2020年07月15日

25年ぶりに読むことになった「ソフィーの世界」。気づけば内容をあまり覚えていない

先日、Twitter上で、「ソフィーの世界」のことが話題になっていて、ちょっと思い出すことがありました。

この本は、いわゆる「哲学史」を学ぶ超入門書なのですが、一見するとファンタジー小説の形を採っており、哲学史そのものに興味がわかなかったり、哲学史に難解さを覚えて放り出したくなっても、ファンタジー小説として「先が気になる」ことから、読者を前に進ませることができるという、なかなか優れた作りをしている本になっています。

私は、この本を高校生の頃に買ってもらい、読んだのですが、そもそも当時は「哲学史」の本だと思って読んではいなかった気がします。
今でいうところの「ハリーポッター」シリーズのような、面白い小説として読んだ気がします。
大枠として、ソフィーが謎の手紙を受け取るところ、哲学者と出会うところ、途中に大どんでん返しがあって、もう一人の主人公が出てきて、…。

「哲学」が何で「哲学史」で何が学べるかは、大学に入学して、一般教養として「哲学」を学んだときに初めて理解した気がします。
ああ、あのファンタジー小説は、哲学の歴史を古い順に辿っていたんだな、と。


で、先日、Twitter上で話題になった時に、内容を思い出してみようとしたところ、大枠としてのストーリー(ソフィーが謎の手紙を受け取るところ、哲学者と出会うところ、途中に大どんでん返しがあって、もう一人の主人公が出てきて、…)ばかりが思い出され、哲学史そのものが思い出せないことに気づきました。

あ、こりゃヤバイ、と思って、Amazonで中古品を見つけて買うことにしました。

202007_sofi.jpg

「1円+送料」で買えるものですね。多少…というか、けっこうボロボロなのですが、内容的には何ら問題はないので。本の中に書き込みがあったりするわけでもないし。

リモートワークの空き時間で、少しずつ読み直そうかと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年05月13日

固定資産税の用紙は先に届きやがる/コンビニで見つけたドラえもんの本

大型連休中あけで、市から封筒が届きました。
いよいよ10万円が手元に来るのか?と思ったら、固定資産税を入金させるための通知でした。

10万円はすべて、この固定資産税に投入されますね。
しかも足りないし!
ってか、まだ10万円は届いていないし!

できれば、このクソみたいに高い金額はクレジットカード払いにして、せめてクレジットカード払いで得られるポイントの還元を得たいところですが、それはなかなかできない話。

ただ、

  • nanacoにクレジットチャージできるようにクレジットカードを紐づけ
  • 税金をnanacoで支払う
  • 上記を4期分くりかえす(一度に全部払ってしまうと、クレジットチャージの上限に引っかかってしまうので、何日かに分けなければならない)

って感じにして、実質的にクレジットカード払いを行い、クレジットカードのポイント還元を得る作戦で行くことにしました。
これを詳しく書いておくと、クレジットカードのステマ比較サイトのみたいになっちゃうので、これくらいに留めておきます

詳細を知りたい方は、クレジットカードのステマ比較サイトでも見てください。
おそらく大金を投入してSEO対策してるんでしょうから、検索すればすぐにヒットしますから。
最後に青汁を飲みそうな勢いで文章が綴られていますが、まぁ、ウソは書いていないですから。

というわけで、固定資産税の支払いの期数分(4回)、繰り返しコンビニに訪れているわけですが、訪れるとポイント還元分以上に他の品物に目が向いてしまうわけで、まぁこれがコンビニ業界の策略なんだろうなぁと思わなくもないんですが、ふと、本棚に目を向けると、こんなのが売っていたので、つい買ってしまいました。

202005_dora.jpeg

ドラえもん公式調査ファイル てんコミ探偵団 ドラえもんのひみつ37個を徹底調査!!

なんとなく、「空想科学読本」っぽいことが書いてありそうな感じですが、公式がこれをやっているというのが優れているところか。小学館が編集して、藤子プロが監修しているとのことなので。

「ドラえもんはどこまで脱げるのか?」とか「スネ夫はしずかちゃんにプレゼントするときもケチ。犬から奪ったネックレスをプレゼント」とか「のび太のままはドラえもん相手にも横暴」とか、けっこうおもしろい。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2020年03月29日

リモートワークで電車に乗ることは無くなったけど「掟上今日子の設計図」到着

202003_sekkeizu.jpg

「掟上今日子の設計図」届きました。
リモートワークをしている日ばかりで、電車に乗ることもないので、なかなか読む時間の確保・・・というか、習慣を掴むことはできないのですが、まぁ、時間の確保自体は難しいことではないので、読めました。

ちょっとなんかこう、それでいいんだー・・・って感じではありましたね。

あとがきによると、少なくともあと2作は題名が決まっているようで。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |