2019年05月09日

3DSがそろそろ終演しそうな気がするんだが、バーチャルコンソールは今後の遊べるのかな?

しばらく前から、任天堂が直接商品情報を伝えてくれる「Nintendo Direct」で、Nintendo 3DSの新商品を伝えてくれなくなった気がします。伝えてくれるのは、Nintendo Switchの情報ばかり。

もちろん、Nintendo 3DSのeShopを除けば、各メーカーがゴールデンウィーク特売フェアをやっているところが見えますので、完全に死んでいるわけではないことはわかるのですが…。

しかし、任天堂自身が情報をプッシュしていないこととか、Nintendo Switchがポータブル可能なスタイルも提供していることなどを踏まえると、Nintendo 3DSは、そろそろ終わってしまうのかな?と考えてしまいます。

そういえば、SONYのPS Vitaもそろそろ終了しそうな感じですし。

そうなると気になるのは、バーチャルコンソールで展開している古いゲームソフト達です。
これらは今後、どうなるのか。
購入済みの商品は、今後も遊べるのか? 本来を買い換えた後も、再ダウンロードできるのか?
未購入の商品も、今後は購入し続けることができるのか?

プラットフォーム問題は、なかなか深刻です。
201905_3dsfc_donaru.jpg
▲古いゲームは今後も遊べるか?再ダウンロードできるか?新しく購入することはできるか?


以前、音楽配信サービスの質の向上が、既存の音楽違法配信ソフト群を駆逐した(or 弱体化させた)、という話が出たかと思います。
レトロゲームについても同じで、任天堂のバーチャルコンソールや、SONYのゲームアーカイブスのサービスが、主にPC上で出回っていた違法ROMを駆逐した(or 弱体化させた)と思います。

が、最近、音楽配信サービスや電子書籍サービスにおいて、配信元会社の経営不調であるとか、アーティストがコカインに手を出したとかで、簡単に配信停止になるという様を目の当たりにし、こういったサービスの欠点が見えてきてしまったな、という気もしています。

もし、任天堂のバーチャルコンソールや、SONYのゲームアーカイブスのサービスが停止してしまうとなったとき、「やっぱりこうなると、違法ROMを手元に置いておくのが確実だな」という言説に力を与えてしまわないか、心配です。

Nintendoの次世代サービスの、Nintendo Switchでレトロゲームを遊ぶには、オンラインサービスの加入(月々料金の支払いが必要)とのことなので、ちょっと手を出しづらい。なるべくなら、このまま「レトロゲームを遊びたい場合は、3DSを使う」という状態を維持したい。できれば、eShopについても、このまま購入できる状態を保ったもらえたら…うれしい。

とはいえ、サービスの維持にはコストが掛かるのは当然なわけで、廃れたサービスは停止するのが当然なわけで、今後どうなっていくかは非常に気にしています。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2019年05月08日

「ポチと! ヨッシー ウールワールド」をやり直す時間を確保したい

4月上旬に、「ヨッシークラフトワールド」(Nintendo Switch)を購入しまして、その際、前作(3DS版)について『「ポチと! ヨッシー ウールワールド」については、画像の質感がすごかったことと、BGMが印象深かったことは記憶に残っているのですが、肝心のアクションが楽しかったかどうかの記憶が、あんまり残っていない』というようなことを書きまして。

少し前に、3DSを久々に起動する機会に恵まれたので、「ポチと! ヨッシー ウールワールド」のクリア状態を確認してみたところ、いちおうラスボスは倒しているものの、各コースのフラワーはほとんど取得しておらず、各ワールドのSステージは1つもオープンしていない状態となっていました。

どうやら、そもそもアクションを楽しめるような遊び方をしていなかったし、真に面白いコースには辿り付いてすらいないことが発覚しました。

やり直ししたい…!

とりあえず、ステージ1のフラワーを全て取得することにしました。
フラワーの取得はやり込み要素の1つであり、つまり、昨今の「ゆとり」ゲーム世代にとって無視可能な要素となっています。
やる必要がない。
なので、ほとんど取得できていなかった。
ゆとり世代か?俺は? 違う!

とはいえ、フラワーの位置を探索するのは非常に困難。
ビーズはたくさん溜まっていましたので、ビーズを消費して、隠し要素を表示できるモードにしました。

が、画面内に隠し要素の位置が表示できるところまで行かないと、そもそも、隠し要素は表示されません。
仕方ないので、屈辱的ではありますが、隠し要素をポチが知らせてくれる「パタパタモード」を行使することにしました。

このモードでは、Aボタンを押しっぱなしにすることで、ヨッシーの「踏ん張り」が可能になります。
(通常モードでは、Aボタンを一定間隔で押し離ししないと、ヨッシーの踏ん張りが続かない)

それと共に、お供の「コポチ」が3匹現れ、

  1. コポチをいつでも投げられる。毛糸玉(他のシリーズでは「卵」)の取得が不要になる
  2. コポチをウールにぶつけると、ウールを改修できる
  3. 隠し要素の場所を教えてくれる
  4. 隠し要素が画面外にある場合や隠蔽されている場合は、その方向を教えてくれる
  5. 一部の敵を自動的に捕縛してくれる

等々、便利な機能が色々付いてきます。
上記のうち、僕が欲しいのは、3番目と4番目の機能。ありがとう、コポチ。

というわけで、ステージ1の全てのコースのフラワーを集め、ステージ1の隠しコースを出せました。

201905_yoshi_woly.jpg
▲「1-S よるのビーチはキケンがいっぱい

プレイするにあたっては、パタパタモードはオフで。

やってみると、ヨッシー クラフトワールドのシークレットアイランドでも存在していた、ひたすら踏ん張り飛びを頑張るコースが登場しました。

これだよ、これだよ。やりたかったのは。

というわけで、「ポチと! ヨッシー ウールワールド」をやり直す時間を確保したいです。
久々に3DSを持ち歩こうかなぁ。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2019年04月27日

平成のゲームの第一位は「クロノトリガー」だそうで


クロノトリガーの情報は、当時、ドラゴンボールを読むために購入していた、週刊少年ジャンプで得ていました。
当時は、絶対に交わることはないだろうと思われていたスクウェアのファイナルファンタジーと、エニックスのドラクエが混じったものになるんじゃないか、みたいな、妙な観測も出ていまして。

たしか、シナリオは坂口博信さんが書いて、絵は鳥山明さんが描いて、…みたいな感じでしたからね。
(ドラクエの堀井雄二さんや、ジャンプ編集の鳥嶋和彦も、いくらか関わっていましたっけ)

当時は、まさか、スクウェアとエニックスが合併するなんて誰も思っていなかったものですから、ゲーム製作に関わる人がドラクエの人とファイナルファンタジーの人だということで、そりゃもう、非常にワクワクしていました。

で、購入して、一通り遊び尽くして思ったこととしては、このゲームは、ドラクエとファイナルファンタジーが合わさったものだから魅力的だったのではなく、このゲーム単体で魅力的だったんだろうな、ということ。

(とはいえ、ドラクエ+FFになるんじゃないかという憶測がなかったとしたら、このゲームを購入したかどうかはわかりません)

主人公達が世界を救えないと、未来が崩壊する様を描いていたのは非常にショックでしたが、感銘を受けた部分でもあります。
当初目的としていた魔王を倒すことが最終目的でなく、むしろ魔王を仲間に加えて、真の敵を倒しに行くというストーリーも、とてもビックリしました。
BGMが非常に魅力的だったことも抜かせません。

それぞれのゲームの、個々の部分部分で語るなら、それぞれに非常に魅力的なところもありますが、ゲームを総合評価で語るなら、このゲームが一位というのは、確かに納得です。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム