2019年03月09日

ポプテピピックの副音声解説を聞いてみたかった

去年、「ポプテピピック」のBlu-ray/DVD第1巻が登場した際、副音声解説が非常に話題になっていました。

201903_popte1.jpg

というわけで、今さらながら、クーポンを使って購入。
最近あんまりお金がないので、クーポンがフルに使える時でないと、なかなか趣味の品に手を出せないという事情もあるんですけどね。

例の、映像と全く一致しないという、大川ぶくぶ氏とマフィア梶田氏の副音声というのを、いつの日かどうしても聞いてみたかったので。
ああ、確かに、「サーバルキャット」とか、なんかぜんぜん違うっぽいこと言ってる。
1話だけかと思ったら、2話も3話も4話も全部、全く一致しない副音声解説をしてる。これはヒドイ(笑)。

本編としては、Blu-ray/DVD化されて、"例の箇所" のモザイクがなくなったみたいだが、代わりに副音声にピーピーとマスク音がたくさん入ってるという奇妙な作りになっていますね。

ところで、Blu-rayの再生って面倒。パソコンで観られない。
(観るためには、Blu-rayが読み込めるデバイスがあるだけではダメで、なんだか面倒くさくソフトウェアの導入をする必要があるっぽい)
うちでBlu-rayを確実に再生できるのって、居間にあるレコーダーしかない。
居間に行かなければ観られない。メンドイ。

Blu-rayを買ったり借りたりするのは、今後はやめておこう。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月08日

「まよいマイマイ」のDVDを買った

今さらですが、化物語 DVD第二巻「まよいマイマイ」を買うことになりまして。

201903_mayoimaimai.jpg

<物語>シリーズの中でも、一番好きなストーリーがこれです。

前半のシーンの、戦場ヶ原ひたぎと阿良々木暦の間の会話の伏線がすごくよくできています。
初めて観るときは、戦場ヶ原ひたぎが冷たくあしらっているか、あるいは、ギャグアニメっぽく笑いをもたらす要素として見えるのですが、2回目にみると正反対に見える。

似たようなやり方を、前に観た気がします。
たしか、アメリカのホラー&ミステリー映画「シックス・センス」だったか。
初めて観るときは、主人公に対する奥さんの振るまいが、離婚直前の冷たいあしらい方みたいに見えるのですが、2回目にみると正反対に見えるという。

その他、羽川翼にはきちんと見えていることとか、戦場ヶ原ひたぎが最後に「I love you」と告白するまでの心理を各シーンに重ねて考えると、すごく頑張っているんだなと思うこと、阿良々木暦のセリフ、特に色々分かった後のセリフとか。

とにかく心が揺れ動かされるシーンが各所にあるし、伏線の張り方はすごいし、この作品は<物語>シリーズの中でも特によくできてると思うのです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年02月13日

今、ポプテピピックを観たら、どんな感情を抱くだろう?

だいぶ前のことになりますが、「らき☆すた」アニメのOVAのDVDをレンタルして観てみたら、アニメ放送当時のワクワク感が得られずに困惑した、というような経験をしたことがありました。

「らき☆すた」アニメが放送されていたときは、そりゃもう、毎週観るのが楽しみで、OPテーマは暗記してカラオケで歌えるようになっていましたし、なんだか熱狂的になって観ていました。

その後、しばらく時間が経って、OVAのDVDが出ていることを知り、レンタルビデオ屋でレンタルして観てみたのですが…なぜだか当時のワクワクした気分が沸き上がって来ずに困惑しました。もはや、当時ほど若くないということか、それとも、環境的に「周囲の人も盛り上がっている」という状態でないと楽しめないのか?

でも、「あずまんが大王」を時間が経ってから見直したときは、楽しかったんだけどなぁ。

で、1年前。
ポプテピピックのアニメがネット上で盛り上がっていました。
放送/配信と同時にリアルタイムでTwitterを見るのが楽しみでした。

中には楽しめないという人もいましたけどね。(不条理系だし、特に中指系だからですかね)
とはいえ、自分や、自分がTwitterで観測できる範囲については、楽しんでいたと思います。

あれから1年経って、どうだろう。今でも楽しめるんだろうか?
ネット上の他の人の反応がリアルタイムで見られなくても、楽しめるんだろうか。

201902_poptepi.jpg

レンタルできたのは、ポプテピピック vol.2のDVD。
(vol.1は大人気なのか、なかなか借りることができません)
vol.2には、第4話〜第7話が収録されています。
アニメ放送/配信を観ていたけど、第4話〜第7話がどんな感じの話だったか、お忘れの方のためにザッと解説しておくと、

・イモヨバ(妹と呼ばないで)
・将棋対決
・ヘルシェイク矢野
・大人の事情でネズミのシーンは音だけ

ってな感じの内容となっています。
声優さんで印象に残っているのは、クレヨンしんちゃんとひまわりの兄弟コンビですかね。
(このうち、クレヨンしんちゃんの人は、もう声優交代しちゃいましたけどね)

観てみた感じでは、やっぱり当時みたいな、声優大喜利というか、声優が誰だったのかエンディングで確認するまでに「当てる」楽しみがない。それから、各所にちりばめられた「仕込み」を探す楽しみも、もはや味わえない。

そのあたりがないから、やっぱり魅力半減ですよねぇ。
ただ、OPテーマ曲はかっこいいですし、AC部制作による「ヘルシェイク矢野」の紙芝居は依然として神懸かっていますし、いくつかの要素は損なわれずに、今でも楽しめたかなぁ、と。

ただ、このアニメをレンタル初見で楽しもうとするのは、無理かもしれない。
やっぱり、当時のSNS上での盛り上がりを思い出しながらじゃないと、楽しめない。
ネットと共に楽しむタイプのアニメは、賞味期限が非常に短いのかもしれない。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ