2017年09月01日

自作のホームカメラ(Raspberry Pi)にマイクを付けて音声認識をさせたくて

子ども(2歳と4歳)が寝室で目覚めたとき、すぐに迎えに行かないと泣き出してしまうという問題があります。
親が先に起床して朝の準備をし、子どもが後から起きてくる場合、上記問題が生じるため、迎えに行くまでのラグをなるべく少なくするため、寝室にホームカメラを設置しています。

最近までは市販のホームカメラを使用していましたが、映像をインターネットに飛ばしてしまうため、いざという時にセキュリティ的にアレな感じがするという問題がありました。
(映像をインターネットで飛ばして大陸の方のサーバに送信し、それをiPhoneアプリから視聴するタイプ)

また、そのホームカメラが起動するのに10分くらいかかってしまうようになり、使い物にならなくなってしまいまして。
Raspberry Pi 3 model Bと、赤外線カメラモジュールと、赤外線LED投光器を用いて、自作のホームカメラを作成しました。

とりあえず、買った物を並べておきます。



続きを読む
posted by ayacy at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年04月25日

大切な写真を、そこそこ、ある程度、保持しておくにはどうするのがベストか

大切な写真を、そこそこ、ある程度、保持しておくにはどうするのがベストか。
「そこそこ、ある程度」かつ「ベスト」ってあたりは、コストパフォーマンスを考慮に入れなければならないといったところでしょうか。

e・MMC(ストレージ)搭載の64GBのノートPCがありまして、ほとんどの領域をWindowsとプログラム群で占めてしまっており、ユーザーがマイピクチャに写真を入れられる余地はほとんどありません。そこへ、「Creators Update」が降ってこようとして、とうとうディスクがカツカツになった・・・そんな状態のご家庭の話です。

うちみたいに、メインPCの他に、1TB-RAID1-NAS, 2TB-RAID1-NAS, 3TB-RAID1(Raspberry Pi3接続)を備えて多重バックアップ体制を敷いているような状況ではなく。

普通に・・・リーズナブルに、写真のバックアップ・・・というか、ストレージがカツカツなので、メインPCにデータを置いておく余地はあまりないので、データ配置場所を考えなければならないわけですが、まぁ、普通に考えつくのは、外部HDDを配置することでしょうか。

USB接続のポータブルHDDならば、安価で、手軽に配置できます。

例えばこんな感じの。
IMG_2292.JPG

メリット・・・1TB程度なら1万円以下で手に入りますから、非常にリーズナブルです。
デメリット・・・落としたら簡単にぶっ壊れるであろうこと。落とさなくても、角を壁にぶつければぶっ壊れる可能性がありますし、何もしなくてもぶっ壊れる可能性があります。5〜10年もしたら、磁気が吹っ飛んでデータ消失してしまうかもしれません。

落としてぶっ壊れるのが怖いのであれば、SDカードのようなメディアに入れてしまうのが、結構有力な選択肢な気がします。

image.jpegimage/2013-07-04T23:21:46-1.jpg

大容量だったのでMicroSDカードの写真を出してしまいましたが、普通のSDカードでもいいし、フラッシュメモリでも良いかも知れません。フラッシュメモリも、落としたからと行って、そう簡単には壊れないと思いますので。

メリット・・・落としても壊れにくい。容量あたりの単価はHDDより高いとはいえ、最近はかなりリーズナブルになってきた。
デメリット・・・無くしやすい(落としたら壊れることよりも、紛失することの方が怖い)、フラッシュメモリなので書込限界がある。というか書き込まなくてもいずれ消失する。

書き込みすぎるとおかしくなるのは、ハードディスクも同じかも知れませんけどね。あれは書き込みすぎというよりは、熱くなっておかしくなるってところか。

メディアと言えば、光ディスクでもいいか。
image.jpeg

デメリット・・・ん〜、メンドイ。
これはいいや。

USB接続のポータブルHDDは怖いですが、まぁ、突然死対策を考えると、USB接続のRAIDのディスクとかでもいいかもしれませんね。
IMG_2447.JPG
上の写真は、NASですけどね。

メリット・・・HDDが複数入っているので、1つが壊れてもデータを救い出すことができる。
デメリット・・・やっぱり落としたら壊れる。お値段がお高い。

強者なら、RAIDのNASを自分で作れって話もありますけどね。今回は強者を対象にしていませんからね。
IMG_2444.JPG
(さほど安くなるわけでもないし)


物理的に落としたら怖い、無くしたら怖い・・・といったあたりを考えると、インターネットの向こう側にある無料のストレージを活用した方が良さそうです。

IMG_2121.PNG

一番右に、ちょっと違うのが混じっていますけど、まぁいいや。

Windows 10ならば、OneDriveが気軽に使えてよさそうです。現在は、無料で使用できる容量は5GBまで。
Androidスマホからならば、Googleフォトが気軽に使えそうです。無料で使用できる容量は15GBまで。圧縮を許せば無制限まで行けたかな。もちろん、iPhoneからでもGoogleフォトは利用可能です。

メリット・・・新たなデバイスを買う必要が無い。無料で使える容量がある。それ以上は月額費用が掛かるが、比較的リーズナブル。
デメリット・・・インターネットがないと繋がらない。パスワードを無くすと繋がらない。流失が心配。アカバンされたら全消失。

間違って公開設定になっていたら・・・、とか、アカバン(何かのきっかけでアカウントが消される)されたら・・・という、手元にデータが無いことによる不安は付きまといます。

色々選択肢はありますが、一長一短がありますね。
予算や目的に合わせて、じっくり検討したいところです。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年04月24日

Windows 10 Creators Update適用その後

Windows 10 Creators Updateを、自宅の3台のPCに適用し、数日経過しました。
サブPCとノートPCについては、ほぼ使用していないため、評価はできませんが、メインPCの方は結構使っていまして、大きなトラブルは発生していません。その反面、良くなったと思えることも、ないんですけどねw

小さなトラブルは発生しています。コマンドプロンプトの文字が、やたらと横長になることです。

cmd_yokonaga.jpg

タイトルバーをクリックし、「プロパティ」を少しいじると、通常通りの正体な文字になります。
ただ、コマンドプロンプトを立ち上げ直すと、また横長の文字に戻ってしまいます。
これは、Windows 10 Creators Updateのバグでしょうかね。実害はありませんので、放置しますけどね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC