2014年08月15日

エロと二次創作と初音ミクとクールジャパン

日本が強みとするマンガやアニメの文化を海外に発信するクールジャパンの話で景気が良さそうだなぁと思っている矢先、スタジオジブリが制作部門を解体するとかいう話も聞こえてきて、景気が良いのか悪いのか、よくわからんなぁといったところです。

マンガといえば、期待されているのは別に、スタジオジブリ作品だけではなく、もうまもなく開催されるコミックマーケットのような自主制作のマンガ作品が持り上がる場も挙げられています。
去年の夏のコミックマーケットの際も、民放のテレビ局のカメラが入って、50万人以上の人が押し寄せたことなどをインタビュアーの人が紹介していました。画面の右上には「マンガ大好き!コミックマーケット開催!」みたいな文字が出ていて、日本人はマンガが好きなんだなぁってことを思い起こさせてくれました。

が、僕の知っているコミケって(というか僕が過去にサークル参加者として参加していた頃ですけど)、視界の7割くらいはエロで埋まっていたと思うんですけどね。ところにより10割くらい。それらを避けて、明るく朗らかなコミケの様子を撮影するのは、さぞ骨の折れることだったろうなぁと、テレビ局スタッフの方の労をねぎらいたいところです。

だいたい、そんな感じで、サブカルチャーってのは、あくまでサブ的な位置付けに徹したいところがあります。あまりその作品を持って太陽の下を堂々と歩くのは避けたいような感じの。
(そこらへん、B級グルメがB級だからといって堂々としていないかと言えばそうでもないところと比較すると、ちょっと違うかもしれません)

「電車男」の中で紹介されているような、あんな世界です。それを10倍に濃縮した感じの。
自分たちはそれを楽しいと思って、お祭りを楽しんではいるのだけれど、どこか後ろめたさと、メインやメジャーではないから応援しがいがあるんだと思っている部分と、だけれどもそれが、対象物への興味を増大させているというような感じの。

特定の分野への特異な興味と執着。それが文化を濃縮させ発展したもの。それが日本のサブカルチャーとしてのアニメであってマンガであって、ゲームである。そういってできあがったアニメでありマンガでありゲームであったり、それを生み出している場(フィールド)ってのはとてもすごいものであって、経済の目で見ればものすごく回転率の良い経済活動の場であって、政治家的観点からすれば世界に向けて発信したいなぁと思うくらいレベルの高い物。

特定の分野への特異な興味と執着をする人を「オタク」と呼んだりしますけど、「電車男」の中で紹介されているように、根暗な印象があって、コミュニケーションに不都合があったりするわけだけど、そういった人達が作品を買ったり読んだり、作ったり売ったりするパワーは凄まじく、そんな作品なりフィールドってのもまた凄まじいものです。そりゃ、クールジャパンと名付けて輸出もしたくなるってくらいのすさまじさ。

ですが、人の部分が据え置かれている感じですね。
「オタク」な人達のことが。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2014年01月29日

コミティア107【ぬ07a】 神緒のべるず 漫画版 第二話

2014年2月2日のコミティア107にて、神緒のべるず 漫画版 第二話が頒布されますので、お知らせいたします。
サークルスペースは【ぬ07a】だそうです。

詳細は、Yuzu R.にて。

今回は巫女さんキャラの「」が初登場する回ですね。
ストーリーについては、たしか当時、プロットを考えながら居眠りをしたときに観た夢(どこかの工場を歩き回る)をヒントに、あれこれ肉付けして、悪役を作って、後は当初の予定通り、巫女さんを登場させたような感じで作ったんだったと思います。

悪役のモチーフというか、セリフとか色々想像するときに考えていたのは、USJのターミネーター2:3Dで登場する綾小路麗華さんだったりするのですが、セリフを脳内で再生するときは、そんな感じの声を想像してもらえたら良いかと思います。

posted by ayacy at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ

2014年01月25日

神緒のべるず(漫画版)がニコニコ静画で公開されたそうです

柚河早希さんのところで描いていただいている、神緒のべるずのコミカライズ版第1話について、ニコニコ静画での公開が始まったそうですので、お知らせいたします。
去年のコミティア公開版より、少し手を入れているんだとか。

やっぱり、自分の書いた文章が漫画化されるって、なんだか良いもんですね。

また、2014年2月2日のコミティアにて、第2話が頒布されるそうですので、そちらもご報告します。
posted by ayacy at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ