2012年10月10日

作者がウイルス対策ソフトメーカー(ウイルスバスターのトレンドマイクロ)に問合せをするのは是か非か…?

一昨日、「よくある質問:トレンドマイクロの言うことなんて無視すれば / ウイルスバスター使用者のことなんて無視すれば いいんじゃないの? について」を書きまして。

これですね。

http://blog.inasoft.org/archives/20121008-1.html

多くのユーザーの意見としては、そんな問合せをしなくていい、という世論が(作者のTL上では)形成されているんだなぁということを痛感したわけですが、それを受けて、何件かの転載先サイトの管理を行っている方から、大変萎縮した感じのメールを受け取りました。

フリーソフト作者によるウイルス対策メーカーへの問い合わせ義務の是非については、これは大変、難しいところですね。

いちおうフリーソフト作者も「著作権」という権利を享受する身でありますから、「権利の裏には義務が存在」し、ここでいう義務とは「正しい著作物を、ユーザーに届ける努力」のことだと思っていますので、その努力の一環として、作者がウイルス対策メーカーへ問合せをすることは、筋の通っていることかもしれません。


ただ、こと今回の問合せに関しては、残念なことに、かなり骨の折れる作業となってしまいました。

想像を超える規模の、というか、個人(無償) 対 企業サポート(給料あり) という構図であり、趣味の範囲を超えていて、モチベーションが持たなくなるのも当たり前でした。

そして、ガス欠になってしまいました。

ガス欠になった後、今回の失敗の原因を探っています。


フリーソフト作者の「著作権」の権利って、一般的な著作物に対する「著作権」に対し、かなり制限されたものになっていると言えます。それは例えば、対価を必要としないことですね。

それゆえに、フリーソフトのユーザーには「自己責任」が付きます。おそらくこれは、作者が持つ権利(著作権)の一部を、フリーソフトの名の下で放棄することによって、その「権利の裏側にある義務」の一部をユーザー側に置いている、ということになると思います。

そのユーザー側に置いた「義務の一部」に、「ウイルス対策ソフトメーカーへの問合せ義務」が含まれるのか、という議論になるのだと思います。

突き詰めてみると、大変難しい問題です。

ただ、一般的なフリーソフトのドキュメントには「作者は一切の責任を負わないものとする」ということが書かれていますので、そういうことなら、「ウイルス対策ソフトメーカーへの問合せ義務」も、作者側には存在しないとみなすのが適当かもしれません。

作者のTL上の世論も、そうであるべきと、言っているんだと思います。

【続きます】

posted by ayacy at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60163908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック