2018年10月09日

Windows 10をアップデートするとユーザーファイルが消えるとかいう恐ろしい話

Windows 10を「October 2018 Update」にアップデートすると、一部の環境で一部のユーザーファイルが消える問題が発生したとかで、戦々恐々としております。


この記事を書いているのは10月7日なのですが、現時点でマイクロソフトは問題を認識し、アップデートの配信を中止したとのこと。
こちらのメイン環境は、先日アップデートを行ってしまったので、ファイルが消えているのかもしれません。

どうやら「マイ ミュージック」や「マイ ビデオ」などのライブラリフォルダに保存していたユーザーファイルが消失し、(ユーザーが独自にバックアップしていなかったならば)ファイルは復元不能という、コンピュータウィルス(や、一部ウイルス対策ソフト)もビックリの大バグです。

こちらの環境でも「マイ ミュージック」は利用していますので、ファイルが消えてしまっているのか…怖いです。
該当環境では、全てのファイルが消えてしまうのか、一部のファイルが消えてしまうのか?

いちおう、複数個のファイルが残っていることは確認できていますが、一部が消えてしまっているのなら、探すのは厄介かも。
バックアップの取得は行っていますが、それを復元して比較して確認するのは面倒くさいですね…。

一昔前、Windowsのバグというと、不安定でフリーズするとかだったけど、最近のWindowsのバグはユーザーのファイルが失われるとかだから、タチが悪い。ちょっと品質の悪さを改善するために、頻繁すぎるアップデートの社内プロセスを見直すべき時に来ているのではないかな?

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年10月03日

任意の「ペイント」のウィンドウを半透明化するソフトとかないかな

先日、とある用事で、2つの「ペイント」(mspaint.exe)を重ねて、一方の絵にトレースするように別の絵を描きたいという事情が生じました。

Windows 2000以降、任意のウィンドウは、OSの機能で半透明化させることができるようになっていることは知っていました(マウスのお供コピペテキスト修飾除去で用いているテクニック)ので、ウィンドウハンドルの指定を他プロセスのものとすることで実現可能だろうなぁと、漠然と考えてはいました。

多分、何らかの方法で「ペイント」(mspaint.exe)のウィンドウハンドルの番号を得る手段さえ作ればよいはず。
Spy++」でウィンドウハンドルの番号を得て、コマンドラインで作成した自作プログラムでウィンドウを半透明にするとか。

ただ、問題はその作業を行うのが自分ではなく、他の人(アプリケーション作成をあまり知らないタイプの人)だということ。
ユーザーフレンドリーなUIを作る必要がありました。
しかしながら、そんなヒマはなく。

ちょっとググったら、簡易半透明化くんというソフトをVectorで見付けました。
対応OSが「Windows NT,2000,XP」と書かれていて、Windows NT( 4.0のことですよね? ) ってOSとして半透明化に対応していたっけ?というのは気になりましたが、まぁそれはいいや。

むしろ、今回適用したい環境はWindows 7なので、そっちの方が気になる。
軽く試してみたら、Windows 7でも問題なく使えたため、使ってみる(その、他の人に使ってもらう)ことにしました。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年09月13日

でっかすぎるダイアログを持つアプリを外部からどうにかできないもんか(DFの設定の話)

ちょっと困ったことがあったので、良い解決方法をお持ちの方がいれば、ということで。
Windows上で気軽にテキストファイルの比較を行うにあたって、「WinMerge」を使ったり「DF」を使ったりすることは結構あるのですが、今日は「DF」の話。

最近のWindowsになってから、どうも、設定ダイアログのサイズが、ずいぶんと縦に伸びたような気がするのです。
昔はそんなことはなかったと思うんですけどね。

df_dekai_2018.jpg

DFのプログラムのバージョンは2007年からずっと変わっていないので、OS側の変化に原因があると思います。
おそらく、デフォルトで採用されているフォントの影響でしょう。

DFは、デフォルトのフォントをダイアログに適用するような動きをしているのだと思います。
そのデフォルトのフォントの高さ(Height)に応じてダイアログの縦サイズを自動的に調整するが、まさかWindows 10の時代になって、採用されるデフォルトのフォントの高さがこんなにでかくなることなんて想定していなかったので、想定し得ない縦サイズのダイアログができてしまったのでしょう。

で、これをどうにかならないか。
PCによっては、画面のサイズを超えてしまい、ダイアログの下部が見えません。

作者にクレームを入れるというのも一つの手かもしれませんが、2007年からずっと更新されていないソフトですし、望み薄な気がします。
ここは、ソフトウェアの力で外部からどうにかできないか?ということに興味が沸いてきました。

何かこう、ダイアログのサイズを強制的に変更し、かつ、見えない部分に視覚的にアクセス可能になるようにするフリーソフトは存在しないものか?
あるいは、ダイアログのサイズがでかすぎたら、自動的にスクロールバーを表示するようなフリーソフトは存在しないものか?

自身でも簡単に何か方法は無いかと、WM_SETFONTを送りつけるとかしてみましたが、フォントは変わってもダイアログのサイズは変わらず。ちょちょいと解決できるような方法は、パッとは見つからず。

何か良い方法はないだろうか…。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC