2020年10月26日

ラズパイに付けているHDDが壊れてしまったっぽい。久々にfsckが活躍しそう

先日、Raspberry PiにUSB接続しているHDD(3TB)から、1つのファイルが読めなくなっていることに気づきました。

その後、ちょっと調べてみると、他にも3つのファイルが読めないことが判明。
fsckコマンドを実行してみると、

202010_akanmodame.png

421のブロックがリードエラーを起こしていました。
幸いなことに、ファイルは全てのバックアップを取得しているので、失われたデータはありません。
バックアップを取得していなかったら、発狂していたかも。

とはいえ、1時間かけてちょうど1%のチェックが終わるスピードです。
このまま100%になるには、100時間かかることになり、その間、使えなくなってしまうのも問題。
ひとまずfcsckは停止し、新しいHDDを買ってくることにしようかな、と。

古いHDDは、あとでじっくり時間をかけて、fsck (badblocks) して、使える部分だけでも使えるようにして、一時的なデータ置き場にしておこうかな、と。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2020年10月01日

「バリスタ」が守ってくれる生活。あ、どっちのバリスタ? 雷サージとマクドナルドと。

夏から秋にかけて、大雨と共に雷がやってきます。
雷(雷サージ)が電源系や通信系から入ってくれば、PCなどの精密機器は、壊れてしまいます。

幸いにも、自分の家でそういったトラブルが発生したことはありませんが、それは単に運が良いだけのこと。
昨今の異常気象で雷の頻度が上がれば、雷サージがPCなどの精密機器を壊してしまう確率も上がるというもの。

対策をせねば!

我が家のインターネット回線は、CATVのものであり、テレビ・電話・インターネットが共用しています。
どうやらCATVの回線の入り口には「保安器」というものが取り付けられており、いちおう雷サージで宅内の機器が壊れてしまう可能性は低減されているとのこと。というわけで、いったんそっちの対策のことは置いておいて、電源系を心配せねば。

モデム、ルータ、常時起動のRaspberry Piについては、UPSがつながっており、UPSが雷サージ対策を同時に行ってくれているため、こちらは特に気にしない。

メインPC、サブPC、各モニタ、スピーカー、HUB、常時起動していないRaspberry PiとHDD群、会社から借用しているノートPCについては、そこに繋がっている電源タップを、雷サージ対策製品の差し替え。

などなど。

これで、雷サージの被害が発生する可能性は下げることができたかな、と。

202010_varista.jpg

ところで、こういった製品には「バリスタ」というものが使われているとのこと。
バリスタというと、コンビニとかマクドナルドとかでコーヒーをもらう様子を想像してしまいます。

もしかして、同じ言葉?

そんなわけはなくて、後者のバリスタは、イタリア語でバール(酒場)で働く専門家という意味の「barista」のことだそうです。
それに対して、雷サージ対策製品としてのバリスタは、強力な電気が流れてきたときに、抵抗値が下がってそちらに電気を流し、接続されている機器を保護するということで、可変抵抗を意味するVariable Resistorバリアブルレジスタの略で「バリスタ」なんだそうです。

というわけで、雷サージ対策製品のために「バリスタ」を発音するとき、「」のところでは、下唇を噛んでやらないといけないわけですね。


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC

2020年08月23日

家庭用でNASとして利用していたLinkStation(4TB)が壊れかけ/容量も不足、どうにかせねば

家庭用のNAS(PCデータバックアップ兼写真データバックアップ)として利用していたLinkStation(4TBを2TB×2のRAID1として使っていたもの)が、壊れかけであるというInformationを出し始めました。

エラーのコードは「I12」。デグレードモード(片系運転中)です。

RAID1は、2台のHDDに全く同じ内容を書き込む「ミラー」方式ですが、そのうち1台が壊れたため、「もう一台が壊れたら内容は完全に失われますよ」という状態。つまり、壊れかけです。

ここで気を付けなければならないのは、「もう1台あるなら大丈夫だろう」と考えるのではダメということ。RAID1用としてNASに突っ込まれている2台のHDDは、同一型番であり、ほぼ同時期に作られています。ということは、お亡くなりになる時期もほぼ同時期だろうと推定されることになります。

ちなみに購入したのは8年前です。早急にどうにかせねば!

ちなみに、8年前は、「会社の借り上げ社宅に住んでいた時代」であり、「新居に家を建てていない」状態だし、「子供が生まれていない」頃でした。今の財政状況と比べると………、当時は非常に恵まれていたので、NAS(LinkStation)をガンガン購入しても大丈夫でしたけど………、今はとてもじゃないけど耐えられない。

同じような2TB×2のNASを購入しようとすると、2.5〜4万円程度の出費は覚悟しなければなりません。
というか、片系運転中のLinkStationの使用容量を調べてみたら、91%に達していました。子供が生まれてから、子供の写真をガンガン入れていますからね。同じ2TB×2のNASを買っても、すぐに容量不足という問題に直面します。

なので、新しくNASを買うなら、3TB×2とか4TB×2にしたいところです。そうなると、出費額は……。
(常用兼バックアップとしては、Google フォトに写真をアップロードしていますが、写真を劣化させられちゃいますし、なんらかの誤判定で写真を消されたり、アカウントを誤BANされたりする可能性もありますから、そもそも信用していません。とりあえず手元に多重でバックアップを置いておきたい)


あ、待てよ。
そもそも、既製品のNASを買う必要ってあるんだろうか。
バルクのHDDを2つ買ってきて、rsyncで同期取っておけばよくない?
っていうか、つい先日、トースター型のドッキングステーション(S-ATA⇔USB)をRaspberry Piに繋いでNASにするって話を書いたばかりなわけで、このRaspberry Piにもう1台のトースターを繋げばよいだけではないか?

それならば、9000円くらいの3TB HDDを2つ購入し、例のトースターをもう一つ(3000円くらい)購入したら、ちょっとは安くNASモドキが組み立てられるんじゃないだろうか。

ちょっとこれで作戦を練ることにします。

続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC