2018年06月11日

台風が近づくと腰が痛くなる、台風が近づくとアプリに不具合が起きる

まだ6月も始まったばかりですが、すでに日本近海にやってきている台風(5号)がいるそうで、今日の雨はその影響を受けたモノなんだそうで。大雨、突風なんて話もニュースで聞こえてきていますので、予報に注意しながら行動しないといけませんね。

台風(正確には低気圧)が近づくと腰が痛くなる、体調が悪くなる、なんて話を聞いたことはありますが、台風が近づくとアプリに不具合が起きるという話は、初めて聞いた気がする。
taihu_sekkin.jpg

台風が近づいてきた時ほど、こういったアプリを見たくなるもんだと思いますが、逆にアプリが不具合を起こすのは…ちょっと勘弁して欲しいですね。

まぁ、真面目に考えてみることにしまして、記述通り「iOS10以下で…」発生する不具合ということなので、iOS11ならばこの不具合は発生しないのでしょう。iOS11の時に使用している通知の方式と、iOS10の時に使用している通知の方式が違うんでしょうかね。微妙に違うのに、内部的に共通で動作しようとしていて、おかしなことになっているのか。

あるいは、通知の方式は同じはずなのに、iOS10側に不具合があって落ちてしまうということも考えられます。
iOS11ならば修正される不具合でも、iOS10以下は放置されることになるでしょうから。この場合、本来は同じ方式のはずなのに、アプリ側でOSのバージョンごとにやり方を変えなければならなくなりますので。

いずれにせよ、過去のiOSバージョンでのテスト不足ということになるのだと思います。
ただ、iOSみたいに、基本的にバージョンアップが無料で出来てしまうような環境だと、過去のバージョンのiOSにどこまで付き合ってやるのか、作成サイドとしては非常に悩ましいところでしょうね。

私も過去に、フリーソフトを作っていて、Windows 95などの古いOSにいつまで対応するのか、悩んでいたことがありました。
Windows 95のサポートを打ち切ったとき、なかなか辛辣なメッセージを寄せてきた人もいたものです。
実際のところ、作成に用いているVisual Studioの制約により対応を打ち切らざるを得なくなるタイミングがくるので、その時がサポート対象外になるタイミングでした。

最近は、Windows XPのサポート打ち切りに関する話題をきっかけに、ソフトウェア側からのサポート打ち切りに対する見方がだいぶ緩やかになってきました。OSを古いままにしておくことは、セキュリティ的な観点から、利用者側の落ち度とみなす風潮が出てきました。

まぁ、現場としては、マシンスペックの問題や、利用施設特有事情(図書館所蔵コンテンツの閲覧のためにPCを置いているが、古い雑誌付録のソフトウェアがバージョンアップされるわけもなく、古い環境が必要とか)から、なかなかそうもいかないこともあるようですが、それでも現代は、過去バージョンのサポート打ち切りに対しては、色々やりやすい、理解されやすい時代になったと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月30日

マナーがルールに違反する事例

マナーが行き過ぎてルールに違反する事例といえば、やっぱりこれですかね。

IMG_E5243.JPG

エスカレータに乗るとき、立ち止まる人は(関東では)左に寄り、歩く人のために右側を空けてあげましょう。というやつ。
しかし実際のところ、エスカレータの製造メーカーは、エスカレータには必ず立ち止まって乗るよう呼びかけています。
走るなどもっての外。歩くのもアウト。

一人で乗るときは、中央に乗る。
子どもと一緒に乗るときは、手を繋いで1つの段に2人で乗る。
右側を空けるなんて、もっての外。
ってか、バランスが悪くなるのでどっちかに寄って乗るとか、もっての外。

でも、実際に乗るときには、右側を空けておかないと、後ろから来た人に舌打ちされたりとかする。
マナーがなってない、と。
でもそれはルール違反。

よく考えてみると、ルールではそうなっていないはずなのに、何らかの部活動に所属しなければならない暗黙のマナーがあったり、労働時間規制があるのに謎のサービス残業をするマナーがあったり。
世の中には、ルールに違反するマナーがたくさんあるようで。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月29日

ヒノキの花粉が牙を剥き始めるとき

ニュースを流し聞きしていたら、今シーズンのスギ〜ヒノキの花粉飛翔が、そろそろ収束し始める時期とのこと。
ただ、その時に聞こえてきた話題で、ちょっと気になるものが。

  • 今年は花粉の量が、例年の2倍程度と予想していたが、実際には4倍になった。
  • 理由の一つに、ヒノキ花粉の飛散量があり、これが例年の10倍(日によってはもっともっとずっと多い)になった。
  • ヒノキは、樹齢30年目くらいから花粉の量が増加するが、国内のヒノキの多くが30年目に差し掛かっている。

ひょっとして、もしかして来年、再来年あたりから、ヒノキの花粉地獄が始まったりするんでしょうか???


posted by ayacy at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記