2018年10月07日

「コピペテキスト修飾除去 ver.1.53.01」「NumLockLock ver.1.40.04」更新の詳細

昨日付で、「コピペテキスト修飾除去 ver.1.53.01」「NumLockLock ver.1.40.04」の更新を行いました。

ダウンロードはトップページからどうぞ。

主な更新ポイントとしては、「コピペテキスト修飾除去 ver.1.53.01」には、「CSV/TSV」という新しいメニューを設けました。
この中で「縦横入換え」「数値を N 倍にする」という機能を追加しています。

コピーされた文字列がCSVまたはTSVの表である場合に、効果を発揮します。
「縦横入換え」は、列と行の関係を入れ替えます。
「数値を N 倍にする」は、表内の各要素が数値の場合に、その数値に指定された数をかけ算して、各要素に入れ直します。


どちらも、作者が急遽必要になって追加した機能を、一般公開したものとなります。
今のところ、カンマとタブはどちらも区切り文字とみなすような動きをします。編集の結果生成される表では、カンマかタブかで多かった方を採用します。
ダブルコーテーションでの囲いには対応していません。

カンマ・タブを明確に分けられるようにしたり、ダブルコーテーションでの囲いに対応したりするかどうかは、今後(作者の中での)需要が沸いたら対応、という感じですね。
表内の要素を数値とみなすかどうかの判定とか、「N倍」する数値を入力した場合のエラー判定とかも、非常に単純なものになっています。まぁ、作者が困らない程度で。実装の面倒くささと作者の実用を考慮した感じです

(少し前に、完璧主義を求めて、フリーソフトにエラー判定の完璧さを要求してきたユーザーさんがいらっしゃったのですが、今ではそういう要求には無言で無視ということにさせていただきたいと思います)

なお、これらの機能は、タブ、カンマ、改行を区切り文字としてみなし、特殊な扱いをします。
そのため、タブの除去や置換、改行の除去や変換、カンマの置換などと共に本機能を使うと、予期しない結果を招くことがありますのでご注意下さい。

ついでで、設定ダイアログ、バージョン情報ダイアログを開いたとき、タスクバーにボタンが表示されるように修正しました。


NumLockLock ver.1.40.04」の方は、上記と同様にタスクバーにボタンが表示される修正のみです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2018年07月29日

最近再び、連続誤検知について書いたページのアクセス数が伸びていて

ほぼ一ヶ月ぶりの更新になります。
本業の方の忙しさが凄まじいことになっていましたが、ようやく落ち着いてきました。


Twitter上の情報を調べてみると、

  • 最近、NHKがニセ佐川急便のWebサイトに関する注意喚起をした。
  • ところがその注意喚起の方法が中途半端。
  • その中途半端なアドバイスをしたのが、トレンドマイクロ社だった。
  • トレンドマイクロ社は過去にこんなこと(連続誤検知の件)をしたことがあると紹介をするインフルエンサーが数名いた。

という流れで、当サイトへの人の流入があったみたいです。

実はこれと同じようなことが過去にもありました。
たしか、Coinhiveの件で逮捕者が出たときでして、

  • 警察に中途半端な知識を提供して逮捕者が出た。
  • その中途半端なアドバイスをしたのが、トレンドマイクロ社だった。
  • トレンドマイクロ社は過去にこんなこと(連続誤検知の件)をしたことがあると紹介をするインフルエンサーが数名いた。

という流れだったようでした。

その時は、「やっぱり一定数の人にとって、連続誤検知の件は、記憶に深く刻み込まれる事件だったんだなぁ」と思ったもんでしたが、今回もアクセス数が増えていることをみると、トレンドマイクロ社関連の事柄が発生すると、都度思い出されるような存在になったんだなぁ、と。

来年4月から当サイトは更なる縮小体勢に入るため、さくらインターネットのレンタルサーバほプランを格下げし、容量を減らして、フリーソフトの配布以外のコンテンツは徐々に消滅させていこうかと思っていたのですが、定期的に思い出してもらえるのであれば、各ページのURLは維持しておいたほうが良いような気がしてきました。


posted by ayacy at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2018年05月02日

CaptureSaveAs ver.1.16更新内容について

昨日は、「CaptureSaveAs」をver.1.16に更新しました。

ダウンロードはトップページから。

今回は、ユーザーからのアイディア提供で、ファイル名修正は行わないものの、保存したことをサムネイル付きで示す機能だけは残すというモードを追加しました。
設定ダイアログの「ファイル名修正を省略する」というチェックボックスから選択できるモードです。

casaveas_ss_01_v116.png

元々このツールは、作者が一般的なキャプチャツールを使っているときに「キャプチャの都度ファイル名を修正できればいいのに」という思いから作ったソフトなのですが、「キャプチャ都度ファイル名の修正はいらないが、保存したことが視覚的に分かるようにしてほしい」という要望をいただき、なるほどたしかに自分にとってもそういうものも必要になるなと思いまして、機能追加しました。

このチェックをONにすると、通常は

 「@サムネイル+ファイル名の編集」→A保存ボタン押下→「Bサムネイル+保存完了」
casaveas_ss_01_v116_1.jpg
casaveas_ss_01_v116_2.jpg


となるところを、いきなり

 「Bサムネイル+保存完了」
casaveas_ss_01_v116_2.jpg


が表示されるようになります。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト