2018年02月25日

Windows 10の通知領域アイコンのカスタマイズ方法のUIが変わってた

先日、コピペテキスト修飾除去の最新版を公開したわけですが、これに関連して、通知領域アイコンのカスタマイズをする必要が出てきました。

そのため、以前に自分で作成した手順書に基づいてカスタマイズしようかと思ったら…なんだか画面が変わっていて、目的の設定に辿り着けなくなっていました。

itsunomanika_win10ui_change.jpg

以前、「今後、マイクロソフト社が出すWindowsは、Windows 10のまま変わらないから、設定方法は変わらなくなり保守の手間が減る」みたいなことを言っておられた方がいましたけど、Windows 10のマイナーアップデートで時計領域に秒を表示するプログラムが使えなくなる事件のあたりから、その主張が怪しく思えてきていました。

で、マイナーアップデートでガラリと変わる設定画面。
過去のWindowsであれば、「金を掛けてWindowsをメジャーバージョンアップしたら、各種手順もガッツリ変わる」ということで、手順書等を保守する企業にとっても、ある程度、手順書を変更するための覚悟や予算割り当てみたいなのはあったと思うのですが、無料のマイナーアップデートで簡単にUIを変えられてしまうとなると、手順書等の保守担当者にとってはツラいんじゃないかなと思います。

ちなみに、新しい手順は、設定の検索欄に「タスクバー」と入れてタスクバーの設定画面を出してやるか、タスクバーを右クリックして出てくる「タスク バーの設定」から行うことになります。

win10tbsicon0m_A1.jpg

win10tbsicon0m_B1.jpg

INASOFTで公開しているソフトウェアにも、タスクバーに常駐するタイプのソフトウェアがいくつか存在していますが、通知領域にアイコンを表示する方法についてはたびたび質問が来るため、このようにして手順を公開しています。

ただ、この手順はWindowsのメジャーバージョンアップのたびに変わることから、ソフトウェア内のヘルプからは排除し、Web上のページにリンクすることで、臨機応変に対応できるようにしていました。

まさか、Windows 10のマイナーアップデートでも臨機応変に対応しなければならない事態になっていたとは…。
ちょっと舐めてました。
ってか、Windows 10のアップデートを「マイナーアップデート」と考えるのは良くないですね。アレは全部、メジャーアップデートと捉えるべきですね。

こちらの手順書も入れ替えておかなければ。

ソフトウェアに同梱したヘルプの差替えだったら、全部のソフトウェアのバージョンアップを行わねばならず、大変な苦労をするところでした。Web版のみにして、同梱ヘルプからはリンクを貼るカタチにしておいて正解でした…。

続きを読む
posted by ayacy at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年02月22日

プリンタ対策グッズと地震対策グッズ

先日、長男の幼稚園入園用の提出書類を作るために、家族写真をプリントしなければならないことになり、久々にプリンタを動かしました。

そこで改めて気づいたんですが、プリンタが印刷をするときに、パソコンラックがめっちゃ揺れるんですね。
怖いくらいに揺れます。このまま壊れそう。

もし、地震でも来たら、パソコンラックが崩壊するんじゃないか?と思うくらい。
この揺れは、地震対策グッズでどうにかなるんじゃないか?と思いまして、買ってくることにしました。

jishin_taisaku_2.jpgjishin_taisaku_1.jpg

プリンタを乗せる段と、モニタを乗せている段の2カ所に、2種類の地震対策グッズを付けました。
この状態でプリンタを稼働させてみると、全く揺れなくなることが確認できました。

まぁ、最近はプリンタの使用頻度が非常に減ってきているので、地震頻度とどっちが高いか?ってくらいではありますが、一石二鳥だと思えば少しはお得感もあるかなぁ、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2018年02月11日

なんでアースの接続口がこんなにもなさすぎるんだ

先日、UPSを購入して使い始めているのですが、ふと、アースの線を放ったらかしにしていることに気づきました。

他の機器なら、アースの放ったらかしは、あまり気にならないのですが、さすがに雷サージ対応のUPSほどの機器ともなると、ちょっと気になる。


6F8E673E-E1D8-4452-9D85-7D8F12B8318A.jpeg

この他に、パソコンとプリンタのプラグからもアースの線が伸びていますが、放ったらかしでした。
一応、我が家でアースの線が伸びている家電は、パソコン関係品を覗くと、電子レンジ、洗濯機、トイレです。

電子レンジと洗濯機は、近くにアース接続する穴があるので、接続しています。

トイレにはアース接続する穴はありませんが、水場ですし、何かあったらシャレになりません。我が家を建てた工務店さんが、ビリビリガードを付けてくれているので、そこに接続しています。

なので、問題は、パソコンと周辺機器。
パソコンと周辺機器が置かれている二階には、アースをつなぐ穴が一つもありません。
パソコンなど、アース線が伸びている機器のマニュアルでは、アースは絶対に接続するよう書かれています。安全面を考えれば、そりゃそうです。

そりゃそうなんですが、日本の家屋のコンセントには、どうしてここまで、アースをつなぐ穴がないのか。
マニュアルに書かれた真剣さをあざ笑うかのような、日本の家屋のコンセント周りの状況。
なんか、この、両者の板挟みになっている感は、なんなんだろう。

対策の一つは、トイレと同じように、ビリビリガードを使うことでしょうかね。お金はかかるけど。安全面を考えれば、仕方ない。
注意追記】ビリビリガードはアースの代わりにはならないと、製品のWebサイト等に書かれていますので、この対策は誤りです。質問掲示板とかでは、けっこうウソが書かれているっぽい。

また、質問投稿サイトを見ると、パソコンラックの金属部分に貼り付けるのでも良いと書いてある。それくらいならできるかな。
注意追記】この対策も誤りです。地面にまで刺さった水道管に貼り付けないとアースにならない。これもまた、質問掲示板とかでは、けっこうウソが書かれているっぽい。

パソコンとプリンタは、パソコンラックの近くに配置しているため、パソコンラックの金属部分に貼り付ければいいだろうか。ビニールテープかなんかで。

UPSについても、サーバラック(実際には普通のラックだけど)の金属部分があるので、そこに貼り付ければ良いかな。
ちょっと長さが足りない分は、導線を買ってくるか、アルミホイルで繋いでみるか。

アース関連のトラブルって経験したことがないからよく分からないけど、これで良いのかなぁ。
注意追記】というわけでダメだそうです。ご指摘下さった方、ありがとうございました。

posted by ayacy at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC