2020年06月09日

そういえば、敵を太陽に落とし込むような攻撃って、できるのかな

ドラゴンボールZの映画で、フリーザの兄「クウラ」が地球に攻めてきて、悟空たちに排除されるという話がありました。

物語の最後で、クウラは悟空の放つかめはめ波かなんかで地球から遠ざけられ、そのまま太陽まで到達し、太陽に押し付けられて終わりを迎えます。
(ただし、後の映画でサイボーグ化されてメタルクウラとして復活し、新ナメック星に攻め込んでます)

そんな感じで、地球上にいる敵(地球上にある物体)を、太陽まで連れていくにはどうするのが良いでしょうか。
現実の太陽探査の人工衛星とか、水性探査の人工衛星とかは、相当苦労して飛ばしているように見えます。

太陽は、地球とは比べ物にならないくらい巨大で、膨大な引力を持つので、物質は太陽に向かって落ち込んでいきそうに思えます。
っていうか、さらにその400万倍の重さを持つ銀河中心のブラックホール「いて座A」だって、かなりの引力を持っていますから、そっちに落ちていきそうな気がしなくもない。

ただ、現実にはそうはならないし、やろうとするとかなり苦労します。

そもそも、地球が太陽に向かって直接落ちていかないのは、地球が太陽の重力と釣り合うくらいの速さでいい感じに回転(公転)しているからで、その速度は300km/sとのこと。

地球の重力を振り切り、公転速度の300km/sを振り切るくらいの勢いがあって、初めて、太陽に自然落下していけるわけですね。そりゃ大変なわけです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2020年04月17日

藤原啓治さんが亡くなられたと……劇中のアイアンマンの最後に続きショック

かねてより闘病中だった、声優の藤原啓治さんが亡くなられたというニュースが聞こえてきました。

先日の志村けんさんが亡くなられたときのニュースのときも書きましたが、以前には感じることのなかった感情……昔は有名人が亡くなったというニュースを聞いても知らない人、あるいは知っていても遠い人ばかりの印象だったものが、自分がある一定以上の年齢になったためか、そういうニュースを聞くと小さい頃から慣れ親しんでいる世代の有名人の方であることが多くなり、事あるごとにショックを受けている気がします。

藤原さんの場合、クレヨンしんちゃんの「野原ひろし」役の降板があった時に、なんとなくの覚悟…みたいなものはありました。
ただ、その後、アベンジャーズの「アイアンマン/トニー・スターク」の吹き替えは行われていましたし、なんとなく、その時のことを忘れておりました。でも、アベンジャーズの劇中でアイアンマンが激戦の末に死に至った時、なんとなく、思い出してました。でも、フィクションの世界の話だからと頑張って忘れようとしていました。

声優・アニメ関係だと、種田梨沙さんの復帰があって、うたわれるもの 二人の白皇(最終章)のアニメ化の発表があって、なんとなく、普通に藤原さんが復帰されるものだと、信じ切っていました。

いや、信じようと努力していただけなのかもしれません。国民的アニメで、この先もずっと続くであろう、クレヨンしんちゃんの「野原ひろし」役の復帰がありませんでしたから。

アイアンマンが死んだショックがリアルなものとして、自分の中にやってきた気がします。
ご冥福をお祈りいたします。

posted by ayacy at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2020年01月03日

2020年冬アニメは何を観よう…もう、過去作品の継続モノしか観ていないな

40歳ともなると、新しいモノを開拓するのが億劫になってきます。
なので、2020年冬アニメは何を観よう…と思っても、よっぽど話題になっているような状態でもない限り、過去作品の継続モノしか観ていないですね。
(最近では、ポプテピピックとか、ケモリクサとか)

というわけで、2020年の冬アニメは、とある科学の超電磁砲(レールガン)Tくらいかなぁ。

古いオッサンとしては、ここらへんでマリみての最新作とか、涼宮ハルヒの最新作とかが出てくると飛びつきます。
まぁ、やらんだろうけど。

釈迦みてのアニメ化とか、やらないかなぁ。

あ、そういえば、今年はダイの大冒険のアニメ化って話題がありましたっけね。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ