2017年03月01日

とっくに終わっていたと思い込んでたシリーズ…過払い金ブーム

機能のビットコイン/ブロックチェーンと同様に、勝手にブームが去っていたと思い込んでいたものがありました。
過払い金ブーム」です。

一時期、テレビのCMなどで、「どこどこ法律事務所に相談すると、過払い金が戻ってくるかもしれません」というのを、これでもかっ!ってほど目にしていた時期がありました。

(以下、生半可な知識)
ちなみに過払い金とは、消費者金融・・・サラ金からお金を借りたときに、多く払いすぎちゃった利子のことですね。
なんでそんなものが生じるのかというと、「金利の上限は法律で決められている」にもかかわらず、利用者の無知(or 立場の弱さ)に付け込んで、法律を無視した金利を設定されることがあるから。
ちなみに、法律を無視して、あまりに高すぎる金利を設定してしまうと罰則が適用されるのですが、法律で定められた金利の上限と、罰則が適用されるようになる金利に乖離がありました。なので、悪徳サラ金業者は、金利上限と罰則が生じる金利の間で、うまいこと実際の金利を設定するわけですね。グレーゾーンとか言ったりします。当然、違法であるため、余計に払った利子は、返還させることができます。
(ここまで、生半可な知識)

ですが、最近、そういったテレビCMを、あまり見なくなったので、過払い金ブームは、すでに去ったのだと勝手に思い込んでいました。
というか、よくよく考えてみたら、昼間にしても夜間にしても、テレビを視聴すること自体がなくなってきたので、テレビCMそのものをあまり見ていないんですね。
過払い金のCMだけでなく、あらゆるCMを目にしなくなったというのが、実際のところでした。

このことに気づいたのは、最近、通勤中にラジオを聞くようになったからです。
朝のラジオのCMでは、過払い金のためにどこどこ法律事務所に相談しましょう!みたいなことを、リズムに乗せたり、歌に乗せたりと、様々な方法で宣伝しています。
あの時間帯のラジオの聴取率は高いだろうから、まだまだビジネスになる状態は続いているんだろうなぁとか思ったりします。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

ペットボトルにくっつける加湿器を購入したのですが…

自宅の居間以外の湿度が低すぎて、支障が出てきたので、居間以外用に加湿器を買うことにしました。
主に使用する部屋は三畳の部屋なので、あまり大きくない方がいいんだよなぁと思って探して見付けたのが、ペットボトルにくっつけるタイプの加湿器でした。

IMG_2225.JPG

電力はUSBから給電します。
通販サイトのユーザーの声によると、外国製の製品のためか、外国のペットボトルでないとくっつきづらいという情報がありましたので、ペットボトルとしてエビアンを準備しました。

IMG_2226.JPG

USBに刺し込み、ボタンを押して、給電開始。

IMG_2228.JPG

きちんと、霧が吹き出し始めました。

IMG_2227.JPG

どうやらうまくいったらしい・・・と思ったのですが、霧の吹き出す勢いがあまり強くないため、吹き出した霧がそのまま落下。
下がベチョベチョです。

IMG_2230.JPG

どうやら、高さとか、霧の吹き出す方向を調整する必要がありそうですね。


続きを読む
posted by ayacy at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月19日

やっぱり風邪ではなかったかもしれない

花粉症の激しいのが来たかもと思っていたら、風邪かもしれないとも思いつつ・・・で3週間くらい続いている現在の症状なのですが、やっぱり風邪をひいた覚えはないし、咳と痰は止まる感じがしないので、近所の病院に行ってきました。

が、結局、症状の原因は特定できず(お医者さんも首をかしげていた)、いちおう風邪の症状が出ているといえば出ているので、対処療法的に、いつもの風邪薬をもらって帰ってきました。

そうこうしているうちに、先週の木曜日・金曜日あたりは、会社で、僕と同じような症状(風邪をひいた覚えはないが、ただただ咳が出続ける)の人が増えてきまして、何か流行性のものかもしれません。あるいは、乾燥や花粉が原因となっているような季節性のものか。

一人、「咳ぜんそくかな?」と言っている人もいました。
ただ、僕の場合、呼吸と共にヒューヒューいっていることがあるのと、痰が出るので、ちょっと違うのかな、と。

とりあえず風邪薬がなくなるまで飲んでみて、その後の状況次第でもう一度、病院に掛かってみた方が良いかも知れないですね。

posted by ayacy at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記