2017年01月14日

しつこいと思われようとも、無給でも、何度でも繰り返し説明しないと中傷が残る

つい先日、僕に直接対面で、例のウイルスバスターに関する誤検知騒動を、「怪しいものを作っているあなたが悪いのでしょう」と決めつけて話してくる人がいまして。
結局、あの騒動って、表面上は解決しているように見えても、他の人々の心の中ではまだ全然解決していないんだなということがわかって、愕然としたことがあります。

ネット誌の編集部の方からも言われているのですが、結局、この問題を曲解して受け取った人があと、どれほどいるか分からず、その人たちの中傷をやめさせていくには、文字通り一生かけて説明して回るしかないだろう、と。
もちろん、そんな説明に給料が支払われることはないので、僕にとっては完全に損だけど。でも説明をしなければ、中傷が残ってしまう。

少し具体的に書くと、「いじくるつくーる」等が、そもそもレジストリを操作する「怪しい」ソフトだから誤検知されるのは当たり前、という勘違い。

そもそも、例の誤検知のきっかけは、ファイルの中身を見ないで行われた「バグ」でしかないので、ソフトの中身がどうかというのは一切関係が無かったことが分かっている。
また、その後、1年半に渡って続いた「連続誤検知」に至っては、全く関係ない。

このことは、これまで何度も言ってきているし、トレンドマイクロ社のサイトにも書かれている。

ただ、そういう、中傷を目的とした人は、中傷して気持ちよくなることが目的なので、正しい情報を得ようとは思っていないだろうし、うちのサイトも見ないし、トレンドマイクロのサイトも見ない。
で、その人の中傷を聞いた人が、誤った情報を真実だと勘違いして受け止めてしまう。

自分が悪いわけではないのに、「それらしい勘違い」で中傷されるとか、もう勘弁して欲しいものです。
それらしい勘違いを堂々と発信するのとか、ほんとやめて欲しい。

繰り返しになりますが、それに対しての説明するのは一生モノであり、苦労に対して対価が支払われることはない。これが給料なら、とんだブラック企業なわけで。
でも、発信していかなければ中傷が残るだけだから、発信しないといけない。

しつこいと思われようとも、何度でも。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月12日

「バージョン情報」ダイアログのライブラリを独立・簡易化させたい構想

現在、各ソフトウェアで表示している「バージョン情報」ダイアログは、共有ライブラリとして実装しています。
バージョン情報からは、必ず、環境情報の表示(CCPU)が呼び出せるようになっており、作者へ環境情報を報告するために利用できるようになっています。

ただ、CCPUには、現在となっては不要なコードが非常に多く含まれています。
CPU種別(8086と80186を判別するための)コードとか。
CPUの機能フラグを判別するコードとか。

.NET Frameworkのバージョン情報とか、リムーバブルメディアのドライブの状況とか。

現在、当サイトのソフトウェアを使っていて、CPUの細かい判別ができたからとか、.NET Frameworkのバージョン情報がわかったらとか、リムーバブルメディアのドライブ状況がわかったらとかで、作者が利用者PCの状況をより正確に把握できて、それが問題解決に結びつくかというと、そんなことはほとんどありません。

おそらく、今となっては、環境情報の表示(CCPU)で調査している情報のうち、Windowsのバージョン情報とIEのバージョン情報と、Comctl32.dllのバージョン情報と、モニタ(ディスプレイ)の情報と、リモート接続中かどうかと、UACの状態くらいしか役に立っていないんじゃないかと思うんです。

また、環境情報の表示(CCPU)の中には、非開示を条件に他者から利用させてもらっているコードも含まれているので、ソース公開上の課題にもなっています。

それから、今となってはほとんど使われていない、ASCII版(Unicode版ではない)のコードというのもあります。
ASCII版のコードは、Windows 9xシリーズとWindows NTシリーズで同一のコードで動かしたい場合に使っていたのですが、現在はWindows NTシリーズでしか動作させることが無いため、Unicode版のコードしか使われていないのが実情です。

というわけで、機能を絞り込んで「CCPU Lite」とでも言えるバージョンの「環境情報の表示(簡易版)」を作成し、それを「バージョン情報」ダイアログ表示用のライブラリとしてパッケージしなおそうかと考えています。
おそらくそうすれば、プログラムファイルのサイズも少しはスリムになるでしょうし。作者が、CPUの機能フラグの情報をアップデートする手間から解放されるってのも、非常に大きい利点になりますし。

現在、環境情報の表示(CCPU)を利用しているソフトウェアのうち、「いじくるつくーる」と「すっきり!! デフラグ」を除くソフトウェアについては、徐々に簡易版のライブラリに差し替えていきたいと考えています。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月05日

キーボードシミュレータ.NET v1.42/コピペテキスト修飾除去 v1.50.05更新について詳細

キーボードシミュレータ.NET ver.1.42」「コピペテキスト修飾除去 ver.1.50.05」2本の更新を行いましたので、その詳細について。

ダウンロードは、トップページから。

去年の9月頃、48x48等の大きいサイズのアイコンを準備するブームが作者の中に訪れていました。その際、いくつかのソフトウェアについては、16x16のアイコンも準備しました。

ところが、その際の準備方法が良くなかったようで、いくつかのシーンで、32x32のアイコンではなく、16x16のアイコンが優先的に採用される状態になってしまっていました。具体的にはAlt+TABによるタスク切り替えで表示されるアイコンが、32x32のものではなく、16x16のアイコンを拡大表示したものになっている等。

というわけで、32x32のアイコンの優先順位を高めたバージョンを作成しました。

なお、同じような問題が「NumLockLock」でも発生するのですが、発現の仕方に緊急性がないことと、そもそも修正作業が追いつかなかったため(本日は作者が眠くなってきてしまったため)また後日に行います。


posted by ayacy at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト