2020年10月29日

自分にとっての分不相応体験はなにかな…と考えてみると、OSP2002授賞式かな。

朝のラジオをタイムフリー(タイムシフト)で聴いていたら、「分不相応体験」がメッセージテーマになっていました。
自分にとっての分不相応体験はなにかなと考えると、やっぱり、オンラインソフトウェア大賞2002の授賞式に出席したときが、そうだったかなと思いました。

リンク先に写真が掲載されていますが、左から2番目の、スーツを着ている、茶色のネクタイを締めているのが、若かりし頃の自分です。こちらにも写真があります

霞が関で超高級立食パーティー……たぶん、この時が、人生の頂点のうちの1つですね。
(もう一つは、この少し前に、名古屋で「窓の手」の作者さんと対談したり、名古屋城を見て回ったときかなと)

なお、この少し後に、大学の卒業記念で立食パーティーがあったり、社会人になってからプロジェクト完了を祝う立食パーティー(役員クラスがお金を出してくれるやつ)とかありましたが、そちらは分不相応ではないので含まず。




posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188067537
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック