2018年10月05日

少し前に「リーマン予想を証明したと発表」って話が話題になったけど

少し前に、Twitter上で、エライ数学者さんが「リーマン予想を証明したと発表」したと話題になっていました。
そのまま、素数の秘密が解かれたからインターネットの暗号化の仕掛けが危ういとかなんとかとか、色々とざわついていました。

いちおう、私は大学では数学科を出ているので、この手の話題は注意深く見させてもらっています。

リーマン予想は素数の分布と関連する、数学におけるある未証明の予想であるわけですが、まだその発表された証明が正しいことが分かったわけではなく、発表された段階なので、慌てるのはまだ早いです。

その証明が正しいかどうかの検証に、通常は数年程度の期間を要します。
そのエライ数学者さんはこれまでも様々な証明を行い、かなり実績のある人物とのことですが、それと同じくらい雑な証明を提出していて却下されているとのこと。今回のリーマン予想の証明に当たる部分もだいぶ雑だそうなので、これで証明が完成したというには、だいぶ早いかな、と。

ただ、2000年代前半にロシアの数学者がポアンカレ予想の証明をした際も、当初は誰も理解できない難解すぎる証明が行われていたものの、数年かけて多くの数学者が検証し、雑な部分は保管され、最終的に正しいこと分かったということもありましたので、落胆するのもまだ早いです。

そういえば、1995年にフェルマーの定理(フェルマー・ワイルズの定理)が証明された際も、証明の検証にかなりの期間を要し、その過程で致命的な問題が発見されつつも、後に複数人でその問題を克服して、正しい証明に至ったってのもありましたし。

で、インターネットの暗号化の仕掛けが云々については、まだまだそんなことはないと思います。
なにせ百年以上前に「予想」されていたものなのですから、悪用したい人がいるならば、とっくに悪用されているはずです。
素数の分布が分かっても、暗号化のキーとなる巨大素数を直ちに求める方法が見つかっているわけではないので。

もしインターネットの暗号化の仕掛けに綻びが生じるとするなら、こういうことでしょう。

  • 証明により編み出された手法等から素数の分布の理解が向上する。
  • 暗号化のキーとなる素数のペアを探す際、候補を絞りやすくなる(高速に素数を探索できるようになる)。その方法が新たに発見される。

今のところ素数の分布の理解が向上するところまでは進んでいませんし、候補を絞りやすくなって目的の素数を高速に探索する方法が見つかっているわけでもありません。
現代の暗号化の仕掛けが破綻するのは、もう数ステップ先の話だと思っています。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2018年10月02日

ジオシティーズが終了とのことで

2000年代前半の、HTMLをガリガリ書いていた頃の、「個人ホームページ」運営の柱のうちの一つでしたかね。

少し前にも、大きなWebサービスの終了があったような気がします。
当ブログが一時期籍を置いていたはてなダイアリーも終了というニュースが、ほぼ一ヶ月前に聞かれたばかりでした。

はてなダイアリーの方は、終了しても参照可能とする方針を継続する予定とのことで、他のサービス終了とはちょっと異なりますが、寂しいといえば寂しいし、運営企業にとって資金を垂れ流す「お荷物」となってしまったサービスの終了というのは、必要といえば必要でしょう。

ちなみにジオシティーズについては、私が大学在学中に、友人がジオシティーズにホームページを持っていたため、その縁でミラーサイトを置かせて貰っていたことがありました。たぶん、1年間くらいだったと思います。大変お世話になりました。


さて。
当サイトも、この「管理人のひとこと」について、現在ブログとして運用している者を、半年後にスリム化した運用方法に変えようか検討しています。もっと技術寄りな話に限定して運用するような感じの。

が、こういうニュースでいちいち感傷に浸るようでは、ダメですね。
どうしようか…引き続き検討です。

posted by ayacy at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット

2018年08月24日

今のネット社会を、個人のフィルタやブロックだけで解決できる問題はほんの一握りな気がする


という記事を読んだ。確かに、「社会人の常識」にしても「マナー」にしても、言っている本人の半径5mでしか通用しないだろ!みたいなことは、けっこうある。

謎のマナーを押しつけてくる人。
自分も以前、くらったことがある。
例えば、Twitterでリツイートしたら「私は鬱病なのでリツイートしないで下さい」といきなりメンション投げてきた人がいた。
それなら鍵アカするなりブロックするなりしてくれよ、と。こういう問題には、フィルタは解決に向く。

SNSを個人あるいは狭い集団のコミュニケーションツールだと思って使っている人はいるそうで、仲間内で楽しむために、コンビニの冷蔵庫の中に入って写真を撮ってTwitterにアップして拡散、炎上なんて話も聞くし。

本人達にとっては「俺たち身内の話をわざわざ取り上げて炎上させてる奴ら気持ち悪い」とか思っていたみたいだけど、実際にその発信は世界中に対して行っているわけで、Twitterというツールの使い方を完全に勘違いしているとしか思えない。

本人達は、本人達内部でしか通用しない「独自マナー」(冷蔵庫に入るのがマナーとは思えないけど)で活動していたんだろうけど、そんなのは通用しないので、爆発・炎上する。


ちょっと話が脱線したので元に戻すが、「フィルタリングは各自でやるべし」は、一つの解決策ではあるんだが、それでも対策できるのはほんの一部でしかないだろう。

放置しておくと悪意をバラまく存在、誤解がどんどん広がっていく存在も、SNSによる害悪の一種として存在している。
こちらは、不快だと思ってこっちがフィルタしただけでは、被害はどんどん広まるだけになってしまう。

2015年に発生した「自らの正義が暴走して、虚偽をバラまく」タイプの人がいた。連続誤検知問題に関する誤った解釈をバラまいていたわけだが、これは、こちらがブロックしたところで虚偽はバラまき続けられてしまうわけで、個人によるフィルタは意味を成さない。

思い返してみれば、2012年の連続誤検知発生の時にも「そんなに不快なら、あなたがウイルスバスターを使うのをやめればよいのではないか?」という意見を言われたことがあった。

ソフトの使用を止めるのも、フィルタの一種だとは思うが、作者がウイルスバスターを(仮に使っていたとして)、使用を止めたら、全世界で発生している連続誤検知は止むのだろうか?

止むわけがない。


posted by ayacy at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット