2018年03月23日

3年前に購入したスティック型PCがお亡くなりになりかけている?

3年ちょっと前の話になりますが、当時話題になったStick型PCを購入して喜んでいました。
買ってしばらくの間は、持ち歩いて色んな人に見せびらかしたりしていました。

その後は、リモートデスクトップ接続するのに苦労したり、Windows 10を入れるのに苦労したり、技術的になかなか楽しいPCでした。
が、その後はWindows Updateの時くらいしか繋ぐことがなくなりまして。
ここ最近、Windows Updateしようとすると、起動するのに1時間くらいかかるようになりました。

画面は真っ暗。
でも、1時間待てば起動します。中で何が行われているのか分かりませんけどね。
その後も、起動しっぱなしにしていると、画面真っ黒でいつの間にかフリーズしていたりします。

まぁ、3年も経てば、経年劣化としては十分な期間が経過したとも言えます。
いちおうサブPCとしての役割を与えていたため、メインPCがお亡くなりになったときは、すぐに使えないと意味がありません。
ただ、メインPCが元気に動き続けているため(最近たまに、20秒くらい画面が真っ黒になることがありますが、すぐに戻ってきます)、サブPCの活躍の場がありませんでした。
そういった意味で、活躍の場を与えられなかったのは、申し訳なかったなという気がしないこともない。

今では、電子工作用に購入して、結局常時起動サーバ用途(家庭内サービス提供)に転用したRaspberry Piの方が信頼できるし、使い道も多いし、安いから故障時にすぐ交換できるってのもあって重宝しちゃっている感じ。

そもそも、サブPCの役割って何だろう?
昔は、Visual Studioをがっつりフリーソフトの開発をしていましたので、サブマシンはVisual Studioが使えなければなりません。
サイト更新やメール送受信などもしていました。

ただ、今は、そんなにがっつりVisual Studioを使っているわけでもありませんし、サイトの更新が頻繁でもありません。
ブログの更新やメール送受信程度であれば、スマホやタブレットで十分。
Raspberry PiへSSH接続するためのターミナルとしての役割ですら、スマホやタブレットで十分です。

ちょっと凝ったコトしたいときには、Linux Mintを入れ直した旧SONYのVAIO type Pでも十分だったりするわけで。
自身の行動様式の変化から、サブPCとして期待される役割も変化してきました。

どちらかというと重要なのは、家族写真を格納したNASの方だったりもする気がするし。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年03月05日

久々にDOS/V POWER REPORTを買ってみたり

子供が「おともだち」の今月号が欲しいと言ったため、本屋に行くことになりました。
そこで、Twitter上で宣伝されていて気になっていたDOS/V POWER REPORTを見付けまして、かなり久々に購入してみることにしました。

65EE6358-AD44-4575-932E-679FEF8B0C6B.jpeg

なかなかレトロでノスタルジックな表紙な2018年4月号のDOS/V POWER REPORT。
(2018年3月号の、DOS/V関係なさそうな表紙の号も気になっていましたが、先月は本屋に行きませんでしたので、購入することはありませんでした。が、気になってきたなぁ)

中には、各世代をドンピシャに狙ったであろう記事がけっこうあります。
ファミコンのゲームなんかは、今でもバーチャルコンソールでも遊べますから、当時の追体験もしやすい。
スターソルジャーに上がっているボスの写真は、、、2周目以降のやつじゃんw

ソーサリアンとかハイドライドとかも、懐かしい。
プリンセスメーカーとか、自分ではプレイしていませんでしたが、話題になっているゲームも、あったよなぁ。

菅野ひろゆき氏のPC98ののサウンドノベル(アダルト系)等、PC98がエロゲーム機として重要な地位にいたことも載せられています。

写真を見ているだけで、なんだかうれしくなってくる記事がたくさんありました。
この雑誌を買った人は、電子書籍版を無料でダウンロードできるそうですが、これは紙で保管しておかないといけない号ですね。

最近は、特にIT系の情報はネットメディアで入手する機会の方が多くなりまして、というかIT系なのに紙メディアで配布なんて、むしろ異端?な感じがしてきている。そんな時代です。

昔は、パソコン雑誌の付録メディアが、フリーソフトやデバイスドライバを入手するための重要なインフラだったんですけどね。
インターネットの普及で、わざわざネットからダウンロードできるモノを付属メディアから入手する必要がなくなりましたから。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年02月25日

Windows 10の通知領域アイコンのカスタマイズ方法のUIが変わってた

先日、コピペテキスト修飾除去の最新版を公開したわけですが、これに関連して、通知領域アイコンのカスタマイズをする必要が出てきました。

そのため、以前に自分で作成した手順書に基づいてカスタマイズしようかと思ったら…なんだか画面が変わっていて、目的の設定に辿り着けなくなっていました。

itsunomanika_win10ui_change.jpg

以前、「今後、マイクロソフト社が出すWindowsは、Windows 10のまま変わらないから、設定方法は変わらなくなり保守の手間が減る」みたいなことを言っておられた方がいましたけど、Windows 10のマイナーアップデートで時計領域に秒を表示するプログラムが使えなくなる事件のあたりから、その主張が怪しく思えてきていました。

で、マイナーアップデートでガラリと変わる設定画面。
過去のWindowsであれば、「金を掛けてWindowsをメジャーバージョンアップしたら、各種手順もガッツリ変わる」ということで、手順書等を保守する企業にとっても、ある程度、手順書を変更するための覚悟や予算割り当てみたいなのはあったと思うのですが、無料のマイナーアップデートで簡単にUIを変えられてしまうとなると、手順書等の保守担当者にとってはツラいんじゃないかなと思います。

ちなみに、新しい手順は、設定の検索欄に「タスクバー」と入れてタスクバーの設定画面を出してやるか、タスクバーを右クリックして出てくる「タスク バーの設定」から行うことになります。

win10tbsicon0m_A1.jpg

win10tbsicon0m_B1.jpg

INASOFTで公開しているソフトウェアにも、タスクバーに常駐するタイプのソフトウェアがいくつか存在していますが、通知領域にアイコンを表示する方法についてはたびたび質問が来るため、このようにして手順を公開しています。

ただ、この手順はWindowsのメジャーバージョンアップのたびに変わることから、ソフトウェア内のヘルプからは排除し、Web上のページにリンクすることで、臨機応変に対応できるようにしていました。

まさか、Windows 10のマイナーアップデートでも臨機応変に対応しなければならない事態になっていたとは…。
ちょっと舐めてました。
ってか、Windows 10のアップデートを「マイナーアップデート」と考えるのは良くないですね。アレは全部、メジャーアップデートと捉えるべきですね。

こちらの手順書も入れ替えておかなければ。

ソフトウェアに同梱したヘルプの差替えだったら、全部のソフトウェアのバージョンアップを行わねばならず、大変な苦労をするところでした。Web版のみにして、同梱ヘルプからはリンクを貼るカタチにしておいて正解でした…。

続きを読む
posted by ayacy at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC