2017年11月20日

「何もしていないのにパソコンが動かなくなった」というのも信じてあげないといけないから

先週金曜日の夜、いつの間にかFirefoxが新しくなってマウスジェスチャが使えなくなったと思ったら、土曜日の朝にWindowsがFall Creators Updateに切り替わってた。何もしなくても、コンピュータは知らないうちに変わっていく。

itsunomani_ffcu.jpg

再起動したり電源を切ったりしているので、厳密には「何もしていない」わけではないけど、一般利用者がその行為を「何かした」と捉えるのは難しいだろう。

親戚のおじさんが「何もしていないのに動かなくなった」と言ったり、PC初心者が「何もしていないのに○○になった」と言ってくるのも、信じてあげないといけない。

フリーソフトのサポート宛に「あなたのソフトをインストールしただけなのに、こんなことが起きた。どうすればよいのか?元に戻して欲しい」みたいなのが来ることがたまにある。大抵は、ユーザーが気づかないところで何かをやらかしていることが多いわけだけど、自動アップデートが原因の場合、ユーザーは本当に何もしていないか、再起動や電源を切るなどの日常動作しかしていないことも考えられる。

なんかこう、「私がやりました」みたいな懺悔を、自動アップデートがやってくれないもんかな。
結果として、動かなくなる責任を、無関係のフリーソフトになすりつけてくることになりかねないので。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | PC

2017年11月10日

昨日のやじうまウォッチで気になった…今は酷い誤検知がシマンテックか

昨日のやじうまウィッチの記事で、非常に気になった記事がありました。


いちおう、トレンドマイクロの名前が出ていたので、気になって観ることにしました。

元の資料はこちらのPDFファイルです。Windows 10 Proの64bit版を2017年9月の状態で最新化して、デフォルト設定とした環境を準備し、全部のテストを行ったようです。環境を揃えて実施したということですね。

防御率が比較されている一方で、誤検知の件数も比較されており、第1位がSymantecで274件、第2位がTrendMicroで80件となっています。
トレンドマイクロのことが気になって見に来たのに、シマンテックの誤検知件数が群を抜いて高く、文字通り「桁が違う」件数になっていることに驚いてしまいました。
シマンテック、大丈夫なのか…。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2017年10月31日

一昨日まで気づいていなかった…ATOKインサイトがCPUを無駄に食ってた

一昨日、「ATOKオンメモリマネージャー(32bit)」というプロセスが、多くのCPUを食っている状況に気がつきました。

atok2016onmem_s.jpg

少し調べてみるとATOK2016のATOKインサイトという機能と、Firefoxの相性が悪いらしく、ATOK側もFirefox側も、無駄にCPUを食ってしまうんだとか。

ATOKインサイトは、ブラウザに表示されている文字列を一時的に学習結果として利用して、変換効率を上げる機能のなのだそうですが、ブラウザ上に表示されている文字列を読み出すために、多量のCPUを使ってしまうということなのでしょうか?

とりあえず、ネットで調べるとオフにすることを奨励されていましたので、オフにしてみました。
ATOKプロパティ(環境設定)の下記の画面から「一時文書学習候補を表示する」をオフに。

atok2016onmem1.png

自分の使っている環境では改善しました。

不思議なのは、一昨日まで全く気になっていなかった点。実は2016年からずっとこの現象が起きていたのかも知れない。気づかなかっただけで。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC