2017年01月12日

「バージョン情報」ダイアログのライブラリを独立・簡易化させたい構想

現在、各ソフトウェアで表示している「バージョン情報」ダイアログは、共有ライブラリとして実装しています。
バージョン情報からは、必ず、環境情報の表示(CCPU)が呼び出せるようになっており、作者へ環境情報を報告するために利用できるようになっています。

ただ、CCPUには、現在となっては不要なコードが非常に多く含まれています。
CPU種別(8086と80186を判別するための)コードとか。
CPUの機能フラグを判別するコードとか。

.NET Frameworkのバージョン情報とか、リムーバブルメディアのドライブの状況とか。

現在、当サイトのソフトウェアを使っていて、CPUの細かい判別ができたからとか、.NET Frameworkのバージョン情報がわかったらとか、リムーバブルメディアのドライブ状況がわかったらとかで、作者が利用者PCの状況をより正確に把握できて、それが問題解決に結びつくかというと、そんなことはほとんどありません。

おそらく、今となっては、環境情報の表示(CCPU)で調査している情報のうち、Windowsのバージョン情報とIEのバージョン情報と、Comctl32.dllのバージョン情報と、モニタ(ディスプレイ)の情報と、リモート接続中かどうかと、UACの状態くらいしか役に立っていないんじゃないかと思うんです。

また、環境情報の表示(CCPU)の中には、非開示を条件に他者から利用させてもらっているコードも含まれているので、ソース公開上の課題にもなっています。

それから、今となってはほとんど使われていない、ASCII版(Unicode版ではない)のコードというのもあります。
ASCII版のコードは、Windows 9xシリーズとWindows NTシリーズで同一のコードで動かしたい場合に使っていたのですが、現在はWindows NTシリーズでしか動作させることが無いため、Unicode版のコードしか使われていないのが実情です。

というわけで、機能を絞り込んで「CCPU Lite」とでも言えるバージョンの「環境情報の表示(簡易版)」を作成し、それを「バージョン情報」ダイアログ表示用のライブラリとしてパッケージしなおそうかと考えています。
おそらくそうすれば、プログラムファイルのサイズも少しはスリムになるでしょうし。作者が、CPUの機能フラグの情報をアップデートする手間から解放されるってのも、非常に大きい利点になりますし。

現在、環境情報の表示(CCPU)を利用しているソフトウェアのうち、「いじくるつくーる」と「すっきり!! デフラグ」を除くソフトウェアについては、徐々に簡易版のライブラリに差し替えていきたいと考えています。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月05日

キーボードシミュレータ.NET v1.42/コピペテキスト修飾除去 v1.50.05更新について詳細

キーボードシミュレータ.NET ver.1.42」「コピペテキスト修飾除去 ver.1.50.05」2本の更新を行いましたので、その詳細について。

ダウンロードは、トップページから。

去年の9月頃、48x48等の大きいサイズのアイコンを準備するブームが作者の中に訪れていました。その際、いくつかのソフトウェアについては、16x16のアイコンも準備しました。

ところが、その際の準備方法が良くなかったようで、いくつかのシーンで、32x32のアイコンではなく、16x16のアイコンが優先的に採用される状態になってしまっていました。具体的にはAlt+TABによるタスク切り替えで表示されるアイコンが、32x32のものではなく、16x16のアイコンを拡大表示したものになっている等。

というわけで、32x32のアイコンの優先順位を高めたバージョンを作成しました。

なお、同じような問題が「NumLockLock」でも発生するのですが、発現の仕方に緊急性がないことと、そもそも修正作業が追いつかなかったため(本日は作者が眠くなってきてしまったため)また後日に行います。


posted by ayacy at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト

2017年01月02日

「NumLockLock ver.1.40.02」更新に関する詳細

去年12/31に、「NumLockLock ver.1.40.02」を公開したのですが、それについて詳細をまだ書いていませんでしたので、ここで書いておきたいと思います。

Windows 10 に Anniversary Update を適用すると、[OS設定]「ログイン時にNumLockキーをONにする」設定は利用できなくなるという情報がありました。これまでは、おそらくこれは、Windows 10 Anniversary Updateのバグまたは仕様と考えられるということで、サイト上にて案内をさせてもらっていました。その後、いくつかのサイトから情報を得ていたのですが、どうも総合すると、このレジストリ設定は公式なものではなくて、今まで設定できていたのも偶然で、実は設定できないのが当たり前なんじゃないかと思うようになって来ました。

おそらく、「Windows終了時にレジストリの値が上書きされる」ようになっているため、いくら、NumLocKLockなどの他のプログラムが設定したとしても、終了時に値が上書きされて無効になる・・・という動作をするのが普通みたいですね。

Anniversary Updateでは、この動きがログオン画面に対しても実施されるようになったため、レジストリの書き戻しのようなものが起きるようになったのでしょう。となると、NumLockLockがいくら、レジストリの設定値を工夫しようとしても駄目なわけですね。

ただ、問題は起きていないとする声も届いているため、必ずしも上記のような動作が起きてしまうわけではないようです。
ここらへん、ユーザー毎に寄せられている声が異なっており、何を信じて仕様を決めてコーディングしたら良いのか、よくわからない状態となっています。

一番確実なのは、上記の参考サイトの1つにも書かれていますが、Wordをインストールし、Windows終了時に起動するVBスクリプトを定義しておき、・・・みたいな方法しかないのかも知れません。となると、NumLockLockでそれを真似るのは難しそうですね。

というわけで、上手くいかないとするユーザーの環境があることを踏まえ、これを設定しても上手くいかない可能性があることを説明し、作者に問合せをしても無駄であることも明記するというのがよさそうかなと思い、今回のような実装になりました。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フリーソフト