2013年01月21日

紳士協定の有効(友好)範囲

一般論として話をしましょう。
こちらからは、相手側の言っている内容を遵守している。
メールの内容をそのままそっくり別の場所に転記するなと言われればそうするし、コレコレの内容は一般公開するなと言われればそうするし。

ただ、相手側はそうとは限らない。
こちらからお願いした内容は、いったん検討の上、無理と突っぱねられ、最低限お願いしたい内容も数ヶ月を要した上で無期限延期にされたり、たまに日本語も通じなかったりする。

こういったものは、別に、書面上の契約を取り交わしたわけでもないので、紳士協定なわけだ。

で、相手側が一方的に受け入れようとしないで、こちらばかりが受け入れ続けている場合、不公平感は否めない。
相手側が言ったことなんて破棄して、全部ぶっちゃけて、公開しちゃった方が公平感があって、理に適っているのではないかと。

まあ、そんなことすれば、自分が、相手側と同じ立場まで落ちることになるから、やらないけど。
でも、やったとしても、相手側が文句を付けることはできないはずだよね。

一般論な話でした。
posted by ayacy at 06:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック