2016年11月21日

スーパーマリオメーカー for 3DSを予約してきた


多分本来、このソフトは、Nintendo 3DSのユーザー・インタフェースにこそ親和性が高いはずのソフトなんですよね。
だからきっと、最初は3DS用に開発をしようとしていたんじゃないかと勝手に考えています。

ただ、Wii Uのためのキラーコンテンツも開発しなければならない思いから、最初はWii U向けに作ったんじゃないかと思っています。勝手に。
まぁ、Wii Uのゲームパッドがあるとか、通信・共有機能のおかげで、Wii Uにとっても親和性の高いソフトだったかもしれません。

でもたぶん、3DSにこそ合っているソフトなはず。

というわけで、購入します。
予約してきました。とはいって、お店で予約してきたのではなく、ダウンロード予約で。

mario_maker_3ds.JPG

ゲーム屋でもコンビニでもなく、3DS上で予約をしたのは初めてですね。
12月1日が配信開始ですが、説明書を見てワクワクすることはできます。

IMG_1446.JPG

いやぁ、ワクワクしますね。
マッハライダーレッキングクルーを思い出しますね。ステージエディット機能。

Wii Uで作られた人気コースの配信もあるそうで、そっちも大いに楽しみです。
末永く遊べるゲームになりそう。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年11月20日

クロノ・クロスの進み具合…たぶん終盤に近づいてきた?

昨日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

もうインフルエンザは流行の時期に入ってきてしまったとのことで、ちょっと遅かった感じもします。
ただ、ここ1ヶ月ほど、2度にわたって風邪をひいてしまいまして、ようやく体調回復してインフルエンザの予防接種にこぎ着けた感じです。

高校生になったあたりから、つい最近まで、あまり風邪をひいてこなかったので、自分の体は強くなったんだと誤解しておりました。
周りに風邪を引く人がいれば、容赦なく風邪は感染するのです。強い弱いは、あまり関係ない。
うがいによる予防効果もたかが知れていると、先日のテレビ番組で放送されていましたし。イソジンうがいは逆効果だと述べているサイトもありましたし。周りに風邪をひいた人がいないこと(自分が風邪を引いたら周りにうつさないようにすること)こそが、大事ですね。

さて、そんな風邪でなかなか進めることの出来なかった「クロノ・クロス」(PS Vitaでプレイ)ですが、ようやく進めることができるようになりました。

IMG_1447.JPG

なにやら六龍の祈りを集めろとかいう話になって、世界二つを股に掛けて、あちこち回りました。途中、亜人達の住んでいたという島を救済しつつ。
で、古龍の砦にリベンジするところです。なんだか終盤的なムードが漂っているので、終盤に近いんじゃないかと勝手に解釈しています。

早く終わらせて、「うたわれるもの」(PS Vita)2つも終わらせて、「スーパーマリオメーカー for 3DS」と「ポチと! ヨッシー ウールワールド」(3DS)も終わらせて、来年3月16日に控えるゲーム(PS Vita)をプレイするのです。


posted by ayacy at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2016年10月31日

クロノ・クロスは、中盤くらいまで進んだのかな?

最近、サボリ気味になっていた、PSVitaでプレイしている「クロノ・クロス」ですが、たぶん中盤くらいまで進んだのかな?って感じです。

先週、少し余裕ができたので、まとめて進めました。まぁ、この週末は風邪をひいてしまい、再び進めなくなってしまったんですけどね。風邪が治りきるまでは、またしばらくお預けで。
11月に買いたかったPSVitaのゲームの発売日が延期になったという情報もありましたし、遠慮なくのんびりペースで進めたいと思います。

IMG_1251.JPG
(C)SQUARE ENIX

攻略サイトをちょっとだけ見ながらプレイしているので、チャート番号的に、それくらいの進捗度かな、と予想。
今まで敵(ボス級)だった人達ばっかりがパーティーを構成しています。仲間になる人数がやたらと多い、クロノ・クロスならではの状況と言えるでしょうかね。

攻略サイトは、主にダンジョン等のマップを参考にしています。昨日も書いたとおり、マップを見ながら、敵と遭遇して戦って、またマップを見ながら移動して・・・を繰り返していると、普通に10分とか20分とか経過してしまって、スクリーンセーバーやスリープ状態に入ってしまうのが面倒。

かといって、スクリーンセーバーやスリープ設定を、このときだけ解除するのもまた、面倒。
そんなお悩みの解消に、マウスふるふるを使っています。開発した当時は、ゲームのプレイの傍らで使う事になるとは思いも寄らなかったですけどね。意外とこんな時に役立つんですね。

現在の状況としては、世界に何匹か存在している龍を探してこいみたいなことを言われて、探しに行くところです。
あれ、龍の数え方って、匹でいいんでしたっけ? それとも大型だから何頭と数えるのがいいのかな?それとも神さま的存在だから何柱がいいのかな?


posted by ayacy at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム