2019年03月30日

あれ、ドラえもんの青くなった設定、変わった方

先週、子供にハッピーセットをねだられて買ったら、ドラえもんグッズが付いてきました。

mac_dra_201903.jpg

黄色のドラえもん、知ってる?
ああ、知っています。大山のぶ代ではなく、横山智佐が声を当てているんですよね。

あ、違う。そもそも、大山のぶ代ではないですね。水田わさびさんが、もう、15年も声を当てていますからね。
(大山のぶ代さんが声を当てていた期間は26年間だったと思うので、もう半分以上過ぎてる)

で、理由を見てみると、ネズミに耳をかじられてしまい、ショックで泣いていたら、体が青くなった、ということ。

そう。「泣いていたら」が追加されたのが、新しい方の設定です。
僕が子供の頃に見た「大晦日だよドラえもん」では、「ドラえもんが昼寝をしていたところ、ネズミに耳を囓られて、鏡を見て、その姿を見て青ざめた」という設定になっていました。

ただ、この設定は、作者が子供から「ロボットなのに青ざめるのはおかしい」と指摘されたために撤回されたと聞きます。
そして、

  • セワシくんが、いつもお世話になっているドラえもんのため、ドラえもん人形を作って送ろうとした。
  • 人形の耳の部分がうまく作れなかったので、ネズミ型ロボットに『耳の形を整えてくれ』と頼んだ。
  • ネズミ型ロボットは、人形の方ではなくドラえもんの方の耳を囓ってしまった。
  • ドラえもんの耳がボロボロになってしまったので、悲しい気分を払拭しようと『喜劇の素』を飲もうとしたら、誤って『悲劇の素』を飲んでしまった。
  • それから三日三晩泣き続けたため、声は枯れ、体表面の金メッキが剥がれ、青い体になってしまった。

のが新しい設定だったはず(自分の記憶の限りでは)。

体が青くなったことに加え、声が枯れ(大山のぶ代的なガラガラの声になっ)た理由も説明されています。
今でも変わっていないかな?


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月27日

「ケムリクサ」のエンディングテーマのCDを。がまんしきれなくて。

先週の水曜日の「ケムリクサ」を、遅ればせながら録画した物を観まして。
さすがは、たつき監督。よく仕込んだなぁ。

少し前に、Twitter上で言っている人がいたのですが、1クールのテレビアニメは、「単に30分×12話の長さのアニメというだけでなく、3ヶ月間に渡る体験」ということで、単に6時間の長さの超大作であるということ以上の意味があって、体験をもたらしてくれるものという位置づけで捉えた方が良いとのこと。

同じような気分を、以前に、「魔法少女まどか☆マギカ」で味わったことがありました。
虚淵玄さんがシナリオという話なので、そもそも裏があるというのが多くの人達の見方ではありましたが、3話で突き落とされ、6話で不安にされ、10話で裏側を見せられてOPテーマ歌詞の意味を知り、…というのを一週間1話のペースでゆっくりゆっくり体験する。当時は既にSNSがありましたので、SNS上での話題の盛り上がりも、なかなかのものでした。
その後、東日本大震災の影響で11話と12話の放送が延期になるなど、現実の動きもあって、印象深いものになりました。

で、そんな「ケムリクサ」11話を観ると、それまでの世界観がひっくり返り、さらにエンディングテーマの歌詞の意味がようやくわかるようになって、そのタイミングで発売になりました。エンディングテーマ「INDETERMINATE UNIVERSE」。

kemurikusa_ed_201903.jpg

歌詞カードが入っていて、聞き取りづらい歌詞を文字で読むことができます。
11話を観た人であれば、これが誰のどんな心情を表した物であるかがわかるようになっているという仕掛け。

すごい作品ってのは、全部仕込まれているんだよなぁ、こういうのが。
時系列に、計画的に。

さっきの虚淵玄さんにしても、この たつき監督にしても、「予想を裏切り期待を裏切らない」やり方がすごい。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2019年03月09日

ポプテピピックの副音声解説を聞いてみたかった

去年、「ポプテピピック」のBlu-ray/DVD第1巻が登場した際、副音声解説が非常に話題になっていました。

201903_popte1.jpg

というわけで、今さらながら、クーポンを使って購入。
最近あんまりお金がないので、クーポンがフルに使える時でないと、なかなか趣味の品に手を出せないという事情もあるんですけどね。

例の、映像と全く一致しないという、大川ぶくぶ氏とマフィア梶田氏の副音声というのを、いつの日かどうしても聞いてみたかったので。
ああ、確かに、「サーバルキャット」とか、なんかぜんぜん違うっぽいこと言ってる。
1話だけかと思ったら、2話も3話も4話も全部、全く一致しない副音声解説をしてる。これはヒドイ(笑)。

本編としては、Blu-ray/DVD化されて、"例の箇所" のモザイクがなくなったみたいだが、代わりに副音声にピーピーとマスク音がたくさん入ってるという奇妙な作りになっていますね。

ところで、Blu-rayの再生って面倒。パソコンで観られない。
(観るためには、Blu-rayが読み込めるデバイスがあるだけではダメで、なんだか面倒くさくソフトウェアの導入をする必要があるっぽい)
うちでBlu-rayを確実に再生できるのって、居間にあるレコーダーしかない。
居間に行かなければ観られない。メンドイ。

Blu-rayを買ったり借りたりするのは、今後はやめておこう。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ