2017年01月20日

フリーソフト収録雑誌とエロコンテンツの相性を考える

以前、フリーソフトの雑誌収録が多かった時代、収録誌は大きく4つに分類できたと思う。

1.純粋なPC雑誌。技術情報やDOS/Vパーツ情報も扱う。
2.面白コンテンツを扱う雑誌。不条理ムービーなども一緒に収録。
3.悪用厳禁を前面に押し出すタイプの、ちょっと悪びれた風を装う雑誌。
4.エロコンテンツを一緒に扱う雑誌。

1〜3あたりは、なんとなく制作事情が分かるような気もするわけなんだが、4のエロコンテンツが、どうしてフリーソフトやシェアウェア等と共に収録されることになったのか、少し不思議に感じた。

まぁ、これが、大学生になったばかりの多感な時期の自分に、十分なエロコンテンツを提供してくれていたから、自分にとっては非常に意義のあることだったのは事実だが、一般論としてはどう結びつくのか。

ちなみにこれらの雑誌では、いわゆる着エロ的なコンテンツだったり、アイドルの紹介写真や紹介ムービーも載せつつ、裸女性の写真やムービーを100枚くらい載せていた感じ。

当時の付録メディアはCD-ROMが一般的だったので、さほど画質は良くなかったかもしれない。

また、当時はOSにフォトビュアーのような写真を次々に閲覧するソフトが標準で付いていたわけではなかったためか、専用のフォトビュアーを無料で付属する雑誌もあった。

考えてみると、世の中の様々なメディアはエロと共に進化したと言われており、VHSにしてもPC98にしても、エロコンテンツがその発展に一定割合で貢献したことは間違いない。

なので、フリーソフト付属雑誌がエロコンテンツの効果に期待していたとしても不思議ではない。

もう一つ、袋とじの代替という手段として、というのもあったかもしれない。
エロ本の袋とじ部分は青少年の憧れの的だったわけだが、効率よく隠し、かつ、確実に読者に購入してもらうには、やはり袋とじなんかにするよりは、CD-ROM付属にした方が良かったのだろう。

袋とじだと、やり方によっては上や下から覗くことができてしまう。青少年に立ち読みを許してしまうことは良くないし、立ち読みだけで雑誌が買われないと、売上につながらない。

CD-ROM付属なら、中身を見るには、雑誌を買って帰り、自宅のPCにCD-ROMを挿入しないといけない。フリーライドは防げるわけだ。

今は、フリーソフト配布もエロコンテンツも、ネット配信がメインになって、誰もが、青少年であっても入手しやすい状況になっている。

当時を考えると、フリーソフトもエロコンテンツも、青少年に入手しづらい状況は、一種のノスタルジーを感じさせてくれる事だったなと思えてくる。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月17日

「コピペテキスト修飾除去 ver.1.50.06」公開に関する詳細

コピペテキスト修飾除去 ver.1.50.06」を公開しました。
ダウンロードはトップページからどうぞ。

更新内容は、先日の「改行コード変換」「NumLockLock」更新のときと同じ、環境情報の表示(CCPU)を簡易版に変更したことの他に、「設定」ダイアログの名称を「設定 - コピペテキスト修飾除去」にしたことと、「クリップボード内のテキスト属性を除去する機能を実行するボタン」(フローティング実行ボタン)上でも、マウス中ボタンクリック(※)によるクリップボードを空にする操作等ができるようにしたことです。

(※)中ボタン…マウスホイールを押し込むような操作

元々、フローティング実行ボタン上で右クリックをした際に表示されるコンテキストメニューに、各操作に対するショートカット操作(中ボタンクリック等)の説明が表示されていることに違和感を持ったのが始まりです。

delattr_shortcut.jpg

これらのショートカット操作は、通知領域内のアイコンに対して操作する場合に有効となるものとして記載をしたのですが、通知領域内のアイコンと同様の機能を持つフローティング実行ボタン上でこれらの操作ができないことに違和感を感じました。

いくら、使いまわしのコンテキストメニューとはいえ、実行できない機能が表示されている状態というのは気持ち悪い。
というわけで、タスクトレイアイコンの操作と同様の働きを、フローティング実行ボタンに対しても持たせることにしました。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月15日

「改行コード変換 ver.1.23.02」「NumLockLock ver.1.40.03」更新に関する詳細

改行コード変換 ver.1.23.02」「NumLockLock ver.1.40.03」を公開しました。

トップページからどうぞ。

以前、「バージョン情報」ダイアログのライブラリを独立・簡易化させたい構想という記事で、環境情報の表示(CCPU)の簡易版を作って搭載するという話を書いたことがありましたが、それを実現させたバージョンとなります。

lcl_ccpu.jpg

「バージョン情報」ダイアログについては、現状維持となっています。
変わっているのは、「環境情報の表示」ボタンを押下したときに表示される、環境情報の表示(簡易版)ダイアログです。

これまでは、メモ帳などのtxtファイルが関連付けられたエディタ等が開き、環境情報を表示するようになっていましたが、今回は単純にメッセージボックス(MessageBox)での表示としています。

ライブラリ中の「環境情報の表示」(CCPU)に関連するプログラムもスクラッチから書き直し、表示する内容は、利用者が環境情報を報告する際に必要と思われる情報に絞り込んでいます。
これにより、出自に事情のあるソースコードは存在しなくなりました。

表示している項目は、次の項目です。

[Windows情報]
  • プラットフォームID(Windows NT系かどうか)
  • バージョン番号(メジャー、マイナー、ビルド)
  • サービスパック番号
  • x64, x86, WOW64 のいずれの環境で実行されているかの情報
  • プロダクトタイプ(クライアントOSか、サーバOSか)
  • プロダクト情報、SuiteMask(エディションなどを示す数値情報)
  • セーフモード中か否か
  • 地域情報
  • リモート接続中か

[UAC情報]
  • UACが有効になっているか等

[画面情報]
  • スクリーンサイズ
  • マルチスクリーンの場合は各スクリーンの情報

[その他]
  • 現在の日付時刻

[ソフトウェア情報]
  • 試用しているソフトウェア名とバージョン情報、アーキテクチャタイプ等

CPUの名称や周波数、機能フラグ、メモリのサイズ、ディスクドライブ情報などがわかっても、ツールや利用者が抱える問題の解決に役立つことはあまりなかったため、これらの調査は削除しました。

その他、今となってはあまり関係ないことですが、「環境情報の表示」ライブラリとして、Windows 9xには対応していません。
また、Unicode文字列を扱うプログラムにのみ対応しています。
先日、すっきり!! デフラグと、いじくるつくーるを適用対象外にしていた理由はここにあったりします)←よく考えたら、呼び出し元プログラムと文字列のやりとりをしていなければ問題ないし、やりとりをしていたとしても適切な文字コード変換を入れてやればよかった。今回の場合は後者なので、後で文字コード変換を入れるかどうかは要検討。

このように様々なプログラムのダウンサイジングを試みたことで、プログラムファイル(exe)にしたときのサイズとしては100KB程度、小さくなっています。
バージョンアップによりプログラムファイル(exe)のサイズが小さくなるのは、久しぶりのことかも知れません。

アーカイブファイルのサイズも小さくなっていますので、気になる方はソフトウェアアーカイブのページでご確認をいただければと思います。


続きを読む
posted by ayacy at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト