2020年10月20日

いくつかの分野の有名どころの本をまとめて買ってきた。とりあえず養老孟子×伊集院光からか。

「らくがきちょう」を買いたいと思ったものの、なかなか見つからず、あちこちの店を回っていました。
最終的には、アカチャンホンポで見つけたのですが、アカチャンホンポにたどり着くまでの間に本屋にも立ち寄りまして、「そういえば最近、あまり本(物理)を買っていないな」と思って、いくつかの分野の有名どころの本をまとめて買ってみることにしました。

202010_yumedokoro.jpg

ザッと。

■「サピエンス全史」の、とりあえず上巻。面白かったら下巻も買う。
例えば「猫」といったとき、猫に分類される動物は多数種類存在するが、「人類」というとホモ・サピエンスしかいない。実は、人類に分類される他のホモ・なんとか達は、みな、ホモ・サピエンスに滅ぼされてしまったらしい。

■「ゴミ清掃員の日常」(ミライ編)は、芸人であるマシンガンズ滝沢さんが、アルバイトのゴミ清掃員をしていた得た気付きをマンガにしたもの。作画は奧さん。

■「世間とズレちゃうのはしょうがない」は、養老孟子さんと伊集院光さんの対談を2年かけて書籍化したもの。
ラジオで宣伝されていたのを聞いて興味を持ちました。

■「怖い間取り」(1巻)は、最近、亀梨和也さんが主演で映画化されたことでも有名になりました。事故物件芸人の松原タニシさんの本。

■「ナオキマン ヤバイ日本の秘密」は、ユーチューバーのナオキマンさんが「ヤバイ世界の秘密」の次に出した書籍。「ヤバイ世界のヒミツ」は、自身のYouTube動画をまとめたものだったけど、こちらはどうなんでしょう。

(ちなみに、少年誌漫画の分野については、先日、鬼滅の刃全巻を電子書籍で買ったので省略)
それぞれの本を順番に読むので、読み始めるまでが積読(つんどく)になってしまうのがもったいないですね。

ひとまず、養老孟子×伊集院光の「世間とズレちゃうのはしょうがない」から読み始めようかと思います。


あと、YouTube関連だと、もし置いてあれば、もう一冊買いたいものがあったのですが、今回は残念ながら見つかりませんでした。
ホラーエンターテインメントプログラム!な感じのやつなんですが、まぁ、今度見つかれば、買おうかと思います。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188039124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック