2019年04月28日

昔、雑誌の裏に「DOSる?」という広告があったのをふと思い出した

昔…といっても1990年代前半だったかと思いますが、当時自宅に置いてあった「I/O」というコンピュータ雑誌の裏側に「DOSる?」というキーワードが載っていたのを、ふと思い出しました。

たしか、「購入時点でMS-DOSフォーマットされているフロッピーディスク」の広告だったかと思います。
当時は、電気屋で売られているフロッピーディスクは、フォーマットされていないことが一般的でした。

DISK-BASICでフォーマットするのか、MS-DOSでフォーマットするのか、人によって使い方はまちまちでしたし。
たしか当時は、輸送中に磁気が壊れてしまうことがあるから、工場出荷時点でフォーマットしていてもあまり意味が無い、という説明もされていたような気もします。

ただ、世の中の人々が一般的にMS-DOSを使う事が多くなったとか(違う使い方をする場合も、フォーマットし直せば良いだけ)、輸送の方法が改善されたとか、色々とあったのでしょう。

特に当時は、ワープロにしても表計算ソフトにしてもゲームにしても、立ち上げてしまうと、終了するまでディスクをフォーマットするためのコマンドを呼び出すことができないことが一般的でした。

なので、何かしらの作業をしていて結果を保存しようとしたとき、保存先のフロッピーディスクが一杯だった場合、大変困ったことになったものです。なにせ、お店に行ってフロッピーディスクを買って来ても、フォーマットしなければ使えない。ソフトを終了しないとフォーマットできない、ソフトを終了すると編集中の作業は失われる。

今だったら、ハードディスクに保存すればよいとか、ネット上のクラウドサービスにアップロードすればよいとか、ワープロソフトやゲームソフトを立ち上げたままでも、SDカードやUSBメモリをフォーマットするソフトウェアへタスク切り替えするとか、いくらでも解決方法があります。

(当時でも、一部のワープロソフトなどから、MS-DOSのコマンドシェル(command.com)を呼び出す機能があったりもしましたので、その方法が使えた場合は、回避できました)

というわけで、お店で買ってきたらいきなり使えるフロッピーディスクの存在は、当時としては非常に便利な物だったのだと思います。

これも平成の終わりと共に、忘れ去られる文化ですね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年04月24日

DAISOの300円マウス。残念ながら品質にバラツキがあった模様

仕事での持ち歩き用に、薄い物を購入したかったため、安いし目的に合致するし、ちょうど良いかなぁ、と。

まぁ、接地面の材質とか、宙に浮かせたときの反応の仕方に難はあるものの、総合評価としては、使える感じでした。

20190310_wmouse3.jpeg20190310_wmouse4.jpeg

なので、小学校に入学したての長女にRaspberry Piをプレゼントするに当たって、このマウスのピンク色の物を渡すことにしました。

20190424_rspi_mouse.jpeg

というわけで、白とピンクの300円マウスが並びました。

20190424_daiso_mouse.jpeg

ところが、全く同じように見える二つの300円マウスなのですが、新しく購入した左の方(ピンク)は、なんだか思い通りの動きをしてくれません。
マウスを動かし始めるときに、ゆっくり動き始めるみたいな、加速するような動きをします。
マウスを止めるときも、すぐに止まらず、減速するような動きをします。

以前に購入した右の方(白)につなぎ替えると、そんな動きはしないので、新しく購入した左の方(ピンク)の固体差というか、固有の問題のようです。
(ホイールの下に、速度調整用のボタンがありますが、これを押しても、加速/減速的な動きはなくなりませんでした)

というわけで、さすがにこんな状態を長女に使わせ続けるわけにはいかないため、とりあえずAmazonで新しいモノを買うことにしました。

20190424_chantoshita_mouse.jpeg

長女のチョイスで。


こちらは、思い通りの動き(動くときはちゃんと動き始め、止まるときはピタッととまる)をしてくれることが確認できまして、一安心です。


posted by ayacy at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2019年04月22日

結局、ぶっ壊れたわけではなかったRaspberry Piの使い道…小学生用パソコンに

3年くらい使っているUSB-HDDを繋げさえしなければ、安定して起動できることの分かったRaspberry Piなのですが、その後、どう活用しようか…色々感が得た結果、ピンクのケースに入れて長女(6歳)のパソコンとして活用することにしました。

rspi3pink1_201904.jpgrspi3pink2_201904.jpg

どうやら、小学校でプログラミングの授業が始まるとかいう話もありますしね。
とりあえず、ScratchMinecraft Piで遊んでいました。

scratch_raspi_201904.png

iPadのScratch Jr.を操作したことはあったため、緑の旗を上に持ってこなければならないことや、緑の旗を押すとスタートすることは、理解していたようです。
ただ、入学したての小学一年生には、確度の概念がないため、「15度回す」の意味はわからなかったっぽい…ですが、まぁそこは直感でどうにかなるでしょう。

scratch2_raspi_201904.png

ちなみに「Scratch」「Scratch 2」では、言語の選択肢として「日本語」の他に「にほんご」があり、すべて平仮名/片仮名で表示してくれるというユーザーフレンドリーさ。まさに、小学生向けにカスタマイズされています。

小学校のプログラミングの授業でScratchが使われるかどうかは分かりません。
簡単なレゴブロックと歯車と、工作用ワンボードコンピュータを組み合わせたロボット工作をさせるという話を聞いたこともあります。

先日、市内のお祭りに来ていた大学院生によるロボット工作講座がそんな感じでした。
Scratchの方は、以前、小学生ユーチューバーがプログラミングをしてみるというような動画がありまして、それのベースとして使われていたと思います。(「コンソ先生」のやつね)

おそらく、小学校側でも手探りでしょう。それを教える塾も手探りでしょう。ユーチューバーも手探り。家庭でも手探り。
が、まぁ、小学生がやるのなら、遠からず、そんな感じのものになるんでしょうね。
僕は29年前に、小学校5年でN88BASICをやっていましたけど…まぁ、今は色々と環境が恵まれていますからね。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC