2019年11月04日

「愛されるデバイスづくり」を意識するとき

大学に入学してすぐ(1999年)のとき、大学から、学生に1人1台、ノートPCが貸与されました。
東芝のDynabookでした。

1999年ごろなので、入っているOSは、Windows 98。
かなり不安定で、スリープしたら絶対に復帰しないし(電源を切るしかない)、スタートボタンを押すとKernel32.dllが何かを起こしてエラーが発生したというダイアログが出たっきり、ウンともスンとも言わなくなる現象が多発していました。

なので当時は、フリーズすることを揶揄して「カーネル32」と呼んでいたと記憶してします。
あるいは、不安定なPC環境そのものを指して「カーネル32」と呼んでいたんだったか。
とにかく、ロクなもんじゃなかったです。

ただ、同じ学部内の別の学科の学生だったと思いますが、貸与されたノートPCを毎日持ち歩き、休み時間等に慈しむように使っている様子をよく見ていました。その人の環境がどの程度不安定だったのかは分かりませんが、おそらく、初めてPCというものに触れて、その素晴らしさに感化されていたのでしょう。まさしく、「愛されるデバイス」だったんだろうなと思います。

その後、小型でも中型でも大型でも、デバイスに慈しむような感情を抱くには、どういうデバイスづくりが必要になるのか、ということが、ふとした拍子に頭に浮かぶようになりました。

ひと昔前なら、お気に入りのガラケーを手に入れたとき、最近ならスマホでもよいかもしれません。
スティック型のPCや、Raspberry Piのような小型のデバイス、あるいは、スマートウォッチとかもそうかもしれません。

この使っている一瞬一瞬を慈しむように過ごし、楽しみ、なにか感情のようなものを重ねてしまうようなデバイスっていうか、なんというか。

小学校の時に使う彫刻刀みたいな、ただ道具として使う、というわけではなくて、その道具そのものに愛情みたいなものを感じる、みたいな感じですかね。

(もちろん、彫刻刀を使うプロの作家の方は、彫刻刀に愛情を注ぐでしょうし、プロの料理人は包丁やフライパン等に愛情を注ぐかもしれないので、デバイスに限った話ではないかもしれません)

この考えを発展させて、愛されるプログラム作り、みたいなこともできますかね。
exeを起動する瞬間にいとおしさを感じてみたり、なんかこう、マウスを動かす一瞬一瞬を慈しむように過ごし、楽しみ、なにか感情のようなものを重ねてしまうような感じになるような。

デバイスづくりだと自分の領域にはなりませんが、プログラム作りなら自分の領域になるので、なんかそういう考えができればすごいものができそう、とか思ったりすることがあります。





posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年10月20日

PasocomMini PC-8001について触れていた記事を観て、そういえば自分がどこから来たんだっけと

10月17日のAKIBA PC Hotline!の「PC-8001全盛期を代表するプログラマ“芸夢狂人”氏、ツクモにゲームを持ち込んだ時の話など、当時を語る!」を読んでいた時、ふと、記憶を過去にさかのぼらせていました。

自分がパソコンのゲームを意識し始めたのはPC88で、本格的にやり始めたのはPC98だったので少し世代は離れるが、なかなか興味深い話でした。

自分の世代で例えるなら、きっと、PC98時代のフリーソフトゲームで知らぬ人はいないであろう「Bio_100%」のみなさんにインタビューしに行っている感じに捉えればいいのかな。
雑誌のパソコン雑誌「I/O」は、自分がPC98のゲームをよくプレイしていた時代にもあったので、よく覚えてる。確か、最初に遊んだのは、雑誌付録についてきた「おむすびころりん」という落ちゲーでした。

「I/O」の雑誌付録のフロッピーディスクに入っていたフリーソフトを見て、フリーソフト作りへの憧れみたいなのがなんとなく芽生えていた気がします。
ちなみに、自分のフリーソフトが最初に収録されたのは、インプレス社のDOS/V POWER REPORTでした。

記事にも書いてあるけど、PCソフト同士の横の繋がりって、基本的にはないですね。
学生時代にやらせてもらっていた「窓の杜」の取材で、「窓の手」の作者の猪川さんに会いに行ったことはあったけど、それから繋がりがあるわけでもなく。
長いつながりを持たせてもらっているのは、クロノス・クラウンの柳井さんくらいでしょうか。

フリーソフトの作者同士ではなく、同人ソフトの作者同士という括りにすると、もう少し濃くなるかもしれない。
同一サークル内のメンバーも作者同士といえば作者同士だし、サークルを跨いで飲み会とかも結構ありましたからね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年09月30日

久々に味わった、Excel保存中のフリーズ

Excel 97の頃とかは、作業中にフリーズしたり、異常終了したりすることが日常茶飯事的にあったので、こまめにCtrl+Sを押下して保存するというのもまた、日常茶飯事となった。

最近はExcelもだいぶ安定してきたので、フリーズや異常終了は少なくなったが、それでも稀にフリーズや異常終了は発生するので、依然としてCtrl+Sを頻繁に押下して保存するのは重要である。

一方で、NAS上のファイルを直接開いて作業をすることが多くなってきたり、扱うファイルのサイズが非常に大きくなっていたりして、こまめにCtrl+Sを押下していると中断時間が長くなってしまう問題も発生している。

保存に1分かかるので、1分に1回Ctrl+Sを押していたのでは、作業が全く進まないとか。

ただ、ファイルサイズが大きいとまた、フリーズも発生しやすくなる要素も増える気がする。
先日、ファイルの保存中にフリーズしてしまった。

幸い、最近の「上書き保存」は「保存前のファイルを退避し、新しいファイルを保存し、それが成功したら対比したファイルを消す」という仕掛けになっているようで、少なくとも保存前のファイルは残るのだが、そこまでの30分程度の作業が失われてしまった。

こまめな保存は大切だが、こまめすぎる保存は中断時間が長すぎてしまう。ただし、やっぱりこまめな保存は大切。
30分も前の状態に戻るのは勘弁。


posted by ayacy at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC