2018年03月24日

イース8 (PS Vita) を始めてみた

最近、電車の中で、ゲーム画面とかスマホ画面を凝視していると気持ち悪くなってしまうこともあり、移動中はRadikoでラジオを聞くようになりまして。

情報のインプットは、幅広く得られるようになりました。
少なくともTwitterからニュースを拾うよりは、偏りの少ない得られ方になったかな、と。

ただ、ラジオの聴取で、ゲームをプレイしたい心が癒えるわけではない。
インプットの種類は狭めたくないもんですからね。

移動中は難しいですが、自宅に居るときに小さなタイミングを狙ってプレイすることにしました。

6F6D7CB7-D298-4FDE-A339-067F99812CF1.jpeg

イース VII 〜 ラクモリサ・オブ・ダーナ

イースを始めてプレイしたのは、小学校の時だったか…。
当時PC88としても機能する「PC98DO」というPCを持っていて、PC88のゲームを遊んでいました。
その時に、イース1,2,3をプレイしたことがあります。

その後、SFC版のイース4とか、Windows版のイース エターナルとか、バーチャルコンソールでPCエンジン版のYs I・IIとか、いくつかプレイしましたが、色々飛んでイース8をプレイすることになりました。

主人公のアドルは、ずっと若いですね(笑)。
たぶん、僕が始めてイースをプレイしたときは、僕の年齢はアドルの年齢の半分だった気がしますが、今は僕の年齢がアドルの年齢の2倍を越えているような気がします。

チビチビ進めて、つい先ほど、イヤミったらしい貴族の男を仲間に加えたところ。

やっぱりイースは、戦闘がスイスイ進めるが良いですね。
気づくと死にそうになっていますけど。
今後もチビチビ進めていきたいです。

そういえば、PSPでファイナルファンタジーのリメイク版が出ていたんですよね。
実は、ファイナルファンタジーの1,2,3って、ストーリーはだいたい知っているものの、自分自身ではまだ未プレイなので、余裕があればやってみたい。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年11月07日

マリオオデッセイをクリア・・・したはずだが、終わる気配がない

昨日、スーパーマリオマリオオデッセイをクリアしました。なかなか楽しめました。
細かなアクションもよいですが、映像がキレイですね。さすがに最新のハードウェアは違いますね。

mrooclr_s.jpg

で、月でクッパを倒した・・・わけなのですが、

エンディングが終わると、普通に新しいステージ「キノコ王国」が現れて、ピーチ姫がいなくなった(実際には鞄に荷物を詰めて出かけていった)とか言っているし、新しい要素は色々出てくるし、全然終わる気配がありません。

そういえば、スーパーマリオ3Dランドの時みたいに、エンディングを観ても、それまでにクリアしてきたステージと同じかそれ以上のステージが待ち受けているとかいうパターンもありましたっけ。今回も似たようなことがあるかも知れません。

昔のゲームと異なり、最近では、ゲーム内容を高難易度にしすぎると、初心者ユーザーが付いてこられなくてそっぽを向かれてしまうことも多いためか、とりあえずエンディングを観るところまでは、低難易度で歓迎してくれることが多いようです。特にマリオは。

エンディングを観た後は、もう歓迎はしねぇぞ!とばかりに、高難易度のゲームを吹っ掛けてくるわけです。つまり、ここからが本番とも言える。

もう一つ。昔はセーブの概念がなかったため、ステージ1-1を始めとして、なんども同じステージにチャレンジすることが多かったのですが、最近ではセーブの概念が発達し、一度クリアしたステージにもう一度挑戦することをしなくなりました。

今回は箱庭で遊びまくれるということで、同じ場所を何度も走り回れるということで、古い記憶が少し蘇ったような気がします。
昔はこうやって、同じ場所を何度も繰り返し通って、ゲームを遊んだよなぁ、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2017年10月30日

スーパーマリオオデッセイを少し遅れてプレイ中…意外とムズイ

Nintendo Switch用の新作ゲーム「スーパーマリオオデッセイ」をプレイ中です。
A1A1E2C6-95AD-4A51-9372-498B7E16B34D.jpeg

佐川急便への再配達指定に失敗して、到着が、発売日翌日である土曜日になってしまいまして、一日遅れでプレイしています。
映像が非常にキレイ。任天堂の作品って、だいたい3DS/2DSでプレイしているもんで、あまり綺麗な映像に会うことはないのですが、さすがにNintendo Switchだとキレイですね。

とりあえず、宣伝映像等でも散々使われている、八頭身の人間達が登場するビルだらけの国くらいまでは進めておきたいなぁと思って、進めました。

77AC01DD-0D63-4927-9F26-165CC07B4278.jpeg

八頭身の人間達が登場するのは、ニュードンク・シティという場所。
ゲーム序盤…というほど始めの方ではありませんが、プレイ開始から1日程度で辿り着けなくもない場所です。

信号機のところに「?」がありますが、いわゆる普通の「はてなブロック」なので、下から叩くとコインが出ます。

このあたりでは、すでにアクションには慣れてきているという難易度設定なのか、けっこう難しいです。
特に、地下発電所では30回くらい奈落の底に落ちてしまい、その都度リトライすることになりました。
特に、回転する足場がツライ。
それなりの忍耐力は必要なので、やはり、ゆとりゲーマーにはツライのかもしれない…。我々のようなおっさんゲーマー向けなのかもしれない。

ちなみに、回転力が落ちてきたあたりで、回転の速度が遅くなるので、そのタイミングで一気に駆け抜けるという方法でクリアしましたが・・・この方法で合っていましたかね・・・?

そうして超苦労してクリアしたステージのあと、ご褒美とばかりに、ライブが開催されます。
歌手は、ニュードンク・シティの市長が御自ら努めます。
なかなか演出が凝っており、非常に気分を高揚させられます(実はこれ自体が単一のステージ)。

このニュードンク・シティの市長は「ポリーン」さんだそうですが、どうやら、別のゲーム「ドンキーコング」で救出される「レディ」と同一人物らしいとのこと。なるほど、ニュードンク・シティの「ドンク」は、「ドンキーコング」に由来しているんでしょうかね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム