2019年06月19日

Nintendo3DSのゲームは、もう発売されない感じかな?

突然、新潟で大きい地震があったという速報が入って、ビックリしております。
先日は、四川省でも大きい地震があったという話もありましたし、、、なんだか不安です。

ひとまず、題名通りの記事を書こうかと。


ここのところ、任天堂の公式YouTubeなどで、Nintendo3DSのソフトウェアの情報が発信されなくなりました。
Twitter上でも、3DSで発売予定のソフトが全て発売しきったという話が流れてきたので、いよいよ携帯ゲーム機の流れもNintendo Switchに統合な流れでしょうかね。

Nintendo3DSは、目玉機能であり名称の由来でもある3D立体裸眼視機能が不発でした。

例えば、3D立体裸眼視機能のために作られた「3Dテレビ」とか「3Dビデオ」のような、外部製作の映像コンテンツを流すようなソフトウェアも、当初は盛んに作られていましたし、各ゲームのPVも立体裸眼視に対応したコンテンツになっていました。

ただ、時代が早すぎたんでしょうかね。
僕自身も、立体裸眼視でプレイするシューティングゲームなどは、気持ち悪くてとても遊ぶ気になれませんでしたし。
立体裸眼視機能をオフにして使っているという人も、僕の周りではたくさんいました。

そして、VR元年と言われて流行始めたのは、Oculus Goのような頭に被るタイプの立体視デバイスでした。
Nintendo Switchでも、Nintendo LABOの一形態として、頭に被るタイプの立体視デバイスを発売しました。

任天堂自身も「Nintendo2DS/2DSLL」という、当初の考えからしたらジョークとしか思えない廉価版ゲーム機を発売していました。
(うちでも、最初に購入したNintendo3DSの調子が悪くなった後は、「New Nintendo2DSLL」を買いましたし)

そんな感じで、3D立体裸眼視機能こそ不発でしたが、それ以外の性能面やサービス面では、非常に優れた成果を残したと思います。‬ゲーム機向けとしてはそこそこ優れた性能(PSVitaほどではないが、ゲームをプレイするには十分という程よさ)、eShopなどのコンテンツのダウンロード販売の仕組み、バーチャルコンソールによる過去の名作を楽しめる土壌、等々…。

まぁ、色々事件はありました。

発売早々、東日本大震災に見舞われて、商品が届かなくなったり。
発売当初は3DS専用の人気コンテンツをラインナップできることができていなかったり。
オンラインでも遊べるマリオカードのコースに不具合が見つかったものの、カートリッジに書き込まれたゲームにパッチを当てることができなくて、様々な苦肉の策を発動したり。
製品の設定価格を、ソニーの携帯ゲーム機に対抗して値下げしたり。それに向けて大反発が起きたり。

Newスーパーマリオブラザーズ2のダウンロード販売、DLC(ゲームの追加機能)の有料販売。
どうぶつの森が人気すぎてカードリッジが足りなくなり、ダウンロード購入を呼びかけたりなんかってのもありましたっけ。

今でこそ、ダウンロード販売も、DLC有料販売も、当たり前に行われていますが、Nintendoハードにおけるそれらの礎はこうして作られました。

ゲーム機そのものの話からは逸れますが、ネットニュースサイトが勝手な憶測を流したり、悪意のあるとしか思えない情報を流したりすることに対抗し、当時の任天堂の社長が「直接」ゲーム紹介をユーザーに送り届ける施策を次々打ち出していったのも、このあたりかと思います。

「直接」ゲーム紹介をユーザーに送り届ける施策は、非常に高い効果をもたらしましたが、一方でその人気の社長が病死するという、大変ショッキングな出来事もありました。

そんな、時代を駆け抜けたNintendo3DSシリーズも、ここら辺で幕を下ろすんでしょうか。
ちょっと寂しい気もしますが、ハードの寿命を考えると、そろそろなのかもしれないですね。



posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月30日

あれ、ドラえもんの青くなった設定、変わった方

先週、子供にハッピーセットをねだられて買ったら、ドラえもんグッズが付いてきました。

mac_dra_201903.jpg

黄色のドラえもん、知ってる?
ああ、知っています。大山のぶ代ではなく、横山智佐が声を当てているんですよね。

あ、違う。そもそも、大山のぶ代ではないですね。水田わさびさんが、もう、15年も声を当てていますからね。
(大山のぶ代さんが声を当てていた期間は26年間だったと思うので、もう半分以上過ぎてる)

で、理由を見てみると、ネズミに耳をかじられてしまい、ショックで泣いていたら、体が青くなった、ということ。

そう。「泣いていたら」が追加されたのが、新しい方の設定です。
僕が子供の頃に見た「大晦日だよドラえもん」では、「ドラえもんが昼寝をしていたところ、ネズミに耳を囓られて、鏡を見て、その姿を見て青ざめた」という設定になっていました。

ただ、この設定は、作者が子供から「ロボットなのに青ざめるのはおかしい」と指摘されたために撤回されたと聞きます。
そして、

  • セワシくんが、いつもお世話になっているドラえもんのため、ドラえもん人形を作って送ろうとした。
  • 人形の耳の部分がうまく作れなかったので、ネズミ型ロボットに『耳の形を整えてくれ』と頼んだ。
  • ネズミ型ロボットは、人形の方ではなくドラえもんの方の耳を囓ってしまった。
  • ドラえもんの耳がボロボロになってしまったので、悲しい気分を払拭しようと『喜劇の素』を飲もうとしたら、誤って『悲劇の素』を飲んでしまった。
  • それから三日三晩泣き続けたため、声は枯れ、体表面の金メッキが剥がれ、青い体になってしまった。

のが新しい設定だったはず(自分の記憶の限りでは)。

体が青くなったことに加え、声が枯れ(大山のぶ代的なガラガラの声になっ)た理由も説明されています。
今でも変わっていないかな?


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月27日

「ケムリクサ」のエンディングテーマのCDを。がまんしきれなくて。

先週の水曜日の「ケムリクサ」を、遅ればせながら録画した物を観まして。
さすがは、たつき監督。よく仕込んだなぁ。

少し前に、Twitter上で言っている人がいたのですが、1クールのテレビアニメは、「単に30分×12話の長さのアニメというだけでなく、3ヶ月間に渡る体験」ということで、単に6時間の長さの超大作であるということ以上の意味があって、体験をもたらしてくれるものという位置づけで捉えた方が良いとのこと。

同じような気分を、以前に、「魔法少女まどか☆マギカ」で味わったことがありました。
虚淵玄さんがシナリオという話なので、そもそも裏があるというのが多くの人達の見方ではありましたが、3話で突き落とされ、6話で不安にされ、10話で裏側を見せられてOPテーマ歌詞の意味を知り、…というのを一週間1話のペースでゆっくりゆっくり体験する。当時は既にSNSがありましたので、SNS上での話題の盛り上がりも、なかなかのものでした。
その後、東日本大震災の影響で11話と12話の放送が延期になるなど、現実の動きもあって、印象深いものになりました。

で、そんな「ケムリクサ」11話を観ると、それまでの世界観がひっくり返り、さらにエンディングテーマの歌詞の意味がようやくわかるようになって、そのタイミングで発売になりました。エンディングテーマ「INDETERMINATE UNIVERSE」。

kemurikusa_ed_201903.jpg

歌詞カードが入っていて、聞き取りづらい歌詞を文字で読むことができます。
11話を観た人であれば、これが誰のどんな心情を表した物であるかがわかるようになっているという仕掛け。

すごい作品ってのは、全部仕込まれているんだよなぁ、こういうのが。
時系列に、計画的に。

さっきの虚淵玄さんにしても、この たつき監督にしても、「予想を裏切り期待を裏切らない」やり方がすごい。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ