2020年10月16日

お気持ちと感情の会話と、論理的な会話。小学生相手の会話は難しい。でも、どっちが上?

比較的ロジカルな職場で働いていると、世の中のすべての会話は論理的に通じると思い込んでしまいがちであり、自分も20代〜30代序盤のころは、そうだと思ってしまっていました。

しかし、子供ができ、5歳とか7歳とかと会話をしていると、論理的な会話なんてできるわけでなく単語と勢いの「お気持ち」だけしか会話の役に立っていないなと思うことがあります。

いや、振り返ってみると、自分が高校生くらいになるまでの、父親との会話も、そんなだった気がする。
勢いとお気持ちの会話だった気がする。
自分がある程度大きくなり、持っている情報量で会話のマウントを採ることができて、もしかしたら体力で制圧できるかもしれない、そんな立場を手に入れて、ロジカルの会話が成り立つようになったような気もする。

最近、特にそれを意識したのは、こんなことがあったことがきっかけです。


7歳の長女から、算数でわからないところがあると言われて教えに行くと、「(ア)〜(ク)の図形のうちのどれが正方形かを選ぶ問題が分からない」と言われた。

四角形で、全部の角が直角で、4つの辺の長さが同じだよというのは先週教えたのだが、まあ、それを再度伝え直す。一発で覚えられるわけはないだろうから、それ自体は仕方ない。

ただ、最終的には教える人の顔色を見ながら、(ア)かな? (イ)かな? (ウ)かな? と一つずつ聞いてくる状態になってしまった。
あ、これ、前に本で読んだな。7歳くらいだと、会話でも文章理解でも、そこから生じる「感情」「気持ち」で汲み取って回答を求めようとする。
言葉の一つ一つの意味を理解しようとか論理的に考えるようとかは思わない。

たしか、養老先生の本だったか、東ロボくんの新井先生の本だったか、ガイナックス初代社長の岡田さんのYouTube動画だったか……そこらへんで観た気がする。
というわけで、知識としてはこの状態を理解していたが、いざ目の前にしてみると、この状態でどう教えたらいいもんか、目の前は真っ白。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2020年10月14日

pushdコマンドとpopdコマンドをLinuxでも使いたかったのに、挙動が、あれ?

普段、Windows上で作業をしていて、特にバッチファイルを作っているときはpushdコマンド/popdコマンドを多用することがあります。

このコマンドは、cdコマンドでカレントディレクトリを移動する動作に似ていますが、pushdで移動したらpopdで戻れるという特徴があります。しかもstackの要領で、「行って→行って→帰って→帰って」みたいなことができるというわけですね。

どちらが発祥かは知りませんが、これと同じことをLinuxでやりたいと思えば、普通に使えました。
なので、これをシェルスクリプトに組み込んで使おうとすると、、、失敗します。
あれ?なんでだ?

普通に考えれば、手で入れて使えるコマンドは、シェルスクリプト上でも使えそうなもんなんですけどね…。

なーんて罠に陥りがちですが、シェルスクリプトがどんな動作をするかは、何がシェルとして採用されているかによって変わるわけで、デフォルトでは /bin/sh の動作に従います。/bin/sh と /bin/bash を指定していた場合では、互換性の都合から微妙に動作が違うことがあるそうで。エラー時の動作とか。

そんなうちの一つに、pushdとpopdが使えるか否かという違いがあるとのこと。

というわけで、シェバン(スクリプトの最初の1行目に書くやつ)が「#!/bin/sh」になっていると、pushd/popdが使えない。
pushd/popdを使いたければ、シェバンは「#!/bin/bash」にしておく必要がある。

という気付きでした。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング

2020年10月04日

ここで振り返ってみる技術の進化速度。20年前はWindows API使ってりゃよかったのに。

IT業界の技術の進化速度は速いから、と、どこか他人事のように言っていることがある。

自分の場合、フリーソフトの公開者(趣味の人間)としては、勝手気ままに、自分の困りごとを解決するツールをWindows上で開発して公開しているので、世間のテクノロジの進化をその観点で見ることがあまりない。

本業の方では、最近ではプロジェクト管理が主になってしまっていて、他社(者)の作成したツールを使ったり、あるいはプロジェクト管理における過去の偉人たちのアイディアを使ってみたり、会話や議論やコミュニケーションが主体になっていたりするため、「ツール開発」で使われる低レイヤーの技術(プログラミングとか)を用いることが無くなっていたりする。

20年前とか15年前とかだったら、Windows APIを使って作成したWindows上でのみ動くプログラムをツールとして公開していたら、最先端テクノロジに触れている感覚になっていた。

ゲーム作りをするときも、DirectX9を使っていれば、最先端テクノロジに触れている感覚になっていた。

たぶん、2020年においては、上記のようなものは最先端テクノロジでもなんでもなくて、古臭いローテクってことになるんだろうなと思う。IT業界の技術の進化速度は速いから。

現在ではWindows上だけで動くWindows APIで作られたプログラムばかりを用いているだけでは、本質的な課題解決に時間がかかりすぎそうだし。手元のiPhoneやiPadでは動かないし。
パソコン上で動くゲームを作るにしても、UnityだったりSteam(スチーム)だったりというキーワードが登場している。

「IT業界の技術の進化速度は速いから」が、個人的にグサッと刺さるとしたら、こういうところかな、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング