の他ソフトでの活用)

9月下旬に、利用者からお問合せを受けて、サブプログラム群

  • inscrlf.exe …… 改行コード挿入機能。
  • lclite.exe …… 改行コード統一(変更)の機能。
  • delctrlc.exe …… 無効なコントロールコードの除去機能。
  • settmst.exe …… タイムスタンプを指定のファイルと合わせる機能。

を他の作者が公開するソフトウェアに同梱して利用することも可能としたことをお知らせしましたが、これについて質問のコーナーに追記しました。

改行コード変換LiteのWeb版ヘルプWeb公開のドキュメント(テキスト形式)についても、同様の記載を追加しています。
本体同梱のヘルプやドキュメント(テキスト形式)に対する追加は、次のバージョンアップが行われるときとなります。

いちおう、商用/非商用に関わらず可能としました。
ただし、禁止事項は、ドキュメントやヘルプ中に書かれた禁止事項に準じます。
例えば、犯罪を目的とするソフトウェアに組み込んで利用することは禁止します。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188001913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック