2018年04月15日

6千万年経っても使えるデバイスとは… - イース8 (PS Vita) が終わった

イース8 (PS VIta)をプレイしていたわけですが、昨日、無事に終わりました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

攻略サイトは見ずに進めましたが、ゲームの進め方によって3種類のエンディング(真・ノーマル・バッド)が存在するとのことでした。ネタバレを防ぎつつ、ざっくり書くと、

真:女神が出てきて事情を説明してもらえ、彼女に再会できる
ノーマル:女神が出てきて事情を説明してもらえるが彼女には再会できない
バッド:真相は分からないまま

とのことで、今回観たのは「真」のエンディングだったようで。
ただ、ちょっと頑張って進めれば「真」のエンディングを観るのはさほど難しくなく、むしろ観るのが難しいエンディングは「バッド」なのだとか。普通逆だろ的な感じがしなくもないですが、昨今のゲームゆとり事情を考えれば、当然っちゃー当然ですね。

ゲームテンポの良さと、プレイしていて得られる爽快感は、やっぱり積み重ねのあるゲームシリーズでした。
前半は、怪物に襲われて乗船していた船が破壊され、無人島に辿り着いて、そこから脱出するためにひたすらがんばる話。
脱出するには、島の中央にそびえ立つ大きな山を越えないと進めないことがわかる。
後半は、島の中央を越えたところで、どうやらその島にはすげぇ秘密が眠っていることが分かり、その秘密を明らかにしたり、世界を救うために頑張ってみたりする話。

まさか無人島から脱出するだけかと思っていたら、世界レベル・人類全体レベルの危機に見舞われて、それを救うって話までエスカレーションしてしまうとは…、このゲームに一つ苦言を呈するならば、話のエスカレーションの仕方がデカすぎて、親近感がわきづらかったところでしょうかね。

物語の後半で、色んなことが立て続けに起きるくらいは、良かったんですけどね。
<以下、ネタバレあり>




続きを読む
posted by ayacy at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2018年03月24日

イース8 (PS Vita) を始めてみた

最近、電車の中で、ゲーム画面とかスマホ画面を凝視していると気持ち悪くなってしまうこともあり、移動中はRadikoでラジオを聞くようになりまして。

情報のインプットは、幅広く得られるようになりました。
少なくともTwitterからニュースを拾うよりは、偏りの少ない得られ方になったかな、と。

ただ、ラジオの聴取で、ゲームをプレイしたい心が癒えるわけではない。
インプットの種類は狭めたくないもんですからね。

移動中は難しいですが、自宅に居るときに小さなタイミングを狙ってプレイすることにしました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

イース VII 〜 ラクモリサ・オブ・ダーナ

イースを始めてプレイしたのは、小学校の時だったか…。
当時PC88としても機能する「PC98DO」というPCを持っていて、PC88のゲームを遊んでいました。
その時に、イース1,2,3をプレイしたことがあります。

その後、SFC版のイース4とか、Windows版のイース エターナルとか、バーチャルコンソールでPCエンジン版のYs I・IIとか、いくつかプレイしましたが、色々飛んでイース8をプレイすることになりました。

主人公のアドルは、ずっと若いですね(笑)。
たぶん、僕が始めてイースをプレイしたときは、僕の年齢はアドルの年齢の半分だった気がしますが、今は僕の年齢がアドルの年齢の2倍を越えているような気がします。

チビチビ進めて、つい先ほど、イヤミったらしい貴族の男を仲間に加えたところ。

やっぱりイースは、戦闘がスイスイ進めるが良いですね。
気づくと死にそうになっていますけど。
今後もチビチビ進めていきたいです。

そういえば、PSPでファイナルファンタジーのリメイク版が出ていたんですよね。
実は、ファイナルファンタジーの1,2,3って、ストーリーはだいたい知っているものの、自分自身ではまだ未プレイなので、余裕があればやってみたい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年11月07日

マリオオデッセイをクリア・・・したはずだが、終わる気配がない

昨日、スーパーマリオマリオオデッセイをクリアしました。なかなか楽しめました。
細かなアクションもよいですが、映像がキレイですね。さすがに最新のハードウェアは違いますね。

mrooclr_s.jpg

で、月でクッパを倒した・・・わけなのですが、

エンディングが終わると、普通に新しいステージ「キノコ王国」が現れて、ピーチ姫がいなくなった(実際には鞄に荷物を詰めて出かけていった)とか言っているし、新しい要素は色々出てくるし、全然終わる気配がありません。

そういえば、スーパーマリオ3Dランドの時みたいに、エンディングを観ても、それまでにクリアしてきたステージと同じかそれ以上のステージが待ち受けているとかいうパターンもありましたっけ。今回も似たようなことがあるかも知れません。

昔のゲームと異なり、最近では、ゲーム内容を高難易度にしすぎると、初心者ユーザーが付いてこられなくてそっぽを向かれてしまうことも多いためか、とりあえずエンディングを観るところまでは、低難易度で歓迎してくれることが多いようです。特にマリオは。

エンディングを観た後は、もう歓迎はしねぇぞ!とばかりに、高難易度のゲームを吹っ掛けてくるわけです。つまり、ここからが本番とも言える。

もう一つ。昔はセーブの概念がなかったため、ステージ1-1を始めとして、なんども同じステージにチャレンジすることが多かったのですが、最近ではセーブの概念が発達し、一度クリアしたステージにもう一度挑戦することをしなくなりました。

今回は箱庭で遊びまくれるということで、同じ場所を何度も走り回れるということで、古い記憶が少し蘇ったような気がします。
昔はこうやって、同じ場所を何度も繰り返し通って、ゲームを遊んだよなぁ、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム