2012年10月16日

ことウイルス対策ソフトにおいて、自分が使わなければ良いは通用しない - トレンドマイクロのウイルスバスター誤検知に関連して

いまだにこういう主張をしている人が残っているんだなぁ、と驚いているわけですが、ね。

前にも当サイトで書いたことはあると思いますが、ウイルス対策ソフトで「嫌なら自分が使わなければ良い」という主張は通りません。

なぜなら誤検知が発生したり、システムトラブルが発生してから、色々と余計な対応をさせられるのは、直接使っている当人ではない開発者であったり、システム管理者であったりするから。

(もちろん、使っている本人も被害を被るし、使っている本人が開発者やシステム管理者であれば、なおさらだが)

だから、ウイルス対策ソフトの使用については、自分が使っているかどうかと同じくらい、他人が使っているかどうかも重要となります。

posted by ayacy at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60163914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック