2015年10月10日

Nintendo3DSとHG100R-02JG(J:COMモデム)の相性が悪い場合の解決方法

8月30日のブログで、「ドラクエ8のダウンロードが遅すぎて…Nintendo3DSとHG100R-02JG(J:COMモデム)の相性は!?」という記事を書きました。

その時には、Nintendo3DSとHG100R-02JGの間の相性問題は解決することができず、HG100R-02JGの無線LAN機能を無効にし、以前使っていた無線LANルータを連れてきて繋ぐことにより、強引に解決を図りました。

ですが先日、その「以前使っていたルータ」が、1時間に3回くらいの頻度で強制再起動を繰り返していることがわかりまして、対応を迫られておりました。
新しいルータを買いたいが、予算的に厳しい。なんとかして、Nintendo3DSとHG100R-02JG(J:COMモデム)の相性問題が解決してくれないものか…とネットで調べていたら、以前調べたときと異なり、解決法が出てきました。

その方法とは…HG100R-02JGにWebブラウザで繋ぎ、

 詳細設定>ワイヤレス>無線>2.4GHz>チャンネルをAutoから任意の数字に変更

すること。

wireskai.png

これをやったら、アッサリと解決しました。

ちなみに、無線LANルータと、Nintendoの各種ハードの相性について、任天堂ではかなり把握しており、任天堂のサポートにルータの名称を伝えると、相性問題の解決方法を教えてくれるらしいです。

同じ問題を抱えている方は、是非お試しあれ。



ちなみに、HG100R-02JGは、これとは別に、リモートデスクトップ(MSのやつ)が通らないという別の謎現象を抱えており、そちらはこれから本格的に解決しなければならない課題になりました。


posted by ayacy at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2015年06月08日

ネットの情報に踊らされそうになったこと

この土日は、ほとんど睡眠時間になっておりました。
活動的なことはほとんどできず。まぁ、先週平日の睡眠時間が大変なことになっていたので、そういう土日が会っても良いかもしれないですけどね。
今週の平日の睡眠時間も大変なことになるかもしれない…。


さて、本題。
日曜日に、ふとサザエさんを観ていたときに、ふと、ネット上で得られたこんな情報を思い出しました。

サザエさんじゃんけん必勝法…エンディングテーマのアニメーションの最後に入る家の煙突の煙が
  • 輪っか→グー
  • ニョロニョロ状→チョキ
  • 無し→パー
というもの。

へぇ、そうなんだと思いながらも、その直後に忘れてしまい、でも、なんかそんなネタがあったなぁと、しばらくエンディングテーマのアニメーションを注目してみていたのですが、輪っか以外になったことが一度もありません。

ググってみると、これ、完全にウソのネタらしいですね。思いっきりダマされるところでした。

【参考サイト】


続きを読む
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2015年05月26日

Twitterできるくらいならメールの返事を返せよ…の闇

先日、Twitter上で見た話として、「Twitterできるくらいならメールの返事を返せよとは言っても、ただ気の向くままにつぶやけるTwitterと、中断した相手の空気を読まなければならず、挨拶文から始めないといけないメールとでは、ハードルの高さは大違いだ」という話を見ましてね。

たぶん昔は「メールするくらいなら電話してこいよ」という発言があったような気がしたなぁと思い出しました。
リアルタイムで即返答を思いつかないといけない電話と、じっくり考えながら文章を考え、非リアルタイムで長思考しながら返せるメールとでは大違いってことですけどね。

以前はハードルが低いと思っていたものについて、別の気軽なメディアが発達したおかげで、最近ハードルが高く感じられるようになったものは、いくつもあるでしょうね。

以前は、ブログへの返信や感想はコメント欄に書きこんでいたものですが、最近ではブログへの返信や感想はコメント欄には書かず、ブログのURLを引用してTwitter上で感想を述べることが多く見受けられるようになったと思います。

多分、書き込みの気軽さとしては、ブログへのコメントは敷居が高いのでしょう。
ブログへコメントした場合、そのコメントに対し、ブログ主からさらなる返答や、もしかしたら反論が寄せられるかもしれず、言葉の応酬をするほどの気力はないというのがあるかもしれません。

あるいは、そこまで言葉の応酬をするほどの盛り上がりは期待しておらず、それゆえ気軽に「ただ呟いているだけ」なのがTwitterでの呟きなんだ、と。

もしかすると、自分のコメント(感想・反論)にブログ主は気づくことなく、心地よい世界内(自分のフォロワーだけの世界)で、自分に共感してくれる人だけに伝わり、閉じて会話が終了してくれることを暗に期待しているのかもしれません。

ブログ主にとってみれば、もしその感想・反論が誤解に基づくものならば、それを訂正することができず、誤情報がフォロワーへ伝播してしまうことになるから、これは怖いことなんですけどね。

最近、そんな感じで、(悪意ではないけれど)明らかに間違った情報(感想)を、ブログのURLを引用する形で呟いている人を見かけてしまい、それがフォロワーへ伝播する様を見て、なんとかして誤情報を訂正する機会をきちんと持たないといけないなと、思ったことがありまして。

しかもタチの悪いことに、そうした人の何割かは、ブログのタイトルだけを見て、あるいはその事象の過去の想像だけから感想を述べていて、ブログの中身は見ていなかったりしますからね。

ブログ主がいくら、ブログの中身で正しい情報を伝えようとしても、そうした人には全く効果がない。

昨今の「タイトルだけを見て内容と過去の記憶だけで内容を判断した気になる文化」「ブログのURLを引用して独自の誤感想・誤反論をつぶやいて誤情報を伝播する文化/それをブログ主が感知できない文化」が、インターネットの状況を悪い方向に導いちゃっているなという気がしています。
posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット