2018年02月21日

人間はコンピュータ群の中における「対人間用謝罪コンポーネント」になるのか

少し前になりますが、こんな話が話題になっていました。

色々感じるところはあると思いますが、ふと思ったこととしては、もしかすると、米本社というよりは、コンピュータ様の誤判断を、謝罪コンポーネントである人間が謝罪をしているという、SFさながらの世界が実現しているのかもしれないとも思いました。

誤判断というか、御判断というか。

例の、ウイルスバスターによる誤検知騒動のときも、コンピュータの誤判断といえば誤判断なのだけど、役員が謝罪に来たわけで、だんだんとそういう時代が近づいてきているのかもしれない。

多くの人間の仕事は、AIやロボットにに取って代わられると言われています。
しかし、「人間への謝罪」は人間にしかできない、人間は「謝罪」という、人間にしかできない役割を全うさせていただく存在になる、みたいな。
(あるいは、どこかの都知事みたいに、「この判断はAIによるもの」と丸投げ?というか、コンピュータ様の判断を人間に伝えるためだけの役目とか)
まぁ、謝罪役もAIに取って代わられる時代がこないとも限りませんけどね。
以前Webマンガで、「私が謝罪をしても、人間を連れてこい!と怒鳴りつけるお客様がいて困る」とロボットが悩むシーンを見たことがありますし、あれが実現しないとも限りませんし。
どっかで見た記事ですが、イギリスの話だったかな?コンピュータは、「一面砂漠の画像をポルノ画像と取り違える」判断を下すようなことをしますからね。さらに、Twitter社とかの場合、Webフォームからの抗議はまともに受け取ってもらえませんし。

結局は、人間がそういった意見を拾い上げるしかなくて、拾い上げて貰うためにはどういうアピールをしなければならないかというのが、今後の課題になりそう。

そう考えると、面倒くさい人間になるというのは、コンピュータが判断を下す社会においては重要な要素かもしれない。人間がこういった声を拾い上げるにしても、コンピュータが効率を判断するにしても、面倒くさい人間になることで声を拾い上げられる側になるというのは重要だろうし。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月20日

なんだか膝が痛くなってきた

自宅でも会社でも、DTP作業をしながらエコノミー症候群にならないようにするため、足を組んで作業をすることがあるのですが、そのせいか、膝が痛くなってきました。

この体勢はこの体勢でよくないのか…。
というか、この体勢をある程度の時間続けてしまうと、それはそれでエコノミー症候群になりかねないか。

適度なストレッチでもしようかと思います。



posted by ayacy at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

奨学金破産で親子共々破産とかいう時代がきたのか

自分が小さいことには、日本は先進国で他国より裕福な暮らしをしている国だという話を聞いていた気がしますが、最近ではだいぶ事情が変わってます。それでも、現在でも他国より裕福だと思い込んでいる人がいて、周辺国のさらに裕福な様子を聞いて愕然とする、なんてエピソードをツイッター上で見かけるようになりました。

どこまでが本当かはわかりませんが、割と本当の話なんじゃないかなと、なんとなく思ったりします。

で、表題の話。
奨学金破産で親子共々破産という。そんな時代。
学生ローンを奨学金と呼ぶのは、いい加減、どうなんだという気もしますけどね。しかも有利子で取り立ても厳しいわけだし。

取り立てが厳しいのは理由があり、僕らが学生の頃(まだ日本育英会と呼ばれていた)は、取り立てが優しすぎて逆に問題とされていました。もっと、勤務先に電話をかけるなどしてきびしく取り立てるべきだ!という、世論からの圧力があって、今のような厳しい取り立てになったのだと思います。

ただ、良くないことに、世の中の景気もどんどん悪くなっていったのだと思います。リーマンショック等の影響でしょうか。

給料も十分にもらえず、取り立ても厳しくなったのなら、板挟みとなり、破綻することになるわけで。

自分の場合、幸いなことに(?)2006年ごろに突然の遠隔地出張があり、何ヶ月か200時間超の残業を強いられたことがありました。
まだその頃は、ギリギリITバブルが残っていて、残業代はほぼ満額で払われたため、サイフはだいぶ潤いましたので、奨学金は一気に返済してしまいました。

今ではIT業界バブルもなくなり、うちの会社も裁量労働の名の下に定額残業代制になったので、当時のような稼ぎを得るのは非常に難しいでしょう。

今から思うと、あの時、稼げていなかったら、自分も破綻の道を歩んでいたかもしれず、ギリギリITバブルの波に乗れたのは不幸中の幸いでした。ってか、もう200時間残業を何ヶ月もやるのは、嫌ですけど。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記