2017年07月15日

不健康と分かっているけど人間ドックへ行ってくる

35歳になる歳から人間ドックを受診しているから、今回で4回目の受診になります。
健康診断の時からそうですが、肝臓の値から見て不健康であることがわかっていながら受診しているので、不健康診断ですかね。

胃の検査では、胃カメラとバリウムではそれぞれ判明することが異なるということで、バリウムと胃カメラを相互に行うようにしています。
(ただし、初年度はバリウムを飲んだものの、ピロリ菌が見つかり、その除去に保険適用するために胃カメラを入れる必要があったため、バリウムと胃カメラの両方を行いました)

で、今年は胃カメラの番。

ちなみに一昨年、「鼻からの胃カメラは苦しくないらしい」と聞き、試したものの、花粉症の時期のためか鼻の穴が細くなっており、胃カメラが鼻を通らず、結局、口からの胃カメラとなりました。

というわけで今回は7月中旬に「鼻から胃カメラ」に再挑戦。さてどうなるか。



…ダメでした。左の鼻の穴がダメ。右の鼻の穴もダメ。
結局、オエオエ言いながら口から胃カメラを入れました。

両鼻の穴を先に試したからなのか、鼻の穴が鼻水で詰まってしまって、鼻詰まりのまま胃カメラを飲んで呼吸が苦しい。
ヤベェ。
死ぬかと思った。

まぁ、胃カメラを飲むときは、死ぬかと思わないときはなかったけど。


以前は、腕に針を刺すのが嫌だったので、健康診断最大のイベントは採血だったこともありましたが、最近では最大のイベントは胃の検査ですね。毎回、死ぬかと思ってしまう。

子供の頃は、予防接種とかで腕に針を刺すのがホントに嫌だった。
ほんの数秒のことなのに嫌だった。

大人になると、「一日が過ぎるのが早く感じる」とよく言われるように、子供の頃と比べて時間の経過が早く感じるためか、腕に数秒間、針を刺すくらいならどうってことなくなりましたね。

逆に、胃カメラを入れる時間は長いので、我慢する時間も長く、嫌なんですよね。

来年は順番通り、バリウムにしよう。
再来年は、もう鼻から胃カメラは試さず、最初から口から胃カメラにしよう。そうしよう。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月08日

アマゾンでの注文が怖い

半年に一度くらいの頻度でアマゾンで注文している品があり、そろそろ注文時期になるのですが、佐川・ヤマトが次々アマゾンから手を引き始めた後の「デリバリープロバイダ問題」があって、Amazonでの注文が、ちょっと怖くなってきています。

似たようなことは何年か前にありました。
注文の品がなかなか届かず、在宅していたのに不在票が入れられていることが何度かあり、玄関の内側で見張っていたら、なぜか隣の家の呼び鈴を押し、いないことを確認してからうちのポストに不在票を入れるという謎行動をしていた配達員がいて驚いたことがありました。

「あの、私在宅していたんですけど・・・」と、その場で玄関を開けて抗議。
すると配達員は「呼び鈴は押したんですけどね…」と言い訳をしはじめたので、「隣の家の呼び鈴を押したの観てましたよ!」と再抗議。とりあえず配達の品は受け取りましたけど、なんだか気持ち悪い思いをしました。

その後、その運送会社は他社と合併し、現在は存在しなくなりましたけど、明らかにおかしな行動をとる配達員ってのはいるもんです。

それに対して、佐川さんやヤマトさんの配達員さん達は非常に頑張っていた。
ってか、アマゾンの輸送品質の良さってのは、佐川さんやヤマトさんの品質の良さというだけであり、アマゾンそのものはそうでもないってのが、デリバリープロバイダ問題で見えてきたんじゃないかと。

まぁ、イライラが募って箱を投げてしまった佐川さんもいましたけど。

それはともかく、日本でのアマゾン離れが一気に進むのかもしれないですね。
ただ、ドローンなどを活用した機械的な自動輸送が本格化したら、そうも言っていられなくなるのかもしれないですけどね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月07日

裾上げをしたときに渡される切れ端って

デパートでGパンやスラックスを購入し、裾上げを依頼すると、余った切れ端がポケットの中に入っています。

IMG_3127.JPG

この切れ端、今まで活用できたことが一度も無く、結局すべて、捨ててしまっているのですが、なんで渡すのだろうなぁ…と、謎の違和感を抱いておりました。

Twitter上でそのことを書いたところ、「切り離されたとはいえ購入物の一部なのだから、渡されるのは当たり前」といった意見や、「またの部分が破れたときの当て布に活用している」などの声をいただきました。

またの部分が破れるまで履いたら、もう取り替えちゃうかなぁ…。

と、そこまで書いたとき、違和感の正体が分かりました。
床屋へ行って、髪の毛を切ってもらった後、「元はあなたの一部分でしたから」と言われて、切り落とされた髪の毛を渡される感じ。ちょうど、そんな感じの違和感でした。

まぁ、裾上げの切れ端は髪の毛と異なり、当て布としての用途があるので、切り落とされた髪の毛と比較するのもヘンですけどね…。

と、ここまで書いて、また思った。
切り落とされた髪の毛は役立たないか?


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記