2019年02月02日

昔の漢字変換の「AI変換」って、今のAIとは違う意味だった気がする

先日、一太郎2019の案内の封筒が来たので、中身をまじまじと眺めていたときに、ふと思い出したこと。

昔(1990年代ごろ)の漢字変換の「AI変換」の「AI」って、今の「AI」とは違う意味で使われていたような気がする。

現在のAIは、たいていの場合は、ディープラーニング(深層学習)による多層ニューラルネットワークの機械学習によって作成されるブラックボックスのプログラム的なものを指しているかと思います。

それにインプット(音声や文字列指示とか、現在の映像、白黒画像など)を与えて、得られるアウトプット(音声解釈結果・文字列解釈結果に基づくプログラム実行、未来の映像予測、カラー画像予測など)が得られる、といった感じかと思います。

それに対して、昔(1990年代ごろ)の漢字変換の「AI」は、単に「利用者の変換傾向を学習した『学習辞書』よりも優先して得られる変換結果」という意味だったような気がします。

例えば、ユーザーが「きる」を「着る」と変換することが多い人だったとします。
この場合、「学習辞書」による優先変換では、どんな場合でも「きる」を「着る」に変換することを第一候補としようとします。
しかし、AI変換では「はさみできる」のような「はさみ」という単語が先行する場合、それを察知し、学習辞書による「着る」への変換はひとまず置いておいて、最優先して「はさみで切る」という変換候補を第一候補にします。


という感じで、AIという言葉を出したとき、それが意図する意味は、いつの時代なのか、何が行うものかによって変わってくるかと思います。

現在では、多くの場合でAIはディープラーニングとか多層ニューラルネットワークとかの活用を指しますが、メーカーによっては、膨大な「原因-結果リスト」だったり、「多要素から関係性を見つけ出すことに長けている」だったり、前述のような「漢字変換の最優先変換候補リスト」だったり、様々な意味で使われることがあります。

SFの世界だったり、小説の世界だったりでは、AIは、鉄腕アトムやドラえもんのような、人間的な思考のできるコンピュータを指す場合もあります。ただ、エンジニアリングの世界では、まだこれのことを指すのは難しいようです。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年10月30日

やっと使えた!Windowsでビデオカードドライバだけの再起動テクニック

先週末。
誤って、60個近いテキストファイルをサクラエディタにドロップしてしまって戸惑っていたところ、追い打ちを掛けるように、突然画面が小さく(640x480くらいのサイズに縮小)なり、その後、画面が真っ暗になってしまいました。

こりゃ、リセットしかないなぁ…と思いかけたのですが、以前に同じ現象にハマったとき「ビデオカードドライバだけの再起動をすれば、復活する可能性がある」というアドバイスを頂いていたことを思い出しました。


Windows 8/10のみで使えるテクニックとのことですが、PCは動作を続けているっぽいのに、画面だけが真っ暗になってしまった場合、「Windowsキー + Ctrl + Shift + B」と押すことで、ビデオカードドライバのみの再起動が行われます。

上記のキーをサッと押すと、「ポッ」って感じのビープ音が鳴り、2秒くらいで普通に復旧できました。
画面出力エラーの絡みかなにかでメールソフトだけ異常終了してしまっていましたが、それ以外のソフトは無事に生き残っていました。

ああ、助かった。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年10月20日

今度はlogicoolのマウスにしました

使用開始から1ヶ月半でぶっ壊れた、2代目elecomマウスの件ですが、新しいマウスを買うことにしました。
まぁ、状況から考えて、レシーバの故障のようですし、修理依頼に出せばどうにかなるのかもしれないとは思ったのですが、信頼を失ったメーカーのマウスを使い続けなければならない義理もないですし。

本当はマイクロソフト製のが良かったのですが、今は自分の気に入った機種が販売されていないようなので、仕方なく、今度はlogicool製で。

logi_mouse.jpg

今までのマウスと比べて、多少堅い感じがあり、クリック音もカチカチと気になるところはあるものの、まぁ、致命的にストレスを感じるようなこともないので、これでいいかなぁと。

あと、7ボタンもあるようなのですが、僕はそのうち3ボタンしか使わないし、勝手にブラウザが進む/戻るしてくれるのも困るので、Logicoolのユーティリティ系のソフトウェアを入れて使わないボタンを無効化する手順が必要ですかね。まあ、それは後ほど。


posted by ayacy at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC