2019年04月26日

ゲームボーイ30周年だそうで


発売開始した当時は、携帯型ゲーム機で遊ぶ友人を羨ましいと思いつつも、あまり興味はないフリをして過ごしていた気がします。
テレビCMなどでは、「スーパーマリオランド」が宣伝されていたのが、とても魅力的に見えていました。
横スクロールのシューティング風のコースとか、なんだかとっても楽しそうだったのを覚えています。

その後、携帯型ゲーム機を購入したのは、社会人になった後、当時超品薄だった「Nintendo DS」が目の前で入荷され、その場で購入を即決したときでした。

ほぼ同時期に購入したのは「スターフォックス コマンド」「スーパーマリオ64DS」「マリオカートDS」のあたりだったかな。
Nintendo DSでは、GBAのゲームも遊ぶことができましたのでVBAのドンキーコングやMOTHER 3でも遊びました。
201904_GBA_mother3.jpg
そういえば、まだクリアしていないな、MOTHER 3。

その後、Nintendo 3DSのバーチャルコンソールで、ゲームボーイ・ゲームボーイカラーのタイトルが遊べるようになって、「スーパーマリオランド」や「ゼルダの伝説 夢を見る島」などで遊ぶことができました。何年越しだっただろう。

これが小学生当時に遊べてたら、夢中になりすぎて布団の中とかにも持ち込んで遊んでいたろうなぁ。んで、怒られまくっていたろうなぁ…。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2019年04月09日

「ヨッシークラフトワールド」を買った話。着実に「かわいい」路線シリーズ化していっているな

ヨッシー クラフトワールド」を購入しました。

201904_yosi.jpg

前作の、毛糸のヨッシー(僕が遊んだのは3DS版の「ポチと! ヨッシー ウールワールド」の方)もそうでしたけど、最近のリアルタイムCGってすげぇなぁと感心させられます。
ヨッシー自身といい、段ボールなど構成物といい、質感の描写が、すごい。

ゲームの内容については、まだ冒頭しか遊べていないのでわかりませんが、マリオシリーズと比較して、1つのコースが非常に濃厚に作られているように感じました。ポチを探すコースを除けば、時間制限がないこともあって、1つのコースを「捜し物をしながら非常に時間を掛けて探索する」ようになっているし、そもそもコース自体も長いし。

ヨッシーのアクションゲームのシリーズは、DS版(ヨッシーアイランドDS)にしても3DS(ヨッシーNewアイランド)にしても、見た目のかわいさとは裏腹に、終盤はかなり難易度の高いアクションゲームと化すのが恒例となっているので、そうなってきたときが楽しみだったりもします。


ところで、「ポチと! ヨッシー ウールワールド」については、画像の質感がすごかったことと、BGMが印象深かったことは記憶に残っているのですが、肝心のアクションが楽しかったかどうかの記憶が、あんまり残っていないんですよね…。記憶に残っていないということは…察し…って感じだったのかも。今回の「ヨッシー クラフトワールド」が、アクション敵にも楽しい作品であることを祈りつつ、今後もゲームを進めていきたいと思います。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2019年04月08日

純正品のSwitch用ハンドルが高すぎるので


ブックオフで中古で購入したものですが、特に問題なく使えています。

で、その後、4歳の息子も同じく興味を持ち始めました。
しかしながら、なかなか中古のSwitch用ハンドルなんて入荷(?)されるはずもなく…。
かといって、純正品を買うのは高い…。

ってか、純正品のハンドルって、どうしてあんなに高いんだろう?
まぁ、痒いところに手が届くような操作のしやすさとかがあるのかもしれません。
よくわからないけど。

と、そんなときに、GEOで499円(税抜き価格)で、Switch用ハンドルが売っているのを見まして。
とりあえず即購入してきました。

switch_handle_201903.jpg

左側の方が新しく買ってきたモノ。

前回のは右側。HORI製。Nintendoのライセンス製品です。
対して、左側の方は、Anserという、あまり聞いたことのないメーカー製のもの。ライセンス製品では無さそうです。

でも、きちんと使えそうなので、まぁいいかな、と。
HORIのハンドルよりは軽いのですが、持ち手がゴム製になっていないため、手汗をかいてきたときに持ちづらくなるかもしれません。

そのうち、使ってみた感想も書いてみたいと思います。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム