2020年03月28日

オセロって日本人が考えたゲームなんだそうですね

昨日、Raspberry Piに入っているオセロ(Flippy)という話を書いたのですが、何やら聞いた話によると、オセロって日本人が考案したゲームらしいですね。

奥さんに「碁」を教えようとしたのだが、難しかったので、より簡単にできる「オセロ」のルールを開発して教えたのだとか。

それが巡り巡って、FlippyとしてRaspberry Piに入って遊べるというのは、なんだか逆輸入みたいで、感慨深いものがありますね。

202003rspi_flippy.jpg

そういえば、Raspbianのデスクトップ上でスクリーンショットをどう取得したらよいか、よくわかっていなかったのですが、どうやらscrotというアプリケーションをインストールしていると、Print Screenキーの押下で、ホームディレクトリ配下にpngファイルが保存できるという仕掛けになっているらしいですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2020年03月11日

大切な言葉はゲーム音楽で知った

「次回の会議は3月11日ですね」というだけで、「あー。3.11ですねー。」という声が方々から聞こえてきたりします。そんな3月11日です。

「人生で大切なことはゲームで教わった」、という言葉を聞くことは、(多少の誇張はあれど)けっこう聞きます。ゲームセンターCXとかで。

最近、映画の宣伝を聞いていて思い出したのですが、「遠雷」(えんらい・・・遠くの方で鳴っている雷のこと)とか「萌道」(ほうどう・・・草木が芽吹くこと、物事の起こる兆候が表れること)とかは、ゲーム音楽で知った言葉でした。

そういえば、中学校の時の国語の先生が「最近の生徒はすごい。洞窟防御などの難しい言葉をよく知ってる」って言っていたのを聞いたのですが、たぶん、それはゲームの影響ですね。

(僕ら世代から見てさらに)昔の小学生も、やたらと「」という字を書けていて、先生が感心していた時期があったという話を聞いたことがあります。アニメ「鉄腕アトム」の影響ですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2020年02月19日

マリオ3 5-塔の厚いブロックの向こうの1UPキノコの上にさらに1UPキノコがあっただと!

昭和後期〜平成初期の据え置き型ゲームの話でちょっと懐かしくなったつながりで。

まさしく昭和から平成に切り替わるタイミングで発売され、遊ぶことになったゲームで「スーパーマリオブラザーズ3」がありました。
その中のコース 5-塔 で厚いブロックの向こう側には何があるんだろう?と30年くらい知りたくて、バーチャルコンソールを使ってようやく知ることができたという話を、昔ブログで書きました。

でも実は最近知ったのですが、この1UPキノコが出てくるブロックの上部(見えないところ)には、さらに隠れた1UPキノコが存在するとのこと。ファミコン版でもスーパーファミコン版(マリオコレクション)でも、どちらでも出てくるそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=86A7pVynZeQ


全然気づいていませんでした。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム