2017年07月14日

NEW GAME!!が新しく始まったので観ていると…仕事観を考えさせられる

7月11日より「NEW GAME!!」のアニメ第2期が始まりまして、観ております。

(原作マンガはさておき)アニメ作品中、ゲーム製作に携わっているのは女性ばかりであるため、「実は登場人物は、人が皆、女性に見える呪いに掛かっているのではないか」という説も飛んでおりましたが、今回は第2期第1話で「なぜこのチームは女性ばかりなのか?」と上司に質問するシーンがあり、なるほど、幻でも呪いでもなく、本当に女性ばかりなんだなと認識した次第です。

第2期第1話では面接のシーンがあり、今後やりたいこととか、企画の提出を受け付けているといったことなどが語られていました。
主人公は入社二年目で、夢を色々語っていたわけですが…。

そういえば僕自身は入社14年経って、入社時(あるいは入社前)に抱いていた夢ってどうなってしまったっけ…と、思ったりしました。
入社14年経って、何かすげぇやりたいことがあるかというと…あんまりない。
出世したいわけではない。面倒くさい仕事はあまり放り込まれないのが吉。かといってなにもやらないのはよろしくない。家族は守れないとダメ。家族と会話する時間はある程度確保しておきたい。過労で死にたくない。

入社前は、「お金よりもやりがい」というのもアリなんじゃないか?と思ったりしたこともありましたけど、親のすねをかじれるわけではありませんから、金が無いと生活ができないわけで、家族も守れないわけで。

入社前とか1年目の頃は、もっと色々やりたいことはあった気がします。
新入社員の研修の時は、大きなシステム作りをしたいとか、落ちない自社製Officeソフトを作りたいとか、なんだかドデカイことをぶち上げたりしていました。

ただ、思い出してみると入社3年目くらいだったか…。
2016年4月のある日に、いきなり900kmくらい遠方に「今日から行ってきて」と、着の身着のまま出張することになり、そこから残業200時間×4ヶ月の深夜労働が始まったあたりから、「ただただ流れてくる仕事を、火の粉を払うように処理し続ける」「勝手に仕事が降ってくる。仕事を取ってきて増やすなんてもっての外」みたいな感情が生まれてきたかな。「新しいことにチャレンジして仕事を増やしたら、残業時間が増えて、脳が死に近づく」ような気がしてきて、新しいことにチャレンジするなんて危険行為はヤバイという発想があらわれ、そこから新しいことが思いつかなくなったような気がする。

それを考えると、入社2年目のNEW GAME!!のヒロインは、初々しくて、輝かしくて、観ていると目が潰れそうになる。大変ツライ。
自分にもあんな感じで、世間の物事にワクワクしていた頃があったはずなんですけどね。

それでも、趣味の方でのプログラミングやオンラインソフト公開活動は、ワクワク感を維持したまま、2012年頃まではやっていたと思うんですけどね。
2012年4月に発生した例の一件により、趣味のプログラミングやオンラインソフト公開活動はツライ側面の方が大きくなって、こっちもワクワクは以前よりも低くなりまして。

そんなことを考えていたら、NEW GAME!!のキャラクターの一人が個人製作のゲームを作っているシーンが出てきまして、ああ、自分も昔はサークルでゲーム作りをしていて、ワクワクしていたなぁ…なんてことを思い出して、なんだか、初々しくて、輝かしくて、観ていると目が潰れそうになる。またまた大変ツライ。

深夜アニメでこんなに感情が揺れ動かされるとはなぁ。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年06月27日

2017年の夏アニメどれを見よう

どうやら、2017年も夏アニメを検討する時期に入りました。
とはいえ、学生時代と異なり、使える時間も限られていますので、絞り込まないといけません。

まぁ、ネット上で公開されている夏アニメのリストを見てみると、

  • 終物語(放送開始日未定、放送局未定)の
  • NEW GAME!!(7/11〜 、TOKYO MX等)

くらいは観ておきたいなと思っています。

「終物語」は、西尾維新氏の原作小説を読んでいるので、ストーリーがどうなるかはすでに知っているわけですが、本作品のシャフトによるアニメ化は非常に独特なものがあり、楽しめるので、見逃せないなと思っています。

NEW GAME!!は、第1期を観たので、引き続き観ておきたいな、と。
しかし、ブラック企業を女性だらけの楽しい職場に描く様は見事なものがあるよなぁ、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ

2017年04月09日

棚から涼宮ハルヒの憂鬱DVDが出てきて、同時に楽しい想い出と苦い想い出が蘇る件について

棚を整理していたら、大昔に購入したアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のDVDが出てきました。

IMG_2412.JPG

原作小説の方は、一通り買って、読んで、続刊がなかなか出なかったときに売っちゃいましたけど、DVDの方は残っていましたね。売っちゃおうかどうしようか…。

この作品については、最近思い出すことがありまして。
先期放送されていたアニメ「けものフレンズ」が人気になった要因は、やはり、楽しい雰囲気の中で不穏なことを匂わせたり、伏線を置いたりしたことかと感じました。そういえば、「がっこうぐらし!」も、そうだった気がするし。

そうやって過去の作品を振り返っていくと、この涼宮ハルヒシリーズの原作者である谷川流さんは、楽しい雰囲気の中に、ひたすら大量の伏線を置きまくっていたなぁと思い出しました。回収された伏線もありましたけど、回収されない伏線も大量にあった気がしますね。

伏線を置くことで、読者の興味を惹きつけ、それが人気を広げる要因になることもあるかと思いますが、伏線は負債みたいなもので、作者は返済義務みたいなのを負ってしまうのではないかと思いますね。

涼宮ハルヒシリーズは、回収見込みのない伏線負債が溜まりすぎたせいで、作者に負担が掛かりすぎて大爆発してしまったので、続刊できなくなったのではないかな・・・なんて思ったりしています。

話は戻りまして、アニメ版DVD。
第1期の0〜7巻については、申し分なく大人気だったと記憶しています。
京都アニメーションが全力で作り上げたこのアニメは、本編のみならず、オープニングやエンディングについても非常によくできており、アニメーション作成陣が作品と真正面から向き合い、全力で作り上げたことがわかります。このことで、人気が出たのではないかと思っています。エンディングのダンス(非CG)にも人気が集まりました。2006年のことです。

その後、京都アニメーションとしては「らき☆すた」がありました。こちらも大人気でしたっけ。

それから2009年に、アニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」の再放送が行われるらしいという情報が流れ始めたものの、放送スケジュールが明確にされないよくわからない状態がありました。なんだろうこれは?と思って再放送を観ていたら、第1期には含まれていなかったエピソード「笹の葉ラプソディ」が放送されて、これは単なる再放送ではなく、第2期の要素も入っているのだと理解され、再び注目されたと記憶しています。

続きを読む
posted by ayacy at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ