2019年02月17日

石油ファンヒーターが壊れて買換え。忠告された「古い灯油」ってどれくらいのものを指すんだろう

2月中旬。石油ファンヒーターが壊れました。
完全に使えなくなったわけではないのですが、今までは一度も出てくることのなかった換気サインが数十分に一度という高頻度で出てくるようになりました。
さすがに、今年で9年目なので、寿命でしょうかね。

後日書きますが、居間のテレビ(同じく9年目)もおかしな感じなので、時期的に家中の家電が壊れてくる時期なのかもしれません。
お金ないのに…。
だれか、アマゾンギフト券、送ってー。

さて、土日を使って石油ファンヒーターを買いに行きました。
家電量販店では冬物処分セールをやっているのではないかという目論見で、少しは安く買えることを期待していたのですが…。

冬物処分セールをやり終わっていたらしい。

ビックカメラでは売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。こちらのセラミックファンヒーターならあるのですが…」とのこと。

ヨドバシカメラでも売り切れ。店員さん曰く、「昨日までは売っていたんですけどね〜。」とのこと。
みんな、昨日までは売っていたのか。
まさか、明日行っても、「昨日まで売っていた」と言われるんじゃ無かろうな…。

なお、ヨドバシカメラでは、夏物処分セールで扇風機なども売っていました。

で、結局、帰りがけに寄ったホームセンター ホームズで購入できました。

20190217_stobu.jpg

冬物処分セール価格で1万円を切るこのお値段。まぁ、消費税を加えたら1万円を越えますけどね。

さっそく、買って帰ることにしました。
が、その時、店員さんから、気になることを言われまして。


続きを読む
posted by ayacy at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月12日

古くなったサバイバルフードをどうするか

2013年秋頃、現在の家に引っ越してきた際に、5年間保存可能なサバイバルグッズを購入しました。
当時はまだ、2011年3月の東日本大震災からさほど年月が経っておらず、心理的な回復ができていない頃だったと思います。
また、ちょうど会社の物品販売で、若干お得な価格で購入できるチャンスが巡ってきたこともありました。
そんな経緯で購入したものです。

その後、熊本・大阪・北海道などで大きな災害が発生し、日頃の備えの重要さをその都度認識しなおしています。
北海道での大規模な停電を受けて、電池で動作可能な小型ラジオと、少し大きめの面積を持つモバイルチャージャーを購入したりもしました。

ただ、幸いにも、私の住んでいる地域では、それから5年間、大きな災害等は発生しませんでしたので、備えを利用することはありませんでした。
笛や防寒グッズ、緊急用トイレなどは、引き続きそのまま保存しておこうと思うのですが、食料と飲料水については、さすがにこのままというわけにはいかないため、処分を検討しなければなりません。

ひとまず、2023年まで利用可能なサバイバルフードを再購入することにしまして、、、

長期保存用クッキーについては、消費期限があと2年先のため、引き続き保存します。
ご飯類については、去年、消費期限が切れることに気づいて、先に食べてしまいました。
乾パン(6缶)については、あと1ヶ月半くらいで消費期限が切れるため、何かの時に食べてしまおうかと思います。
おやつとして食べてしまうか、あるいは、昼食をこれにしてしまうか(食費が浮く!)。

201902_sabaibarusetga.jpg

保存水(500ml×6本)については、消費期限(2018年12月)を迎えてしまっておりました。

ところで、こういう商品は、消費期限の表示を、実際の半分の期間で表示しているという説を(真偽不明ですが)聞いたことがあります。その説が正しいなら、実際には2023年まで飲むことができるのかもしれませんが、そこまでして頑張って飲むものでもないような気がしますし、かといってそのまま下水に流してしまうのももったいない。

さて、どうするか。
パッと思いつくのは、次の3つ。

  • 加湿器に入れる
  • お風呂に入れる
  • 洗濯機に入れる

いずれも、人間の体に水を取り入れる用途ではないもの。大量に水を使うもの。
500ml×6本=3リットル分の水道代が浮くなら、ちょっとラッキーってな感じで。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月05日

連邦という概念にいつ頃気づいたか?多くの人にとっては、常識的なことでしたかね。

お風呂に入ったら、お風呂の壁に世界地図が貼ってありました。

201902_sekai_map.jpeg

ベネッセのキャラクター「コラショ(CV.ピカチューと同じ人)が書かれているので、ベネッセの教材でしょう。

アジアしゅう」という言葉、久しぶりに見た気がする。漢字にすると「アジア州」か。
それこそ、小学・中学で世界地理を学んだときに聞いたかどうか。
それ以降は一度も使っていない気がします。
いや、授業では聞いたかもしれませんが、地理は苦手分野だったので、耳に入っていても、脳には届いていなかったかも。
大陸名として、このあたりを含んだエリアを指す言葉(ユーラシア大陸)の方は、脳に届いていたんですけどね。

あるいは、アジアは広いエリアを指すので、一般的には東アジア・東南アジアなど、方角と共に使われることが多いです。
なので、方角と共に使われない「アジア州」は、本当に耳にしていなかったかもしれません。

同じく、オーストラリア大陸あたりのエリアを指して「オセアニア州」といういい方も、ここ20年くらい使っていないかも。
オーストラリアといえば事足りますから。
(実際には、オセアニアには、ニュージーランドやミクロネシア諸島のあたりの海洋一帯も含みます。普通、オーストラリアのことを指してオセアニアと言わないことの方が多いし、オーストラリアを含めないことも多い)


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記